渋滞 距離 測定

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


高速道路の渋滞の距離はどのように測定している?

 

ゴールデンウィークやお盆、年末年始になると、必ず高速道路の渋滞情報がテレビなどで流れますよね。

 

このとき、「中央高速道路は、現在50km渋滞しています」といった感じで、○○km渋滞中と距離が報じられます。

 

ここで、一つ疑問が。この高速道路の渋滞の距離は、どのような方法で測定しているのでしょうか?

 

この疑問について、カー雑誌『ベストカー』が調べていましたので紹介しますね。

 

 

高速道路の渋滞には定義があった

長期連休などで高速道路を走ると、「○○km渋滞中」という電光掲示板の表示を見ますよね。

 

この渋滞の距離は、一定区間の距離を走る車の速度で判定しているんです。

渋滞予報士を擁するネクスコ東日本に話を聞いた。

 

「渋滞の距離の計測はすべて自動で行っています。ネクスコ東日本管内では主にループコイル式といって、路面に埋め込まれている“トラカン”が活躍するんです。これは基本的に2kmごとに設置されていて、そこを通過する車両の台数、速度をすべて記録。トラカンを通過する車両の平均速度が時速40km以下になった時、私どもの会社では渋滞と判定しています。例えば2km間隔で隣り合うA地点とB地点のトラカンが、時速40km以下の速度を記録していた場合、渋滞の距離は2kmと判定します。」

(引用元:ベストカー)

 

簡単にいえば、2kmごとに車の速度を測定していて、平均40km/h以下の区間の長さが“渋滞の距離”として表示されているというわけなんです。

 

ちなみに、「トラカン」という言葉が出てきましたが、これは、『トラフィックカウンター(車両感知器)』と呼ばれるセンサーで、上記のループコイル式の他にも、超音波式などもあるんですよ。

 

ループコイル式は、オービス(自動速度取締機)でお馴染の方法で、複数のコイルを地中に埋め込み、車が通過した時の磁場の変化で速度や台数を検知します。

 

超音波式は、超音波を頭上から地面に向けて飛ばし、その反射時間の差を利用して車の台数を計測しています。首都高速道路のように、コイルを地中に埋めるのが困難な個所に使われいるんですよ。

 

 

ドライバーができる渋滞削減策

渋滞にはまるのは、あまり良い気分ではありませんよね。

 

では、われわれドライバーができる渋滞を減らす方法はあるのでしょうか?

 

ネスクコ東日本いわく、

「渋滞削減に関して最も大事なことは、渋滞に巻き込まれてさらなる渋滞を作らないことなんです。さらに渋滞時は疲労の影響もあって、追突事故などの件数も増えますからね。当社のドラぷらなどのホームページを事前に参照していただいて、なるべく渋滞の発生しない時間帯にお出かけになることが最善の渋滞対策になると思います。」

(引用元:ベストカー)

とのことです。

 

確かに、自分が渋滞にはまらなければ、一台分渋滞の距離は短くなりますからね。

 

といっても、渋滞を走らなければいけないドライバーもいますし、気が付いたら渋滞にはまっているということもあります。

 

そのような時は、追い越し車線(右車線)だけでなく、走行車線(左車線)も均等に使うようにすると渋滞の緩和につながるんですよ。

 

渋滞にはまると、多くのドライバーは「追い越し車線の方が流れが速い」と潜在的に思ってしまいます。

 

けれど、均等に使うことで、渋滞の緩和が早くなるというわけなんです。ちなみに、高速道路の渋滞の場合、左車線の方が基本的に流れが速いといわれているんですよ。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事