フルタイム4WD メリット センターデフ

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

フルタイム4WDのメリット・デメリット。センターデフを搭載したシステムです

 

車には、2WDと4WDがあり、4WDのなかにもさまざまなシステムがあります。

 

前回は、4WDのメリット・デメリットについてお話ししました。

車の4WDのメリット・デメリットは?燃費は悪くなりますが…

 

今回はその続きとして、フルタイム4WDのメリット・デメリットについてお話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

・入力項目が少ない

・たった45秒で申し込みができて簡単

・すぐに概算の最高額も分かる

・提携買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心

 

の車買取一括査定で、高額査定を引き出してください。

かんたん車査定ガイド

安定性ピカイチのフルタイム4WD

フルタイム4WDは、名前のとおり、“常時4WD”のことです。パーマネント式やコンスタント式といわれることもあります。

 

センターにデファレンシャル(差動装置)を設置して、常時4輪で走行することを可能にした4WD車です。

 

曲がる時に生じる前輪と後輪の回転数の差を、センターのデファレンシャルで吸収することができるので、パートタイム4WDの弱点であるタイトコーナーブレーキング現象は起きないのが特徴です。

 

※タイトコーナーブレーキング現象:乾燥した舗装路などを4WDで走行中に、ハンドルをいっぱいにきって曲がると、ブレーキがかかったような状態になり、ぎくしゃくした感じになってしまう現象のこと

 

 

また、車のパワーを4輪すべてで受け止めることができるので、いつでも最大の駆動力を発揮することができます。

 

さらに、常に4輪に適切なトルクを伝えることができるので、悪路だけでなく、高速走行時や雨のときなどオンロードでも安定性も高いです。

 

また、前後の駆動トルクを不等に分けることも可能なので、車の個性に合わせて前後の駆動力の配分も可能なんですよ。

 

 

一方、デメリットとしては、悪路などで1輪がが空転してしまうと、他のタイヤに駆動力が伝わらなくなって動かなくなってしまうというデメリットがあります。

 

そのため、この問題を回避するために、センターデフを直結する“デフロック機構”を搭載する車がほとんどでした。

 

ですが、最近は、センターデフを電子制御化して、前後輪に適切な駆動力を分配するシステムや、スタンバイ式(タイヤがスリップしてから4WDなるシステム)が主流になっています。

 

さらに、常に4WDで走行するため、燃費が悪いというデメリットもあるんですよ。

 

 

このようにフルタイム4WDには、

 

【メリット】

・オンロードでも4WDの安心感を感じることができる

・車の個性に合わせて、前後輪の駆動力を分配できる

 

【デメリット】

・燃費がよくない

・悪路走破性をより上げるには、+αでシステムをつける必要がある

 

というメリット・デメリットがあるんです。

 

 

日本では、ランドクルーザー200、ランドクルーザープラド、エスクード、フォレスター、海外では、メルセデス・ベンツGクラス、フォードエクスプローラーなどが、このフルタイム4WDです。

 

ちなみに、ランドクルーザーは電子制御で走破性を向上させる『マルチテレインセレクト』を、メルセデス・ベンツGクラスは前後にもでフロックをつけて悪路走破性を高めているんですよ。

 

 

高度な4WDシステムのアクティブトルクベクタリング式4WD

4WDシステムには、『アクティブトルクベクタリング式4WD』というシステムのものもあります。

 

アクティブトルクベクタリング式4WDは、電子制御式のフルタイム4WDに、ヨーコントロールデフを組み合わせたものです。

 

走行性能に合わせて、左右の駆動輪間の駆動力を自在に可変配分することができる高度な4WDシステムです。

 

曲がっているときに、ヨーモーメントを発生させることで、4WDの物理的問題だった曲がっている時の安定性や走行性能の低下を抑えることができるんです。

 

そのため、FR車以上の旋回性能を達成することができた4WDシステムなんですよ。

 

三菱・ランサーエボリューションシリーズやホンダ・レジェンド、BMWなど高級車に搭載されることが多い4WDシステムです。

 

 

次回は、この続きとして、『フルタイム&パートタイム複合4WD』と『電気式4WD』のメリット・デメリットについてお話ししますね。

電気式とフルタイム&パートタイム複合式4WDのメリット・デメリット

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事