運転 危険 経験

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


車の運転中に「ヒヤッ」と危険を感じた経験は、ドライバーのほとんどがある

 

運転をしていてヒヤッとした経験をしたことがある人は多いです。

 

そこで、時間貸し駐車場・タイムズなどを運営している「パーク24㈱」が、ドライバー向け会員サービス「タイムズクラブ」の会員に、運転中にヒヤッした経験のアンケート実施しました。

 

このアンケート結果を紹介しますね。

 

なんと、ほとんどの人が運転中にヒヤッとした経験があるんですよ。

 

 

急な飛び出しでヒヤッとした経験がある人は60%以上

パーク24㈱が行った調査で、運転中にヒヤッとした経験がある人は、なんと96%になったんです。

 

しかも、年齢や性別、住んでいる所、運転頻度、免許取得年数をそれぞれみても、割合に大きな違いがないんです。

 

車を運転したことがある人のほとんどが、なんらかのヒヤッした危険な経験をしているんです。

 

 

では、どのようなことが原因でヒヤッとしたかというと、「急な飛び出し」が最も多い結果となりました。

 

●運転中にヒヤッとしたのはどんな時ですか?(回答者数7,707)(複数回答)

 

急な飛び出し :65%

前のクルマの急なブレーキ :41%

眠気 :29%

クルマのスリップ :15%

ブレーキとアクセルの踏み間違い :5%

ハンドル操作を誤った :4%

その他 :3%

 

 

このように、多くの人が、他人の影響で危険を感じているんです。

 

最近は、スマホを見ながら歩いたり、自転車に乗ったりする人なども多いです。

 

他の車はもちろんですが、歩行者や自転車などにも気を付けて運転してくださいね。

 

 

一方で、自分の操作ミスなどヒヤッとした経験では、「眠気」がトップとなり、次いで「車のスリップ」などが続きました。

 

眠気を感じたら、クルマから降りてストレッチをするなどして、眠気を覚ましてくださいね。

 

「車のスリップ」で危険を感じたのは、雪が降る地域の人が多い結果となりました。

 

 

年代別にみてみると、「ブレーキとアクセルの踏み間違い」と、「ハンドル操作ミス」は、20代に多いことが分かりました。

 

とくに、「ハンドル操作ミス(運転操作ミス)」によるヒヤッした経験は、20代男性が圧倒的に多く、「ブレーキとアクセルの踏み間違い」は、20代女性が圧倒的に多くなりました。

 

この結果から、年齢が若い(運転経験が浅い)ほど、運転操作ミスをする可能性が高いんです。

 

 

ヒヤッした経験を繰り返していると、いつか大きな事故を起こしてしまいます。

 

安全運転を心がけて、事故を起こさないようにしてくださいね。

 

 

何歳まで車を運転できると思う?

次に、「あなたは何歳まで運転できると思う?」と質問したところ、約80%が「75歳以下」となりました。

 

一番多かったのは、「66~77歳」の32%で、次が「71~75歳」の21%、「61~65歳」の17%となりました。

 

思った以上に、高い年齢まで運転できると思っているようですね。

 

 

回答者の年代別にみてみると、20代以下の約半数は「65歳まで」(47%)と回答しました。

 

その後、回答者の年代が上がるにつれて、「運転できると思う」年齢も上がり、なんと、60代以上では、「81歳以上」でも運転できると答えた人が13%もいたんです。

 

高齢者の運転は色々と危険なことが多いですが、交通網が発達していない地域は、車がないと移動手段がないという問題もあります。

 

高齢者の事故を減らすためにも、高齢者が運転しなくてもよくなるような利便性の高い交通網ができるといいですね。

 

 

車による事故は、単独でも相手がいても、かなしい思いをする人が必ずでます。

 

事故を起こさないように危険予測を行い、安全運転を心がけてくださいね。

 

パーク24㈱が行った「運転中にヒヤッとした経験」アンケートの詳しい結果については、こちらを参考にしてください。

「運転中にヒヤッとした経験」のアンケート結果

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事