日産車などが搭載中の「アクティブサウンドコントロール」とは何?

近年、搭載する車が増えてきた「アクティブサウンドコントロール(ASC)」。

 

日産・スカイラインやホンダ・レジェンド、プジョー・308などに搭載されていますが、一体、どのような技術なのでしょうか?

 

『アクティブサウンドコントロールってどんな技術?』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

デジタルの音源をスピーカーで流すシステムです

トヨタ86やスバルBRZ、マツダロードスターには、インテークマニホールドにつないだパイプを車内に入れ、加速時のエンジンサウンドを響かせて走りを楽しくしてくれる「サウンドクリエーター(86、BRZ)」や「インダクションサウンドエンハンサー(ロードスター)」が搭載されています。

 

これは、直接的に生の音を車内に響かせる技術ですが、「アクティブサウンドコントロール」は、デジタル音源をスピーカーで流す技術です。

 

スカイラインに、車内にのみ音を流すタイプのシステムを搭載している日産広報部に聞いてみた。

 

このアクティブサウンドコントロールとはどのようなものなのだろうか?

 

「専用のコンピューターを搭載して、車内のスピーカーからエンジン回転数やドライブモードに応じて、エンジンサウンドの音質を高め、リニアなエンジンサウンドとして聴かせるものです」

 

排気音を増幅させるような仕組みなのだろうか?

 

「市場で好評を得ているクルマの排気音を参考にして、弊社で独自の加速サウンドを定義しました」

 

実際の排気音を増幅させているわけではなく、デジタルの加速サウンドを事前に作成しているようだ。

(引用元:ベストカー)

 

では、なぜわざわざ音を大きくするこのようなシステムを導入しているのでしょうか?

 

「アクセルを踏み込んだ時に聞こえる加速サウンドは、そのクルマのキャラクターをより明確に表現でき、ブランドイメージ向上の一助となると考えています」

 

従来、車両の加速サウンドは、吸気系もしくは排気系で音作りをすることが一般的な手法だったが、音環境の悪化を避けるために昨今強化されている車外騒音規制を鑑みると、それらによる対応では限界があるということから採用された技術だそうだ。

(引用元:ベストカー)

 

排気音は、車の個性であり、車好きには大切なポイントですよね。

 

けれど、騒音規制が厳しくなっている近年の流れに対応しつつ、車の個性を出すために採用されたのが「アクティブサウンドコントロール」というわけなんです。

 

アクティブサウンドコントロールは、BMWのi8にも採用されていて、エンジンから出る音とデジタル音をミックスして、車内外のスピーカーからリアルタイムで迫力あるサウンドを出しているんですよ。

 

 

全く新しい近未来サウンドを生みだす技術も開発されている

EV車(電気自動車)はモーターで走るため、エンジンを積んでいる車のような心躍るエンジン音を出すことはできません。

 

けれど、EV車でも車好きが楽しくなるようなサウンドを生みだす技術の発表がありました。

 

開発したのは、EVスポーツカーのトミーカイラZZを製造しているGLMと、楽器のシンセサイザーで有名なローランドによる共同開発です。

 

今回の技術は、近未来的な音を目指しているため、特定の車の排気音を参考にしたわけではないそうです。

 

プロトタイプ車に試乗したが、エンジン回転が上がる音とも、排気音とも異なる表現が難しい音を奏でていた。

 

このシステムには、ローランド製シンセサイザーのフラッグシップ機と同じ「ビヘイビアモデリングテクノロジー」という音源技術が採用されている。

 

従来技術では回転数を上下させると、音がカセットテープを早回しした時のように、縮められたり、引き延ばされたりして不自然になっていた。ビヘイビアモデリング技術では、この問題を解決していることで、どの回転数でも自然な音色変化になっていたのには驚いた。

(引用元:ベストカー)

 

ちなみに、GMLは、この新技術を使ったサウンドユニットを秋から発売する予定だそうですよ。

 

そして、将来的に整備されるといわれているEV近接音の義務化に合わせて、車外にも音を出せるようなオプションを追加したいと考えいているそうです。

 

 

今のところ、アクティブサウンドコントロールは、賛否両論のある技術ですが、今後、搭載する車は増えていくでしょうね。

 

アクティブサウンドコントロールがどのように進化していくか要注目です。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5,000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

DMM AUTO
【WEBプロモーション】DMM AUTO
 

人に会う必要なし!スマホ一つで査定ができる画期的サービス

スマートフォンで車の写真を撮り、必要事項を入力するだけで愛車の査定が完了する査定サービスです。スマホ一つで査定が完了するので、営業マンなどに会う必要もなく、電話もかかってこないのでかんたんです。愛車の買取相場を知りたい人に最適です。

 

※スマートフォン専用のサービスなので、お手数をおかけしますが、スマートフォンで当サイトにアクセスしなおしてDMM AUTOのサービスを利用してください。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


 

愛車をより高く売る裏技

ユーカーパックは、売り切り価格(最低落札価格)を自分で設定します。

以下のように、ユーカーパックとDMM AUTOの両方を利用すれば、愛車をより高く売ることができますよ。

 

1.DMM AUTO(DMMオート)で査定をする

 

2.ユーカーパックを利用しするときに、DMMオートで表示された査定額を最低売却価格(売り切り価格)に設定する

 

3.ユーカーパックで最低落札価格より高い入札があったら、売却する

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ