注文書 新車 購入

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


未完成の注文書は署名しない。最終支払額は常に確認を。新車購入時の注意点

 

車を購入する時は、営業マンと商談を行い、最終的に注文書に署名・捺印をします。

 

商談の時には、大幅値引きをしてもらっていたように感じていても、後になって、「あれ、いまいちお得じゃない?」ってなってしまうこともあります。

 

そこで、お得に車を購入するために、注文書のチェック項目についてお話しますね。

 

 

商談から注文書にサインするまで、最終支払額は常に確認する

車を購入するするときは、誰でも安く買いたいと思っています。

 

一方で、営業マンは、少しでも利益が上がるように、できるだけ値引きしないようにしてきます。

 

そのため、営業マンは、とにかく大幅値引きしているように伝えてきます。

 

 

その常套手段のひとつが、「車両本体値引き+下取り査定額+オプション値引き」をまとめた“総額表示”での提示です。

 

たとえば、こまかい内訳の説明がないまま「値引きの総額は、70万円です」という感じです。

 

このように言われたら、「車両本体値引きはいくらなの?」と聞いてみましょう。もし、聞きにくいなら、「この数字は総支払額だよね?」と確認しておきましょう。

 

そして、注文書作成時には、営業マンの説明をしっかり聞き、営業マンと約束した最終支払い総額がしっかり書かれていることを確認してください。

 

さらに、署名・捺印する前も、「総支払額は、○○円でいいんだよね?」と、念を押してください。

 

このくらい、支払額には、気を使ってくださいね。

 

 

車両本体価格やオプション値引きなど、コミコミで値引き額を提示してきたら要注意

値引きの分だけ販売店の利益は減るので、車両本体価格中の値引き幅は限界があります。

 

値引き交渉が進むなかで、付属品値引きや下取り査定額の上乗せは、車両本体値引きに含まれるケースが多いです。

 

けれど、もし注文書にそのままの金額が書かれていたら要注意です。

 

下取り査定額やオプション値引き、車両本体値引きを分けずに注文書を作るのは難しいので、分けずにそのままの金額が書かれていたら不自然です。

 

そのような注文書には、署名・捺印はしないようにしてください。

 

すべてがしっかり書かかれたら(注文書が完成したら)、署名・捺印をするようにしてください。

 

 

下取り車の横流しに注意

 

近年は、あまり行われなくなりましたが、営業マンが下取り車を横流しすることがときどきあります。(横流し:会社を通さずに、知り合いのブローカーなどに売却して、こずかい稼ぎをすること)

 

お客側は支払額が変わらないので問題ないように感じますが、実は要注意です。

 

横流しされた先で名義変更が行われず、次年度に自動車税の納税通知が来るというトラブルが起こることがあるんです。

 

過走行車や低年式車で、思った以上に好条件の下取り額が出たら、「横流ししないですよね?」と営業マンにクギを指しておくといいですよ。

 

 

注文書は、車を購入することを決定する大事な書類です。

 

署名・捺印をする前に、もう一度しっかり確認を行ってください。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事