車 税金 還付金

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

車を売却・廃車する時の税金や自賠責保険、リサイクル料金の還付金について

 

車を購入する時や車検を通すときなどは、税金や自賠責保険を払います。

 

では、車を売却するときや廃車にするときは、これら税金はどうなるのでしょうか?

 

というわけで、『車の売却・廃車と税金の還付について』お話ししますね。

 

 

車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

・入力項目が少ない

・たった45秒で申し込みができて簡単

・すぐに概算の最高額も分かる

・提携買取店は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心

 

の車買取一括査定で、高額査定を引き出してください。

かんたん車査定ガイド

買取店・ディーラーに売却するときは、基本的に還付されないことが多い

車を購入するときや車検を通すときには、

 

自動車税(軽自動車税):毎年4月1日に課税

自動車取得税:車を取得した時に課税

・自動車重量税:購入時と車検事に課税

・自賠責保険料

・リサイクル料金

 

がかかります。

 

これら税金が、売却したときや廃車にしたときに、還付されるかどうか一つずつ説明しますね。

 

 

ちなみに、自動車取得税は、車を購入するときにかかる税金なので、売却や廃車にしても還付はありません。なので、自動車取得税の説明は、省略させていただきますね。

 

 

《売却》自動車税は還付金があるが、査定額に含まれることが多い

自動車税は、4月1日の時点での車の名義人のところにかかる税金です。

 

4月~翌年3月までの1年分をまとめて払います。

 

そのため、車を売却したり、廃車にしたりするときは、月割で還付金があります。例えば、34,500円の自動車税を払い、6月に車を売却した場合は、23,000円の還付金があります。

 

 

けれど、ディーラーや買取店に車を売却する場合、この還付金は買取金額に含まれることがほとんどです。

 

基本的に、車を売却するときは、営業マンから自動車税の還付金の説明をされますが、説明がない場合は、どのようになるか確認してみましょう。

 

 

ちなみに、軽自動車は、月割計算による還付金はありません。なので、車を売却するときも、当然、返金はありません。

 

 

《売却》自動車重量税と自賠責保険料は返金されない

新車を購入したときと車検のときにかかってくるのが、自動車重量税と自賠責保険料です。

 

どちらも期間分をまとめて払いますが、売却する場合は還付金はありません

 

 

その代わり、車検が残っている中古車(新古車も含む)を購入するときは払う必要はないんです。

 

なので、車検を残っている中古車を購入するときに請求されたら、その中古車販売店での購入は避けた方がよいかもしれません。

(※請求してはいけないという法律はありませんが、すでに払われているものを請求してくるという行為は考えものです)

 

 

《売却》リサイクル保険料は還付金があるが、返金は業者による

新車を購入するとき(もしくは車検のときに)に、有用資源をリサイクルする目的に為に払うことになっているのがリサイクル料金です。

 

リサイクル料金は、所有者が払うことになっているので、車を売却するときは次のオーナーが負担することになります。

 

なので、車を買取店などに売却するときは、次のオーナー(買取店)からリサイクル料金相当額を受け取ることができます(還付金があるということです)。

 

ですが、実際には、業者によって査定額に含まれる場合と、別途返金がある場合があるので、査定を受けるときに確認してましょう。

 

 

廃車にする場合は税金などの還付があります

次は、車を廃車にする場合の還付金を見てきましょう。

 

ちなみに、廃車には3つのパターンがあり、それぞれで還付金のありなしが変わってきます。

 

なので、最初に廃車の種類を説明しますね。

 

 

廃車の3つのパターン
廃車(抹消登録)には、以下の3つがあります。

 

一時抹消登録…一時的に廃車にする(ナンバーを外す)場合。再度申請すれば、日本国内で乗ることができます

永久抹消登録…登録後、国内でスクラップ(解体)にされます。車として再利用することはできません

輸出抹消登録…中古車として海外に輸出されます。国内で車として再利用することはできません

 

 

廃車にする場合の還付金

年度の途中や車検が残っている状態で廃車(抹消登録)を行うと、それぞれ以下の還付金があります。

 

一時抹消登録…自動車税、自賠責保険、リサイクル料金の還付があります

永久抹消登録…自動車税、自賠責保険、自動車重量税の還付があります

輸出抹消登録…自動車税、自賠責保険、リサイクル料金の還付があります

 

※1.軽自動車は自動車税の還付はありません

※2.自動車税の還付は月割になります。なので、3月に抹消登録した場合は自動車税の還付はありません

※3.自動車重量税は、解体処理(スクラップ)にしなくては還付はありません。なので、一時抹消登録や輸出抹消登録では還付はありません

※4.自動車重量税の還付は、車検が残っている場合だけです

 

 

ですが、これらは申請しないと、還付してもらえません。

 

なので、廃車にする場合や、廃車する前提で買取店に売却した場合は、業者の人に確認してみてください。

 

とくに、自動車重量税は、廃車申請するときに一緒に還付金の申請も行なわなければならないので、必ず業者に確認してくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事