OEM車は特価で販売されやすい。走行距離が短くても下取りは高くならないことも

新車を購入するときは、できるだけお得に購入したいですよね。

 

しかし、少しでも値引き額を拡大させたいからといって、商談方法や購入のタイミングを間違えると大きく損をしてしまう可能性があるんです。

 

そこで、『新車をお得に購入するためのポイント』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

OEM車は特価で販売されやすい

OEMとは、「Original Equipment Manufacturer」の略で、他社メーカーの製品を製造することをいいます。

 

車業界の場合は、「他車メーカーが製造した車を、自社ブランドとして販売する」ことをいいます。

 

OEM供給は、多くのメーカーで行われていて、軽自動車のOEM供給はかなり盛んなんですよ。

 

 

ではなぜ、各メーカーはOEM関係を結ぶのでしょうか?

 

 

OEM車を提供するメーカー(供給元)は、他社にOEM供給することで生産台数を増やすことができるのがメリットで、提供を受けるメーカー(供給先)は、開発や生産コストをかけずにラインナップを増やすことができるのがメリットです。

 

両方のメーカーにメリットがあるため、OEM関係を結ぶんです。

 

 

しかし、同じ車ならオリジナル車を購入するほうがいいように思えますが、OEM車を購入するメリットは何でしょうか?

 

 

たとえば、スズキ・スペーシアのOEM車「マツダ・フレアワゴン」の場合。

 

マツダは、マツダのオリジナルモデルの本体値引き拡大を抑える売り方をしています。

 

そこで、「何か特価車はありませんか?」と尋ねるとOEM車を紹介されるんです。

 

OEM車でも、本体値引きが固定されていることが多いんですが、上手に商談を行えばかなり好条件が引き出せるんです。

 

 

また、基本的にOEM車の価格は、オリジナル車と同じ価格に設定されます。

 

OEM車を購入するときは、OEM元とOEM先の両方で見積もりを出してもらい競合させます。

 

すると、決算期などの増販期では、OEM先の方が安くなる可能性が高いんです。

 

メーカーにこだわりがない場合は、OEM車を購入するほうがお得なんですよ。

 

 

末期モデルの在庫車は、買い時の判断が難しくなっている

末期モデル車は、「値引き額が拡大するため狙い目」といわれます。

 

ですが、最近は末期モデル車の買い時を、見極めるのが難しくなっているんです。

 

 

昔は、とにかく売り切るまでは値引きの拡大が続いていたため、粘ればかなりの好条件で末期モデル車を購入することができました。

 

しかし、最近は新車販売店の方針が変わってきていて、ある程度在庫が販売した段階で残った在庫車を自社で登録し、未使用中古車として売り払うようになっているんです。

 

 

販売店側は、ダラダラと値引き拡大して売るより効率的と判断し、未使用中古車にします。

 

そのため、できるだけ値引きを拡大させようとして購入を長引かせると、「在庫がない」ということになってしまうんです。

 

 

年末商戦で狙い目なのは「在庫車」

年末商戦で新車をお得に購入するには、在庫車をメインに商談するのがおすすめです。

 

なぜなら、在庫車は、すでに販売店に存在する車両なので登録さえ済ませれば、すぐに販売実績にすることができます。

 

販売店は、年末までにできるだけ登録を済ませたいと考えているため、値引き条件が拡大するんです。

 

 

年末商戦の初回商談で、「おすすめの車はなんですか?」と質問し、営業マンがすすめてくる車は在庫車です。

 

そのため、値引き拡大がかなり期待できるんです。

 

値引き額の上乗せ交渉だけでなく、用品値引きや下取り査定額の上乗せも交渉すれば、破格の好条件を獲得できますよ。

 

 

下取り車の走行距離が少ないからといって、高額査定になるとはかぎらない

下取り車の査定額を決める要素はいくつかあります。

 

・走行距離

・年式

・車両の状態(内装・外装)

・事故歴

 

などですが、なかでも走行距離を気にする人は多いです。

 

 

昔は、年間走行距離10,000km程度が標準的な走行距離とされていましたが、最近では「年間走行距離8,000km程度」が標準的になっていて、昔より少なくなってきています。

 

ですが、走行距離が少なければそれでいいというわけではないんです。

 

 

たとえば、HVなどは、走り過ぎても走らな過ぎでも、二次電池のコンデションが悪くなります。

 

その二次電池のコンデションの見極めが難しく、査定するときの悩みの種になっているんです。

 

ほかにも、SUVはどんなに過走行車でも、海外バイヤーの目にとまれば高額な買取り額が提示されますし、低走行車でも市場で人気がない車両ですと買取額は低くなってしまうんです。

 

 

このように、お得に新車を購入するためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

ポイントを押さえて、お得に車を購入してくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ