高速道路 逆走 対処

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

高速道路で逆走が起こる原因は?逆走したらどうやって対処すればいい?

 

本来の方向とは反対に走行し事故を起こしてしまう“逆走事故”。特に、高速道路での逆走事故が問題になっています。

 

先日は、高速道路で逆走してきた車と事故をしてしまった場合の、あなたの過失について話をしました。

 

まだお読みでない方は、こちらからどうぞ

高速道路で逆走してきた車と事故した場合、過失割合はどうなる?

 

ですが、なぜ高速道路での逆走は起こってしまうのでしょうか?

 

そのメカニズムについて、今回はお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

・入力項目が少ない

・たった45秒で申し込みができて簡単

・すぐに概算の最高額も分かる

・提携買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心

 

の車買取一括査定で、高額査定を引き出してください。

かんたん車査定ガイド

高速道路で逆走が起こってしまうメカニズム

高速道路の逆走は、ほとんどがインターチェンジやサービスエリアで起こっています。

 

 

高速道路の料金所を通過すると、高速道路の入口と出口の分岐点がありますね。

 

この分岐で誤って出口側に入ってしまうと、逆走が起こってしまいます。

 

これは、サービスエリア(SA)&パーキングエリア(PA)でも同じことが起こり、SAなどからでるときに誤って入り口側から出てしまって逆走してしまう場合もあります。

 

また、SAなどの出口からでても、普通の道路と勘違いして右折(進行方向と逆)に出てしまい、逆走となってしまうこともあります。

 

 

さらに、行き先を間違えたり、目的の出口を通り過ぎてしまったりした時も、以下のような判断ミスから逆走が起こる場合もあります。

 

・高速道路に乗るときに、行き先と反対に乗ってしまったため、本線の合流部分でUターン→逆走

・目的の出口と違うところで降りてしまったので、本線に戻ろうとしてUターン→逆走

・目的の出口を通過してしまったので、本線でUターン→逆走

・目的の出口を通過してしまったので、(本線への入り口の)合流部でUターン→逆走

 

どれも、目的地を通り過ぎてしまったり、間違った方へ行ってしまったときに「Uターンすれば間違いを取り戻せるんじゃないか」という短絡的な考えから逆走が始まっているんです。

 

「逆走=認知症のお年寄りが起こすもの」と思っている人もいますが、焦ったことで判断が鈍ってしまった健常者も、逆走を起こしてしまう可能性があるということを覚えておいてくださいね。

 

 

目的の出口を通り過ぎてしまったら

では、もし目的の出口を通り過ぎてしまったり、入るつもりはなかったのに高速道路に入ってしまったりしたらどうすればいいのでしょうか?

 

 

まず、入るつもりじゃなかったのに、間違って高速道路に入ってしまったら、

高速道路の料金所に間違えて流入された場合は、入口料金所の通行券受け取り口にあるインターホンにて料金所スタッフにお申し出ください。料金所スタッフの誘導に従いお戻りいただくことができます。

(引用元:NEXCO中日本)

と、通行券を取るところのインターホンで、スタッフに言えばいいんです。

 

慌ててUターンしてしまうと事故の元ですので、注意してくださいね。

 

 

次に、高速道路を下りるときに、目的のところを通り過ぎてしまった場合は、

目的のインターチェンジを行き過ぎてしまった場合は、料金所出口の一般レーンをご利用いただき、あらかじめ料金所スタッフにお申し出ください。料金所スタッフの誘導に従いお戻りいただくことができます。料金精算機をご利用の場合は、「呼出ボタン(レバー)」により)お申し出ください。

(引用元:NEXCO中日本)

を行えばいいんです。(ちょっと分かりにくいですが、次のインターチェンジを降りて、料金を精算する所にいるスタッフに言えばいいんです)

 

焦ってUターンをしなくても、次のインターチェンジまで走行し、料金清算所にいるスタッフに相談すればOKです。そうすれば、別のスタッフが誘導してくれて、安全にUターンさせてくれますよ。

 

また、目的の出口を通過してしまった後にSAなどがあれば、そこにいる係員に相談すれば対応方法を教えてくれますよ。

 

 

高速道路では、自分勝手なUターンは行わずに、高速道路の係員に相談して、指示従いましょう。

 

 

もし、あなたが高速道路で逆走してしまったら…

では、もし万が一、高速道路で逆走してしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

そのような時は、再びUターンしようとするのはNGです。

 

すぐに路肩など安全な場所に車を止めて、救助をよんでください。

 

そして、高速道路にある非常電話や携帯電話(道路緊急ダイヤル♯9910)で電話をかけ、係員の指示に従ってください。

 

 

ちなみに、 路肩に車を止めた場合、車から降りるときは助手席側から降りるようにしましょう(運転席側から降りると、後続の車にひかれる可能性があります)。

 

また、車はハザードランプ(車内の赤い三角のボタンを押せば、ウインカーが左右同時に点滅するやつ)をつけておき、ガードレールの外など、安全な場所で救助が来るのを待っていてくださいね。

 

※三角表示板や発煙筒も使い、後続車へ合図してくださいね

 

 

このように、万が一、逆走してしまっても慌ててUターンせず、落ち着いて行動してくださいね。

 

また、逆走しないように、道路標識などもしっかり確認して車の運転を行ってくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事