新型CR-Z MT 電子制御パーキングブレーキ

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


新型CR-Zは、なぜMT車も電子制御パーキングブレーキを採用した?

 

2015年10月19日にマイナーチェンジが行われたホンダ・CR-Z(発表は2015年8月27日)。

 

走行安定性やスポーティ感が高められたり、外観がかっこよくなったりと大きく進化しました。

 

※CR-Zのマイナーチェンジの内容は、こちらを参考にしてください

マイナーチェンジで新型CR-Zに!安定性と走りに磨きがかかった

 

 

そして、マイナーチェンジの内容の一つとして、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)が、手で引くレバー式から、指先で引き上げる電子制御式に進化したんです。(ヴェゼルと同様に、解除だけアクセルと連動しています)

 

ですが、この電子制御式パーキングブレーキは、MT車まで導入されたんです。

 

MT車は、坂道発進などでパーキングブレーキを引き、クラッチをミートさせて発進が始まったらパーキングブレーキを解除します。

 

この辺りの違和感は大丈夫なのでしょうか?

 

新型CR-Zは、なぜMT車も電子制御パーキングブレーキを採用したの?』についてお話ししますね。

 

 

電子制御パーキングブレーキの採用は、アームレストが関係している

MT車に乗っている人は、坂道発進やサイドブレーキを引いてターンなどパーキングブレーキ(サイドブレーキ)に思い入れある人も多いです。

 

CR-Zは、ハイブリッドカーで唯一、MT車を用意している車種です。

 

そんな、CR-Zは、マイナーチェンジで電子制御パーキングブレーキが採用されたんです。

 

そして、電子制御パーキングブレーキが採用された理由には、アームレストが大きく関係しているんです。

 

☎直近のMCで電子制御パーキングブレーキが導入されたじゃないですか?なぜ、MT車まで電子制御パーキングブレーキなんですか?

 

☎実は、これにはアームレストが関係しているんです。

 

☎ほほう。そういえば、以前のCR-Zってアームレストなかったですよね?

 

☎はい。もともとCR-Zの開発責任者の鵜飼輝一は、「スポーツカーにアームレストはいらない派」だったのですが、発売後、アームレストのニーズの多さに驚き、1回目のMCでもアームレスト設置を検討していたんです。

 

☎そうだったんですか!!

 

☎当時は、サイドブレーキのレバーがあると、ちょうどいい位置にアームレストを設置できず、採用を見送りましたが、用品のアームレストは予定以上の売れゆきでした。

 

☎ははあ。だからアームレスト+電子制御パーキングブレーキを装備したんですね?

 

☎ええ。今回はアームレストへのお客様のニーズに応えたい思いと電子制御パーキングブレーキ技術がマッチした結果、この形となり、MT車にも同様の対応をしました。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このような理由から、新型CR-Zは、MT車にも電子制御パーキングブレーキを採用したんです。

 

ただMT車に慣れ親しんでいる人にとって、「坂道発進などのときに、違和感があるのでは?」と感じると思います。

 

ですが、これも心配ないんです。

 

 

CR-Zは、坂道発進で後退を防いでくれる「ヒルスタートアシスト」が採用されていて、1秒間ブレーキを保持してくれますが、さらに、電子制御パーキングブレーキの解除がアクセルと連動しているんです。

 

CR-Zの電子制御パーキングブレーキは、解除までの制限時間がなく、スムーズに坂道発進ができるようになっているんです。

 

☎MT車で電子制御パーキングブレーキが作動している場合、ギアを1速に入れ、クラッチをミートさせ、そして前進が始まると電子制御パーキングブレーキが、自動的に解除されるんです。

(引用元:ベストカー)

 

つまり、ヒルスタートアシストは1秒しかブレーキを保持してくれませんが、電子制御パーキングブレーキは車は発進するまでブレーキを保持してくれるんです。

 

これならMT車に慣れている人も、MT車の初心者の人も、すべての人が安心できますね。

 

 

このような理由から、新型CR-Zは、電子制御パーキングブレーキが採用されたんです。

 

サイドブレーキを引いてターンはできなくなってしまいますが、これも車の進化の一つの形なのでしょうね。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事