新車 値引き コツ

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


新車購入の商談で、大幅値引き&好条件を引き出す3つのコツ

 

新車を購入するときは、少しでも安く購入したいですよね。

 

大幅な車両本体値引きを獲得するためには、営業マンとの交渉は必須です。

 

けれど、ただ「安くしてくれ」と言っても、大幅値引きを獲得することはできません。

 

そこで、『大幅値引きを獲得するための極意』についてお話ししますね。

 

 

大幅値引きを引き出す新車購入の極意

大幅値引きを獲得するには、3つの極意があります。

 

極意1.同士競合や兄弟車競合が可能なら、それを優先して商談すること

極意2.自分の商談での値引きアップのポイントを見定めて交渉すること

極意3.口約束や手書きの条件は、端末打ち込みによる明文化を要求する

(引用元:ザ・マイカー)

 

※同士競合などに関しては、こちらを参考にしてください

車購入時の値引き交渉の競合パターンは3つ。臨機応変な使い分けがポイント

 

この3つが大切になってくるんです。

 

それぞれ、説明しますね。

 

 

同士競合や兄弟車競合が可能なら、それを優先して商談すること

商談に入る前の準備として、本命の車について調べてください。

 

調べることは、

 

・コンセプトが同じで、デザインなどが多少異なる“兄弟車”が存在するか?

・同じ地域内に複数の資本の異なる販売店で取り扱われているか?

・宿命のライバル車が存在するか?

 

などです。

 

 

というのも、商談で車両本体値引きを最も効果的に引き出すことができるのは、「同士競合」だからです。

 

扱う販売店やディーラーが違うだけで、同じ車を競合させるのだから、もちろん、商談は値引き条件が中心になります。

 

 

次に効果的なのは「兄弟車競合」です。

 

他メーカーへの流出を防ぎたいという気持ちから、値引きがでやすくなります。

 

 

そして、残念ながら、「ライバル車競合」は、以前よりも値引きアップへの効果は薄くなってきているんです。

 

その理由は、“宿命のライバル”関係の車が減ってきているからなんです。

 

ただし、トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイア、ホンダ・ステップワゴン、日産・セレナなど、コンセプトが真っ向から被るライバル車競合は、いまでも高い効果を発揮します。

 

 

自分の商談での値引きアップのポイントを見定めて交渉すること

近年の商談は、車両本体値引きだけでなく、オプション値引きや下取り査定額のアップなど、総合的に値引きの条件が拡大していきます。

 

そして、営業マンとの交渉では、「総支払額がいくらになるか?」で話しが進むことが多いです。

 

そこで、好条件を引き出すためには…。

 

条件アップさせるための的をどこに絞るのかを定めることが大切だ。例えば、装着付属品が多く、合計額が数十万円になるなら「これだけ付属品を付けるのだから、もう少し値引きして欲しい」と付属品値引きアップを要求する。また、下取り車が高年式車で状態も良ければ「ライバル店(または買い取り店)の下取り査定額はもっと良かった」と、下取り査定額に不満があるようなポーズをとってみよう。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、どこを中心に条件アップを狙うか、絞り込むことが大切なんです。

 

ちなみに、下取り査定額をアップさせるためには、複数の車買取店の査定を受け、下取り査定と競合させるといいですよ。

 

詳しくは、こちらを参考にしてください。

車買取一括査定ランキング|高く売るための3つのポイント

 

 

口約束や手書きの条件は、端末打ち込みによる明文化を要求する

商談が進むと、営業マンは「契約できる」と思ったときに「ガソリンを満タンにして納車します」とか、「無料サービスする付属品を追加します」などと、口約束してくることがあります。

 

けれど、これに関して注意点があります。

 

それは、しっかり明文化してもらうこと(注文書に端末打ち込みしてもらうこと)です。

 

口約束や注文書への手書きだけでは、実際には計上されていなかったり、約束したほど得していなかったりと、納車のときに誤魔化されてしまうこともあるんです。

 

しっかり明文化してもらって、記録に残してもらってください。

 

 

この3つが、新車購入の商談で大幅値引き&好条件を引き出すコツになります。

 

お得に購入したいという人は、ぜひ参考にしてください。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事