任意保険 未加入 事故

低年式車・古い車の高額買取塾@カー部

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


車の任意保険の未加入率は15%。事故した時は自分の保険が役立つ

 

安全運転は車を運転するドライバーの責務ですが、どんなに安全運転を心がけても、事故を起こすリスクを0にすることはできません。

 

万が一事故をしてしまった場合に頼りになるのが「任意保険」です。

 

ですが、なんと全ドライバーのうち、約15%が任意保険に未加入なんです。

 

なので、『任意保険に加入していない人は意外と多い』と『未加入車と事故したときも自分の任意保険が役立つ』についてお話ししますね。

 

 

任意保険に加入していない人は意外と多い

自動車保険には、強制的に加入する「自賠責保険」とそれに上乗せする「任意保険」の2種類があります。

 

自賠責保険の保険金額は、傷害で120万円、死亡で3000万円、後遺障害で最大4000万円となっています。

 

けれど、これまでの判例を見ると事故による死亡や重度後遺症の賠償額は、1億円超えは普通で、なかには5億円を超えることもあります。

 

仮に、任意保険に未加入の状態で事故を起こし相手を死亡させてしまった場合、自賠責保険で3000万円でても、賠償額が5億円なら残り4億7000万円は自腹で払う必要があります。

 

4憶7000万円という金額は、普通の人は払うことは無理ですよね。それでも、コツコツ払い続けるか、自己破産をするしかありません。

 

 

そもそも、仮に裁判で高額な賠償額が決まっても、加害者に支払い能力がなくては、実際に賠償金を受け取ることはできません。

 

強制執行で加害者の財産を差し押さえることもできますが、任意保険に入らない人なので差し押さえできるほど財産を持ち合わせていないことが多いです。

 

加害者が自己破産したら、賠償金が免責されてしまうこともあります(加害者は賠償金を払う必要がなくなるということ)。

 

このような不幸を防ぎ、被害者と加害者を守ってくれるのが「任意保険」なんです。

 

※自己破産をしても、飲酒ひき逃げのような危険運転致死傷罪が成立するような事故は、重過失があると判断されて賠償金が免責されないことがあります

 

 

けれど、この任意保険に加入しているドライバーの割合は、

 

・2014年の加入率は73%

・全労災やJAの自動車共済を含めても85%

 

となっているんです。

 

なんと、割合的に、車を10台見たら1~2台は任意保険に未加入なんです。

 

都道県別では、任意保険の加入率トップは大阪の82%で、ワーストは沖縄の53%となっています(この数値は、共済は入っていません)。

 

 

任意保険未加入車と事故したときも、自分の任意保険が役立つ

では、任意保険未加入の車と事故をした場合、被害者は泣き寝入りをしなくてはいけないのでしょうか?

 

実は、未加入の車と事故をした場合、自分が任意保険に加入して入れば「無保険車傷害特約」で自分の保険会社から保険金をもらうことができるんです。(等級も下がりません)

 

※無保険車傷害特約は、任意保険に加入すれば基本的にセットで付いてきます。ただし、死亡・後遺障害が生じたときにしか保険金は支払われません。怪我などに関しては、人身傷害保険から支払われます。

 

また、車両保険に入っていれば、自分の車を直してもらうこともできます(ただし、等級は3等級下がります)。

 

このように自分の身を守るためにも、任意保険に入っておいた方がいいんですよ。

 

そして、任意保険に入っていない人は、万が一のときに自分と相手を守るために必ず加入してくださいね。

低年式車・古い車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事