自動車税を滞納するとどうなる?督促状→催告→財産差し押さえに

毎年5月になると、恒例の自動車税の納付書が届きます。

 

「今年も来たよ~↓高いなぁ~↓↓」と、思っている人は少ないないはずです。

 

 

そんな自動車税は、払わないと車検を受けることができなくなりますが、滞納した場合はどうなってしまうのでしょうか?

 

自動車税を滞納するとどうなるの?最悪、財産の差し押さえに…』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

1.自動車税を滞納すると、まずは督促状が届く

自動車税は、5月に納付用紙が届いて、納付期限(支払期限)は5月31日となっています。

 

 

自動車税を延滞すると、まず、『督促状』が届きます。(多くの自治体で1か月以内に届きます)

 

また、納付期限を過ぎた時点で(6月1日から)、延滞料金が発生します。

 

 

延滞料金は、最初の1か月間は2.6%で、その後は、8.9%となります。(平成30年の場合。その年によって利率は変わってきます)

 

ただし、1000円未満は切り捨てとなり、1000円以上でも100円未満は切り捨てとなります。

 

 

ですので、仮に、自動車税が39500円で、4か月滞納したとすると、

●最初の1か月(6月分の延滞料)

39500×0.026×30÷365=84円

 

●次の3か月(7,8,9月分の延滞料)

39500×0.089×92÷365=886円

 

●延滞料金

84円+886円=970円


と、延滞料金は970円となりますが、1000円未満は切り捨てなので、実際は0円となります。

 

仮に、支払いを忘れても、延滞料金が発生しないうちに払うようにすれば、ムダな出費を防ぐことができますよ。

 

自動車税を滞納し続けると、まずは督促状が届く

 

 

2.自動車税の督促状が届いても、滞納を続けると催告→財産調査→差し押さえとなる

督促状が届いても滞納を続けると、次は『催告書』(さいこくしょ)が届きます(内容証明郵便)。

 

催告書とは、「期限までに自動車税を払わないと、財産を差し押さえますよ」というものです。

 

郵便で送られてくる以外にも、電話で連絡があったり、直接、訪問してくることもあります。

 

 

催告があっても自動車税を滞納していた場合は、『差し押さえのための財産調査』が行われます。

 

財産調査では、金融機関や勤務先、生命保険会社などに対して、調査が行われます。

 

財産調査は、法律に基づいているので、本人に了解を得る必要がなく行われます。

 

なので、自動車税を滞納し続けると、あなたの許可がなくても、かってに財産調査は行われてしまうんです。

 

 

自動車税を滞納し続けると、最終的に、『財産の差し押さえ』が行われます。

 

差し押さえが行われるタイミング(いつ行われるか)は、「不明」です。

 

というのも、「いつ」というのが分かっていると、財産を隠してしまう人がいるからです。

 

とはいっても、財産の差し押さえを行うには、人件費がかなりかかるので、実際に差し押さえが行われるのは、一般的にかなり後になります。

 

 

ただし、都道府県によって、滞納取り締まり強化月間がある場合があり、その時は、差し押さえが行われる可能性が高くなるんです。

 

例えば東京だと12月に「オール東京滞納STOP強化月間」が設定されており、平成28年には約6000件(うちタイヤロック31件)の差し押さえが行われています。差し押さえは、一般的には銀行口座や給与(額面から税金・社会保険料・交通費をのぞいた額の4分の1)が先で、これらが不可能な場合に保険や自動車、不動産の差し押さえという順になります。

(引用元:ベストカー)

 

このように、都道府県によっては、強化月間があるので、「いきなり差し押さえはないだろうから、滞納し続けよう」と考えるのは危険なので、注意してください。

 

自動車税を滞納し続けると、最終的には財産差し押さえに

 

 

自動車税が払えないなら、担当課に相談を

自動車税を滞納し続けると、滞納のほかにもデメリットがあります。

 

それは、『車検(継続車検)が受けれないこと』です。

 

 

車検を受けるときには、自動車税の納税通知書が必要です。

 

そのため、自動車税を滞納していると、車検が受けれなくなってしまうんです。

 

 

車検が切れている状態で公道を走ると、道交法違反となり、

 

    • 違反点数6点
    • 30日間の免許停止
    • 6か月以下の懲役、または、30万円以下の罰金

 

となるので要注意です。

 

 

 

もし、「生活が苦しくて自動車税が払えない」という理由なら、住んでいるところの自動車税の担当課に相談してみてください。

 

場合によっては、「分納」ができるかもしれませんよ。

 

 

【自動車税の税額】

自動車税(自家用車)の税額
1000cc以下2万9500円
1000cc越~1500cc以下3万4500円
1500cc越~2000cc以下3万9500円
2000cc越~2500cc以下4万5000円
2500cc越~3000cc以下5万1000円
3000cc越~3500cc以下5万8000円
3500cc越~4000cc以下6万6500円
4000cc越~4500cc以下7万6500円
4500cc越~6000cc以下8万8000円
6000cc越11万1000円

 

 

【軽自動車税の税額】

軽自動車税の税額
種 別平成27年3月31日までに所得した場合平成27年4月1日以降に取得した場合始めて車両番号を指定された月から13年越(※)
四輪の軽自動車乗用営業用5500円6900円8200円
自家用7200円1万800円1万2900円
貨物用営業用3000円3800円4500円
自家用4000円5000円6000円
三輪の軽自動車3100円3900円4600円

(引用元:2016年4月から、車齢13年の軽自動車の軽自動車税が大増税

 

自動車税が払えないなら、都道府県の担当課に相談を

 

 

まとめ

自動車税を滞納し続けると、

 

督促状が届く

催告

財産調査

財産の差し押さえ

 

となります。

 

理由もなく滞納すると、延滞料金もかかってしまうので、とっとと払ってしまってくださいね。

 

もし、生活が苦しくて自動車税が払えないなら、自動車税の担当課に相談してください。

 

 

ちなみに、基本的に自動車税は節約できませんが、実は、ちょっとしたワザを使うと、少しだけ得することができるんですよ。

 

税金は、どうせ払わなくてはいけないものなので、少しでも得するように払ってくださいね

 

※車の維持費は、かしこくやれば節約できる

1日100円お得に!ガソリン代や保険代、税金を節約する方法

 

タグ: 

カテゴリ:車の基本 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ