自転車の幼児用座席のシートベルトは着けた方がいい?危険じゃないの?

目安時間:約 6分

車にはシートベルトやチャイルドシートなど、安全を守るためのアイテムが存在します。

 

同じように、自転車にも、チャイルドシート(幼児用座席)やシートベルトがあります。

 

最近の自転車用のチャイルドシートには、ハイバック形(頭まで守ってくれるタイプ)のものがあったり、5点式のシートベルトがついていたりします。

 

 

ただ、バイクなどは、転倒などの万が一のとき、離れるから安全です。

 

では、自転車の場合、転倒したときにチャイルドシートに乗せていると幼児は転がり落ちてしまいますが、危険ではないのでしょうか?

 

自転車の幼児用座席のシートベルトは、ある方が安全?ない方が安全?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

実験結果では、自転車はシートベルトがない方が安全だった

子供を保育園や幼稚園に送り迎えしたり、ちょっとした近場に買い物に行ったりするときに自転車は便利ですよね。

 

とくに最近は、幼児用の座席も発達してきているので、昔よりも幼児を乗せて自転車に乗せるのも楽になりました。

 

けれど、幼児は、思った以上に重たいので、自転車の高い位置に座らせると、バランスが悪くなって転倒する可能性が高くなってしまいます。

 

では、このようなとき、バイクのように投げ出された方が、安全なのでしょうか?

 

それとも、投げ出されず、自転車と一緒に転倒した方が、安全なのでしょうか?

 

 

なんと、実験結果では、投げ出された方が、頭部へのダメージが少なくなったんです。

 

’06年11月に、財団法人 日本交通管理技術協会が、『自転車に同乗する幼児の安全対策及び乗員定員に関する調査研究報告書』というものをまとめているのですが、その調査結果のなかに、シートベルトを着けた場合と、着けなかった場合の実験結果が載っており、着けた場合のほうが、転倒衝撃が分散せず頭部へのダメージが大きくなるという結果だったのです。投げ出された場合は、脚部、腰部、腕部など広範囲に衝撃が分散することで、頭部への衝撃が軽減されていたのです。

(引用元:ベストカー)

 

このように、自転車の幼児座席の安全対策は、シートベルトだけだとかえって怪我のリスクが増えてしまうという結果になったんです。

 

 

この結果をみると、「じゃあ、自転車ではシートベルトはつけない方が安全なんだ」と思うかもしれませんが、一概にそうともいえないんです。

 

幼児は奔放なため、シートベルトをつけないと、バランスが崩れて自転車が転倒しやすくなってしまうんです。

 

また、自転車が走っているときに、幼児が落ちてしまったり、足などを車輪に挟んで怪我したりすることもあるんです。

 

過去には、シートベルトをしていなかった幼児が、自転車が倒れたときに車道に投げだされ、トラックにはねられて死亡したという事故もあったんです。

 

 

このように、自転車のチャイルドシートのシートベルトには、メリットもデメリットもあり、着けた方がいいのか、着けない方がいいのか、はっきり結論づけることはできないんです。

 

 

自転車に幼児を乗せるときは、ヘルメットが最も重要

では、自転車の幼児座席の安全規格(GS規格)を定めている財団法人 製品安全協会は、シートベルトについてどのように考えているのでしょうか?

 

「協会として、定量的に幼児座席のシートベルトを使用した際の事故の受傷率、重症度などをまとめたデータはありません。定説的に5~6歳になると、自転車が転倒する際に、自らかばう動作をするようになるので、その動作を阻害するシートベルトは必要ないのでは?という議論があるのも確かです。しかし、それよりも低い年齢では、かばう動作をする確率が低いため、安易に放り出されることのほうが危険であると考えており、協会や警察では原則シートベルトを着けるように始動しています」

(引用元:ベストカー)

 

このように、製品安全協会は、自転車の幼児用シートに座らせるときは、シートベルトをした方がいいと考えいるんです。

 

そのため、現状としては、ハイバック形(側頭部まで保護する装置がある)チャイルドシートに座らせて、ヘルメット+シートベルトをするというのが、最も安全であると考えられます。

 

とくに、幼児にヘルメットをさせることは、安全対策としてかなり大切なので、ぜひ行ってくださいね。

 

 

ちなみに、小さい子供をチャイルドシートに座らせたまま、自転車を歩道上に停めて買い物をする人を見かけますが、これはかなり危険なので止めてください。

 

自転車のスタンドは、かなり不安定で簡単に倒れてしまいます。

 

自転車が倒れてしまったら、幼児は大けがをすることになるので要注意です。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ