オープンカー 言い方 呼び方

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


オープンカーの言い方。なぜスパイダーやロードスターなど呼び方があるの?

 

近年、国産オープンカーに勢いがあります。

 

・2015年6月に発売が予定されている新型マツダ・ロードスター

・4月2日に正式発売されたホンダ・S660

・2014年11月に新型のコペンXPALY(エクスプレイ)が発売されたダイハツ・コペン

 

など、話題も豊富です。

 

※新型ロードスター情報はこちらを参考にどうぞ

新型ロードスターは歴代と比較して運転する楽しさは進化したか?

 

※また、2014年11月に発売されたコペンXPALY(エクスプレイ)に関しては、こちらのサイトを参考にどうぞ

コペンローブとXPLAYは何が違う?価格やスペックは全て同じ…

 

 

そんなオープンカーですが、実は、色々な呼び方があるのをご存知ですか?

 

どのような呼び方があるのか、紹介しますね。

 

 

オープンカーには色々な呼び方がある

今、日本で熱いオープンカー。

 

マツダ・ロードスターが正式に発売されれば、さらにオープンカーへの注目が集まりそうですね。

 

そんなオープンカーには、色々な呼び名があります。

 

一つずつ紹介していきますね。(ただし、昔ほど定義が厳密ではないので、その点はご了承くださいね)

 

 

≪ロードスター≫

ロードスターという名前は、基本的にスポーツタイプの2シーターオープンに使われます。

 

けれど、MINIロードスターのようにスポーツタイプではない例外もあります(2シーターは守っていますが)。

 

日本でロードスターといえば、マツダ・ロードスターが超有名ですね。

 

 

≪カブリオレ≫

カブリオレという言葉はフランス語ですが、ドイツ車が好んで使う呼び方です。

 

由来は“馬車”から来ています。

 

最近は、カブリオを使うことも多くなり、世界的にカブリオレが使われるようになりました。

 

 

≪コンバーチブル≫

コンバーチブルは、アメリカ車やイギリス車が好んで使う呼び方です。

 

2シーターでも4シーターでも、何でもありの呼び方です。

 

日本車は、アメリカ車の影響を大きく受けていたため、かつては日本でも好んで使われました。

 

ちなみに、コンバーチブルは英語です。

 

 

≪スパイダー≫

スパイダーという名前は、スポーツカータイプで使われることがほとんどで、ルーフのない低いフォルムがクモを連想させることからつけられました。

 

スパイダーという言葉は英語ですが、イタリア車が積極的に使っています。

 

 

≪フェートン≫

今ではあまり使われなくなったのが、フェートンです。

 

元々は4ドア4シーターのオープンカーに使われることがほとんどでしたが、今では色々な車に使われるようになりました。

 

 

≪ドロップヘッドクーペ≫

ドロップヘッドクーペは、イギリス流の呼び方です。

 

ロールスロイスは、今でも伝統的にドロップヘッドクーペを使用しています。

 

 

≪バルケッタ≫

バルケッタは、イタリア語で小舟という意味です。

 

そのため、オープンスポーツカーの総称として使われています。

 

イタリアは、ボディ形状やボディタイプがそのまま車名になることが多く、小さなオープンカーという意味をそのまま車名にしたのがバルケッタです。

 

 

≪ヴォランテ≫

ヴォランテは、イタリア語でステアリングという意味です。

 

けれど、アストンマーチンの場合は、オープンカーを意味しているんですよ。

 

 

オープンカーには、このように様々な呼び方あります。

 

それぞれ、ルーツや伝統があるんですね。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事