チャイルドシート 設置場所 助手席

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

チャイルドシートの設置場所は決まっている?助手席でもいいの?

 

チャイルドシートの設置は、万が一事故をしたときに、赤ちゃんや子供を守るためには大切です。

 

設置場所は、後席に置くのが一般的ですが、助手席においてもいいという意見もあります。

 

とくに、母としては、赤ちゃんに目が届く助手席に置きたいという人も多いのでは。

 

では、チャイルドシートは、助手席に置いても問題ないのでしょうか?危険はないのでしょうか?

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

・入力項目が少ない

・たった45秒で申し込みができて簡単

・すぐに概算の最高額も分かる

・提携買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心

 

の車買取一括査定で、高額査定を引き出してください。

かんたん車査定ガイド

助手席チャイルドシートは、エアバックが何よりも危険

チャイルドシートの設置は、道路交通法で義務付けられていますが、設置場所は決められていません。

 

なんとなく、暗黙の了解で「後席に設置するもの」という感じですよね。

 

※なんと、チャイルドシートを使っていない人は40%もいる

チャイルドシートの取り付けなど調査結果|説明書通りに設置できている人は半数以下

 

 

では、実際のところ、助手席に置いてはいけないのでしょうか?

 

それについて、チャイルドシートの大手メーカー「コンビ」の広報部はこう説明しています。

 

「クルマのシート位置は運転席の後ろが最も安全で次に助手席の後ろ。助手席チャイルドシートはフロントガラスに近いこととドライバーの注意力が散漫になりやすいこともあり、後席への設置を推奨しています。何よりも危険なのはエアバッグで、助手席エアバッグがオフにできない場合は、必ず後席に設置していただくようお願いしています

(引用元:ベストカー)

 

設置位置が安全かどうかというよりも、エアバッグの威力が問題になるようですね。

 

確かに、エアバッグが破裂する時の威力はかなりなもので、小さな子供の顔や体に当ったら命にかかわることもあるです。

 

 

助手席エアバッグをオフにできれば、助手席にチャイルドシートを置いてもいい?

では、助手席のエアバッグの動作をオフに出来た場合はどうなのでしょうか?

 

これに関して、スウェーデンのボルボは、このような見解を示しています。

 

「助手席エアバッグをオフにするという前提ですと、チャイルドシートはどこに置いても安全性は同じです。助手席に置くことも問題ありません。前後席ともに体重13kg以下は後ろ向き、それより大きな子どもの場合は前向きでもいいですが、基本的には後ろ向きでの使用を推奨しています」(ボルボジャパン広報部)

 

安全性に徹底的にこわだるボルボは実際に起きた事故の膨大なデータを持っており、また、衝突安全テストも熱心。そこから導きだされた結論というのは信頼できますね。

(引用元:ベストカー)

 

このように、助手席エアバッグをオフに出来れば、助手席に置いても問題はなさそうなんです。

 

ただ、国産車では、助手席のエアバッグを解除するスイッチがある車は、現行車では一台もありません。(なので、過去の車もないでしょう)

 

そのため、日本車にチャイルドシートを設置する場合は、後席の方がいいというわけなんです。

 

子供の安全を守るために、チャイルドシートは後席に設置してくださいね。

 

 

ちなみに、欧州車には、ほどんどの車に助手席エアバッグをオフにするスイッチがあるんですよ。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事