ハイブリッドカーやEVは接近音の装着が義務化に。音量は音楽はどうなる?

ハイブリッドカー(HV)や電気自動車(EV)は、エンジン音がないので走行中は静かです。

 

けれど走行音が静かすぎるため、近付いているのが分からずに、お年寄りや聴覚障害者が事故に遭うなど危険でした。

 

そこで、国土交通省は、2018年3月8日以降に発売されるハイブリッドカー、EV、燃料電池車(FC)の新型車に、人工音で知らせる「車両接近通報装置」の搭載を義務付けることを決定したんです。

 

では、接近音の音量はどのくらいで、どんな音を想定しているのでしょうか?

 

ハイブリッドカーなどに搭載される車の接近音は、どんな音になるの?』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

接近音の音量はエアコンの室外機以上で、音はバイオリンでもOK

2018年3月以降に登場するハイブリッドカーやEVには、接近音の搭載が義務付けられました。

 

今回の決定は、2010年に決まった「EV、HV、FCVは、接近音をつけなさい」というガイドラインが背景にあります。

 

これまでは、メーカーの任意で搭載されていて、付けられてもドライバーがオフにすることもできました。

 

ですが、近年、搭載が任意だったり、ドライバーがオフにできたりするのは危険という声が強まってきたため、義務化されたんです。

 

 

接近音の音量や音楽に関しては、国土交通省・自動車局技術政策課いわく、「56デシベル」で「聞き取りやすい周波数」をいれれば、何でも良いんです。

 

☎音量も上がるそうで?

 

☎はい。例えば20km/hの走行時は56デシベル以上となります。朝日新聞では「56デシベル=エアコンの室外機の音量に近い」と載っていましたね。あくまで朝日新聞が示した例ですけど…。でも、周波数(音の高さ)は聞き取りやすい低い周波数を入れることになります。

 

☎音といっても金属音に近い音など、音の種類もいろいろあると思うんですけど。

 

☎そうですね。例えばトランペットの音でもバイオリンの音でも、56デシベル以上と低い周波数などの条件を満たせば、音の種類は各メーカーに任せることになります。

(引用元:ベストカー)

 

条件を満たせば、どんな音でも良いというのは凄いですよね。

 

さすがにJ-POPなどを設定する自動車メーカーはないと思いますが、クラシックや有名な曲を設定するところはでるかもしれませんね。

 

 

自動車メーカーは、安全性を優先して接近音を搭載

もともと、ハイブリッドは、走行中が静かというところがメリットのひとつで、早朝や深夜はEVモードで静かに走る人もいます。

 

けれど、接近音が義務化されるとこのメリットがなくなってしまいますが、これに関して、自動車メーカーは、どのように考えているのでしょうか?

 

トヨタ自動車に聞いてみたところ…。

 

☎’18年3月からの方向性であり決定事項なので、法規が定めるとおり安全性最優先で粛々と進めていく考えですね。

 

☎HVやEVは音が静かなことが魅力のひとつ。「今回の決定はそれらクルマの魅力が半減しませんか?」と国交省へ聞いたら「企業努力はわかりますけど安全面を考えると静かすぎることは課題と思います」と言っていましたけど?

 

☎そうですか?クルマは生活を豊かに、人を幸せにするという認識なので、怖い思いをさせてはいけないですよね。安全性第一で進化すべきなので、今回の義務化もうなずける部分は大きいですね。

(引用元:ベストカー)

 

このように、自動車メーカーは、便利さよりも、安全性を優先していくということなんです。

 

安全は、すべてに優先することなので、この考え方は素晴らしいですね。

 

 

ちなみに、2018年3月からは、その後に発売される新型車に接近音の搭載が義務付けられますが、現在発売されているHVなどは2020年10月8日から搭載が義務化されます。

 

なので、今販売されていて、その後も継続して販売されるHVなどは、2020年10月8日までに、接近音を装着した新モデルにしないと販売できなくなるんですよ。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ