高速道路の最高速度が120km/hに引き上げ。でも「勘違いしないで」

高速道路の最高速度は、現状は100km/hです。

 

2017年11月から、一部高速道路の一部区間で、最高速度110km/hのテスト(試行)が行われています。

 

そして、2019年3月1日から、110km/hを120km/hにすると、警察庁が発表しました。

 

 

日本の高速道路の最高速度は、世界から見て遅いといわれています。

 

けれど、120km/hの試行が行われるということは、「全高速道路で120km/h」の日が近づいたのでしょうか?

 

どの区間が120km/hになるの?』、『今後は、どのような予定で最高速度が上がっていくの?』『トラックなど大型貨物車の速度はどうなるの?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 ならこのサービスの利用がコツ
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

このサービスを使えば、数十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

最高速度が120km/hになる高速道路&区間は、110km/hのところ

3月1日から行われる試行で、一部の高速道路の一部区間で、最高速度が120km/hになります。

 

120km/hになるところは、110km/hの試行が行われたところと同じで、

 

  • 東北道の花巻南~盛岡南(上下線・約27km)
  • 新東名道の新静岡~森掛川(上下線・約50km)

 

の2ヶ所です。

 

最高速度が120km/hになる高速道路&区間は、新東名と東北道

 

120km/hの対象は、最高速度が100km/hの車両だけ

最高速度が120km/hとなるのは、高速道路での法定の最高速度が100km/hの車だけです。

 

具体的にいうと、

 

  • 大型乗用自動車(大型バス等)
  • 中型乗用自動車(マイクロバス等)
  • 特定中型貨物自動車を除いた中型貨物自動車(車両総重量8t未満、最大積載量5t未満)
  • 準中型自動車
  • 普通自動車
  • 125ccを超える自動二輪車

 

です。

 

そのため、法廷最高速度が80km/hの大型トラックなど、大型貨物車(車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上)は、これまで通り80km/hとなります。

 

 

大型トラックが、80km/hのまま据え置きとなる理由は、

 

・スピードリミッターが義務付けられているから

・荷物の状況よっては、走行が不安定になる可能性があるため

・積載量によって、制動距離が長くなるため

・他の車両よりも重いため、運動エネルギーが大きく、万が一事故をしたとき被害が大きくなるから

 

だからです。

 

ちなみに、ときどき見かける3輪車も80km/hなので、3輪バイクに乗っている人は注意してくださいね。

120km/hの対象は、最高速度が100km/hの車両だけ

110km/hに引き上げた試行で、事故数は変わらないことがわかった

3月1日から120km/hに引き上げられますが、なぜ、120km/hの試行を行うことになったのでしょうか?

 

また、110km/hに上げたとき、事故数などは、増えなかったのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、警察庁・広報部にきいたところ、死亡事故はほとんど変わらなかったので120km/hも試すことになったんです。

 

☎1年ほど前に従来の最速100km/hを110km/hに引き上げ、約1年後に今回の120km/hへの試行。ここにきて動きが早いですね。ズバリ、120km/hにする理由は?

 

☎110km/hに引き上げた約1年間、試行区間を含む東北道と新東名で人身事故の件数やクルマの速度の変化を調べたんです。その結果、“事故は減少し、クルマの実際の走行状況(速度)はほぼ同じ”。交通安全に支障がないと判断し、次に段階の120km/hへと。それが理由ですね。

(引用元:ベストカー)

 

最高速度を110km/hにしても、死亡事故の件数はほとんど変わらなかったんです。

 

さらに、利用者へアンケートをとったところ、最高速度の引き上げに肯定的な意見が過半数以上ありました。

 

そのため、120km/hへ引き上げることにしたというわけです。

 

 

実際に、新東名道の新静岡~森掛川の区間で110km/hに引き上げたときの「死傷事故の件数」を見てみると、

 

■110km/hに引き上げ、試行開始前1年間(死傷事故件数)

・上り:11件

・下り:3件

 

■試行開始後1年間(死傷事故件数)

・上り:4件

・下り:4件

 

と、上りで7件減少、下りで1件増加と、ほとんど変わっていないことがわかります。(なんなら、少し減っていますね。)

 

 

新東名道の新静岡~森掛川の区間は、もともと設計速度が120km/hの「高規格」高速道路です。

 

事故数がほとんど変わらず、設計速度も120km/hなら、最高速度を上げてもいいですよね。

 

 

ちなみに、最速120km/h区間に入る前には、その数km手前から看板を複数枚設置されるそうです。

 

終了地点の少し前にも、複数枚の看板が設置されるので、始めと終わりがわかりますよ。

 

 

最高速度120km/hの試行期間は、約1年を予定されています。

 

試行した後の平均速度の変化や、交通事故の発生件数、季節ごとの変化を見るために、1年間という期間が設定されました。

 

110km/hに引き上げた試行で、事故数は変わらないことがわかった

 

将来的には、13路線の高速道路で、最高速度120km/hが検討されています

今回、最高速度120km/hの試行が行われるのは、2つの区間だけです。

 

けれど、1年間の試行で安全が確保できれば、他の路線への拡大も検討されます。

 

速度設計が120km/hの区間は、

 

  • 東北道の花巻南~盛岡南(上下線・約27km)
  • 新東名道の新静岡~森掛川(上下線・約50km)

 

以外にも、13路線19区間あります。

 

将来的に、この区間でも120km/hになるといいですよね。

 

 

高速道路 設計速度120km/h区間(警察庁公表)

路線名都道府県区間距離
北海道縦貫自動車道北海道札幌南IC~苫小牧東IC39.3km
札幌IC~岩見沢IC31.9km
東北縦貫自動車道岩手平泉前沢IC~盛岡南IC73.3km
栃木浦和TB~佐野SIC53.0km
群馬
埼玉
常磐自動車道茨城三郷TB~日立南太田IC101.3km
千葉
埼玉
関越自動車道埼玉川越IC~渋川伊香保IC82.3km
群馬
東関東自動車道千葉千葉北IC~佐原香取IC47.1km
成田国際空港線千葉成田IC~新空港IC3.2km
中央自動車道東京三鷹TB~八王子本線21.8km
東名高速道路神奈川横浜町田IC~秦野中井IC30.4km
愛知岡崎IC~小牧IC53.4km
新東名高速道路静岡浜松いなさJCT~御殿場JCT144.6km
名神高速道路愛知小牧IC~養老SA35.0km
岐阜
滋賀彦根IC~旧甲良PA7.3km
栗東IC~瀬田西IC11.5km
湖東三山IC~蒲生SIC13.8km
新名神高速道路三重亀山西JCT~大津JCT43.1km
滋賀
北陸自動車道滋賀神田PA~木之本IC19.4km
九州縦貫自動車道福岡太宰府IC~久留米IC25.4km
佐賀

(引用元:ベストカー)

 

 

勘違いしないで!「120km/hを出しなさい」ではなく、「120km/hまでを許容する」です

2つの区間で最高速度120km/hが試行されます。

 

けれど、勘違いしてはいけないのは、「120km/hで走りなさい」ではなく、あくまでも「この区間は法律上、最高速度120km/hを許容する」ということです。

 

なので、周りの状況をよく見ながら、安全運転を心がけてくださいね。

 

 

最高速度を引き上げるとともに、静岡県警も、速度違反、車両通行帯違反、あおり運転への取り締まりを強化するそうです。

 

最高速度が120km/hになると、もっと速度を出したくなってしまうかもしれませんが、交通法規を守って、正しい交通マナーで走ってくださいね。

 

「120km/hを出しなさい」ではなく、「120km/hまでを許容する」ことです

 

「あおり運転」や「追い越し車線を走り続けること」は、違反です

最高速度が120km/hになると、大型トラックとの速度差が40km/hになります。

 

遅いトラックが追い越し車線(右側のレーン)を走って、先をふさいでしまうこともありますが、あおり運転をすると、取り締まりの対象となるので注意です。

 

 

一方で、追い越し車線をを走り続けることも「車両通行帯違反」で、取り締まりの対象になります。

 

追い越し車線は、追い越しのためだけに使える車線なので、追い越しをしたら、走行車線(左側のレーン)に戻ってくださいね。

 

追い越し車線を走り続けると、逆走してきた車と事故をする確率も高くなるので、自分の身を守るためにも、ルールを守って走ってください。

 

※NEXCO西日本ないだけでも、5年で2000件もの逆走が起こっています

高速道路で逆走してきた車と事故した場合、過失割合はどうなる?

 

「あおり運転」や「追い越し車線を走り続けること」は、違反です

 

まとめ

3月1日から、新東名高速道路の一部区間と、東北道の一部区間が、120km/hになります。

 

これまでは、設計上は120km/hだったのに、100km/hで運用されていました。

 

少しずつ最速120km/hの時代に近づいてきましたね。

 

 

ただし、事故が増えてしまうと、最速120km/hはなくなってしまうので、安全運転とマナーを守って走るようにしましょう。

 

運転で疲れたら、SA、PAで休んでリフレッシュしてから、走るようにしてくださいね。

 

※素敵なSA,PAがいっぱいあります

ドライブにピッタリ!高速道路のオススメSA/PAの魅力を紹介

 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

ユーカーパック
ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式車買取サービス

「電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。ただし、最低落札価格以上の入札があったら、絶対に売らなくてはいけないので注意


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ