新車 商談 注意点

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


新車の商談での注意点。注文書は念入りにチェックを。おいしい話は裏を探れ

 

新車を購入するときは、誰でもお得に購入したいと思いますよね。

 

お得に購入するには、商談で上手に交渉することが大切ですが、このとき注意しなくてはいけない点もあります。

 

そのような商談時の注意点についてお話ししますね。

 

 

営業マンからおいしい話をされたときは、裏を探ろう

新車の商談は、営業マンとの駆け引きです。

 

新車をお得に購入するということは、営業マン(やディーラー)にとっては“損失”になります。

 

そのため、営業マンからおいしい話が出てきたら、裏を探ってみましょう。

 

必ずなんらかの裏がありますので、その裏を知り、総合して考えて損得勘定を判断してくださいね。

 

 

注文書は細部までしっかり確認を

営業マンと商談をするときは、必ず注文書(見積書)を出してもらいます。

 

この注文書は、隅々までチェックをしてください。

 

営業マンが「○○円値引きします」といった、その値引きがどこから出ているか注意して見てください。

 

上でも書きましたが、値引きは、ディーラーにとって“損失”なので、できる限り自分たち(営業マンやディーラー)が損をしない部分から値引きをしてくることがあるからです。

 

その結果、購入者が額面以下の得しかしないことになるんです。

 

なので、見積書や注文書は、細かくチェックしてください。

 

 

展示車を購入するときは、傷や汚れを必ず確認しよう

展示車は、普通に新車を購入するよりも、お得な価格(通常より大きな値引き)で購入することが可能です。

 

ですが、実は、展示車は予想以上に傷や汚れが多いので注意です。

 

 

大昔は、仕入れの段階でどの車が展示車だったか把握できなかったので、実際に納車されて初めて展示車だったということがありました。

 

けれど、最近は、お客に無断で展示車を納品するとトラブルになるため、あらかじめ展示車と説明する場合が多くなりました。(それでも、展示車と言わずに納品するディーラーもありますが…)

 

 

展示車は、大幅値引きなど好条件を出してもらえることが多いので、額面的にはとても魅力的な車です。

 

けれど、一方では、傷や汚れが想定以上に多いので注意が必要な車なんです。

 

なので、展示車を購入するときは、展示から引き上げる前にしっかりと状態を確認してください。

 

中古車を買うくらいの勢いで傷や汚れをチェックしてくださいね。

 

 

モデルチェンジ前とモデルチェンジ後(新型車)を並行して商談しよう

 

モデルチェンジ前(旧型車)の在庫車は、初回の見積もり段階で大幅な値引きをしてくれるので、とてもお得に感じます。

 

けれど、これは注意です。

 

改良前在庫車は初回提示値引き額も大きいので買い得感が高いように見える。しかし、すでに在庫車個々できちんと利益を上げなければならない状況なので、値引き額が厳格に決められている場合がほとんど。となると、商談をしても本体値引きの拡大余力はほどんどない。

(引用元:ザ・マイカー)

 

そうなると、この後は、付属品値引きや無料オプション、下取り査定額のアップが交渉のメインになります。

 

付属品値引きや下取り査定額のアップは、新型車でも同様に交渉でき、結果として、旧型車と新型車の値引きなどのサービスが近い状態になるということがあるんです。

 

なので、新型車と旧型車の両方を検討している人は、両方を並行して商談を行い、最終的に損得勘定で買う方を選ぶといいですよ。

 

 

新車購入時の商談は、営業マンとの駆け引きです。

 

お得に購入するためには、営業マンの話術に惑わされないようにしてください。そして、お得に新車を購入してくださいね。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事