年度末 車 値引き

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


年度末セールは短期集中が新車の値引き拡大のコツ。事前準備が重要です

 

年度末は、1年のうちでもっとも車が売れる時期であり、車両本体価格の大幅値引きなど好条件が最も出やすい時期でもあります。

 

ですが、ただディーラーに行って交渉するだけでは、好条件を引き出すことはできません。なので、年度末商戦で好条件を引き出すコツを、前回に続けてお話しますね。

 

今回は、商談に入る前の準備と、商談開始のタイミングについてお話します。

 

ちなみに、前回の記事はこちらになりますので、まだ読まれていない方はこちらからどうぞ

新車をお得に購入可能な年度末で販促キャンペーンが強化される!?

 

 

年度末商戦は、短期集中の交渉が大切

年度末商戦は、1年のうちでもっとも好条件がでやすい時期です。

 

そのため、新車を購入する人も多い(=ライバルが多い)ということなので、ディーラーの営業マンは、効率の良い販売を行いたいと思ってます。

 

なので、いつまでも値引き交渉をしてくる契約までが長いお客は、後回しにされてしまい、かえって値引きなどが渋くなってしまう可能性があるんです。

 

逆に、契約までが短いお客ほど、好条件がでやすくなるんです。

 

なので、年度末商戦で新車をお得に購入するためには、『短期集中』がとても重要なんです。

 

 

といっても、短期間で高額な商品の決断を決めるのは、とても勇気がいることですよね。

 

そこで大切なことは、商談に入る前に情報収集を入念に行い、自分の希望条件をしっかり決め、ブレないことです。

 

予算や絶対につけたいオプションをピックアップして、購入を決断する判断条件を決めておき、その条件をクリアしたら購入するようにすればいいですよ。

 

 

商談の前に、書類をあらかじめ準備しておこう

販売店は、3月の販売実績にしたいため、3月中に新車を登録して納車をしたいと考えています。

 

そのため、短期集中で結論を出すことはとても大切ですが、こちら(お客)の動きが良いと値引きアップが多少期待できます。

 

 

たとえば、登録に必要な印鑑証明を準備しておいたり、駐車場を借りる場合は大家さんの承諾書を準備しておいたりすることです。

 

そして、交渉の最終段階でダメ押しとして「あと〇万円安くなれば…」といいながら印鑑証明などを見せれば、営業マンも「では、〇万円安くさせていただきますね」と、値引きの拡大が期待できるというわけです。

 

 

納車までの時間を短くできるように、あらかじめ準備できるものは用意しておき、営業マンの手間を省いて好条件を引き出しましょう。

 

 

交渉をはじめるタイミングは、少し余裕をもって始めよう

ディーラーが3月の販売として成果を上げるためには、3月中に車を登録しなくてはいけません。

 

契約してすぐにディーラーの所に車が来ればいいのですが、どうしても車がくるまでに時間がかかります。

 

そのため、3月末では3月登録ができないので、好条件は期待できません。

 

なので、3月中に登録できるだけの時間的な余裕をもって交渉&契約をすることが、値引きなどの好条件を引き出すためには大切です。

 

 

スバルは、3月8日まで一部販促キャンペーンを行っています。

 

ということは、ディーラーは、3月7日/8日までは3月中登録が可能としているということです。

 

(納期に余裕がある車種なら、3月14日/15日でも大丈夫なようです。ただし、このタイミングでは、値引き拡大が期待できる車種はかなり絞られると思った方がよいです)

 

なので、商談で迷う時間をある程度確保するために、2月28日くらいからディーラーでの商談などを開始するといいですよ。

 

年度末商戦は、基本的に短期集中が大切なので、むやみに結論を引き延ばすのはよくありません。けれど、どうしても決断できない場合として、翌週に持ち越すだけの時間的余裕を確保するために、2月28日くらいから動くといいというわけなんです。

 

 

情報収集など事前準備を万端に行い、あらかじめ時間に余裕を持たせて年度末商戦に臨んでくださいね。

 

次回は、車の年度末セールで、値引きを引出す商談の流れと契約のタイミングについてお話しますね。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事