18歳成人で車が売れるように!?親の同意なしで自動車ローンが組める

一昔前の若者は、18歳になると「待ってました」と言わんばかりに教習所へ通い、免許を取得していました。

 

しかし最近は、若者の車離れが叫ばれていて、18歳になっても免許を取得しない、免許は取得しても車は持たないという人が多くなっています。

 

そのような中、2022年の民法改正「18歳成人」により、若者の車離れを解消できるかもしれないんです。

 

そこで、『民法改正「18歳成人」によって車の購入者が増える!?』についてお話しますね。

 

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

18歳成人で変わること

2018年3月13日、政府は「成人年齢を20歳から18歳へ引き下げる民法改正案」を閣議決定しました。

 

この先、国会での審議が可決されれば、民法改正は1876年以来の歴史的変更になります。

 

もし、民法改正案が国会を通過すれば、2022年春から「18歳成人」となるんです。

 

 

18歳で成人となると、これまでにできなかったことが、いろいろとできるようになります。

 

 

「18歳成人」で、18歳、19歳でも親の同意がなくてもクレジットカードを作れるようになります。

 

また、これまでは20歳以上でしかローンを組めませんでしたが、18歳でローンを組んで買い物ができるようにもなります。

 

 

一方で、飲酒やたばこは20歳からのまま変わらず、公営ギャンブル(競馬や競輪など)も20歳からのまま変わりません。

 

「成人式は、18歳で行われるのか?」などは、今のところ未定です。

 

 

このように、「18歳成人」で、多くのことが変わる予定となっています。

 

 

【“18歳成人”になると例えばこう変わる】

 

内容改正前改正後
クルマや携帯電話の購入(契約行為)を1人でできる20歳以上18歳以上
親の同意なしでローンを組むことができる
民事裁判を1人で起こすことができる
性別変更の申し立てをすることができる
10年有効の旅券(パスポート)を取得できる
養子をとることができる20歳以上変わらず
飲酒・喫煙
馬券、舟券の購入
少年法の適用20歳未満検討中
普通自動車免許の取得18歳以上変わらず
結婚年齢男性18歳、女性16歳男女とも18歳

(引用元:ベストカー)

 

 

 

親の同意なしで自動車ローンが組めれば、18歳から車に乗る若者が増える可能性がある

「18歳成人」は、自動車業界にとって好影響を及ぼす可能性があります。

 

自動車業界にとって好影響を及ぼす可能性がある改正案とは、どんな内容なんでしょうか?

 

 

カー雑誌「ベストカー」が、法務省・民事局の参事官室の担当者聞いたところ、親の同意なしで自動車ローンが組めるようになるんです。

 

☎もしもし、まず知りたいのは「なぜ18歳を成人に?」ということなんですけど。

 

☎‘07年成立の国民投票法が投票年齢を18歳以上にしたことや、‘16年から実施している18歳選挙権の流れに起因しています。わかりやすく言うと“選挙権を持つのは一人前の大人”ということで“大人を20歳から18歳に”ということですね。

 

‐‐‐中略‐‐‐

 

☎それでクルマ雑誌編集者の私としては、18歳成人になると「クルマの購入をひとりでできて、親の同意なしでローンを組める」という部分が、この細い私の目にズバッととまったんスよ。

 

☎はい、それで・・・・・。

 

☎“若者のクルマ離れ”といわれ続けているんですけど、この改正案が突破口、いや起爆剤になる気がしてしようがないのです。つまり、成人年齢が2歳下がればそれだけ「ローンを組んでクルマを買っちゃおうかな」という若者が増えるわけですから。

 

☎なるほどですね。

 

☎クルマを買う若者が増え、自動車業界が活性化するんじゃなかろうか、と。そう思いませんか?

 

☎おっしゃるとおり、業界への追い風になる可能性はないこともないですお金があれば、それを頭金にして率先してローンを組んで、クルマを買う18~19歳も出てくると思いますよ。運転免許取得は18歳以上というのは変わらないので。免許取ったらすぐ買いたくなるのが人情ですから。

(引用元:ベストカー)

 

「18歳成人」も法案が通れば、経済的に自立している18歳は、自分の意志で車を買うことができるようになるんです。

 

 

先ほどもお話ししましたが、現状は、自動車ローンの借入可能な年齢は20歳からです。

 

たとえ経済的に自立していても、自動車ローンを組むには、保証人として親(法定代理人)をたてることが必要です。

 

 

これまでは、何らかの事情(親がいない、親が自己破産しているなど)で親の同意を得ることができない若者は、20歳まで車に乗ることをあきらめなくてはいけなかったんです。

 

それが、「18歳成人」で、自分でお金を借りて車を購入することができれば、あきらめる必要はなくなるんです。

 

 

ほかにも、「高校を卒業してやっと免許を取ったのに、親の車を乗るなんて嫌だな」と思っている若者も、自分の好きな車に乗ることができるようになるんです。

 

「18歳成人」の法案が通れば、若者の車離れも解消できるかもしれませんね。

 

 

まとめ

現在、18歳で免許を取得しても、車を購入できないという矛盾が車離れの原因の一つとなっています。

 

「18歳成人」は、自動車業界の追い風として期待ができそうですね。

 

 

ただ、「18歳成人」にも不安な要素はたくさんあります

 

「親の同意なしでローンが組める」ということは、18、19歳でも親の同意なくクレジットカードをつくったり、ローンを組んで高額商品を購入したりできるようになってしまいます。

 

悪徳商法に狙い撃ちにされて、消費者被害が拡大するのではないかという懸念も。

 

今後どうなるのか、動きに要注目です!

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ