売却した後、車はどうなるの?査定額は売却先で大きく違います

車は、長く乗れば乗るほどに愛着がわいてきますよね。

 

 

そんな愛車を手放すときは、愛車のその後が気になる人も多いです。

 

多くの車は、中古車として再販されますが、すべての車が中古車として販売できるわけではありません。

 

廃車になってしまう車もあれば、輸出されたり、使える部品をリサイクルパーツとして再販売されたりするんです。

 

 

一方で、愛車をうるときに、行く末を想定して売却先を決めないと、大きく損をすることがあるんです。

 

そこで、『愛車は売るときは、行く末を考えてから手放そう。査定はできるだけ多くのお店で』についてお話しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

愛車の査定額は、売却先よって大きく異なる

車の売却先となるお店は、一般的に

 

・メーカー系新車ディーラー

・中古車販売店

・中古車買取専門店

 

があります。

 

 

お店の特徴がそれぞれ異なるため、車を売る前に特徴を理解しておくことは大切です。

 

というのも、車をどこで売るかによって、査定額に大きな差がでることがあるので、高く売りたいなら売却先は慎重に選んだほうがいいんです。

 

車の売却先となるお店の特徴を説明しますね。

 

 

メーカー系新車ディーラー

最近では、メーカー系新車ディーラーでも、買取り事業を強化していますが、やはり新車購入に伴う下取りがメインとなります。

 

 

昔は、「新車販売の後方支援部隊」などともいわれていて、当該車両の“現状価値”を判断した査定額に、新車の値引き不足分を採算度外視で上乗せして下取りしていました。

 

一方、現在は、下取り車の“再販価値”を加味して査定しているため、細かい傷などによる原点も厳密に行われるようになってます。

 

 

とはいえ、厳しく算出した査定額でも、新車購入の商談が進む過程で値引き支援として、査定額が段階的にアップしていくことがあります。

 

新車を購入するときは、下取り車は早期に売却しないで、商談後半まで手元に置いておき、商談の駆け引きの材料として有効活用するといいですよ。

 

 

商談に入る前に車買取店の査定を受けて、商談で査定額を競わせると、下取り査定額がアップすることも多いです。

 

 

中古車販売店・車買取専門店

最近は、車買取専門店も中古車販売を強化してきています。

 

しかし、新車ディーラーとは異なり、下取りではなく買取りがメインとなっています。

 

 

車買取専門店では、中古車市場の人気を反映して買取り額を提示するため、人気車種ほど車買取専門店に出すメリットは大きいです。

 

また、買取り金額の提示に駆け引きはなく、一発で好条件が提示されることが多くなっています。

 

 

ただ、提示された査定額は、今現在の価値判断となるため、買取りが決まるとすぐに手放すことが前提となっています。(車買取専門店によっては、新車が納車されるまで乗り続けてもいいということもあります)

 

 

新車購入商談の後半で下取り査定が伸び悩むようなら、作戦を切り替えて車買取店への売却を検討するのがおすすめです。

 

上でお話ししましたが、車買取店の査定を受けて、買取り額が好条件だったら、下取り査定額と競い合わせる方法は、下取り査定額アップに効果的ですよ。

 

 

「持ち込むのがめんどくさい」

「できるだけ高く売りたい」

 

という人は、車買取一括査定サービスを利用して、中古車買取店の査定を吊り上げてから下取り査定を受けると高く売れますよ。

 

 

 

査定時は、どこをチェックしているの?

愛車の高額査定を狙うなら、まずは査定基準となる項目やポイントを理解しておくことは大切です。

 

チェックポイントを把握した上で、愛車のアピールポイントを見つけてください。

 

 

査定士が確認する項目は、「年式」「走行距離」「事故歴」です。

 

下取りでも買取りでも、再販を強く意識して査定するため、「再販価値が高いか低いか」が査定額のポイントになるんです。

 

高年式で低走行車、事故歴のない車ほど、高額査定が提示されますよ。

 

 

次に、以下の3点も厳しくチェックされるので覚えておいてくださいね。

 

 

外装(キズ、汚れ、ボディカラー)

ボディに傷やへこみがあると、査定額は減額してしまう可能性が高いですが、わざわざ修理する必要はありません。

 

修理したことで査定額が上がったとしても、修理額のほうが高くついてしまう場合があるからです。

 

 

査定士は、査定のプロなので、事故歴やキズなどは隠しても、すぐに発見されちゃいます。

 

傷やへこみは、下手に直さずそのまま査定に出したほうが、いい結果になりますよ。

 

 

また、車を売るときに査定額に影響するのが、“ボディのカラー”です。

 

人気色の黒やパールホワイトは、査定額がグンと上がります。

 

一方、赤系などの個性的なボディカラーは、下取り査定、買取り査定とも伸び悩む傾向にあります。

 

 

車を買うときに、「別にボディカラーはなんでもいい」という人は、売るときのことを考えて「白」や「黒」を買っておくと売るときに高く売れますよ。

 

 

内装(シート、フロアマット)

内装は、状況に関係なくルームクリーニングを行うため、評価はほぼ均一に査定されますが、それでも内装はできるだけきれいにしておく方がいいです。

 

カーナビなどの装備も、しっかり動くかチェックされます。

 

カーナビを取り外した場合は、当然オーディオレスなるので減点対象となってしまいますよ。

 

 

エンジン周り

エンジンは、始動させてコンディションを確認します。

 

査定額などには影響しませんが、エンジンルームにクモの巣が張っていると悪い印象を与えてしまうことがあります。

 

見えるところだけでもきれいにしておくと、営業マンの心象はよくなりますよ。

 

 

 

このように、査定を受ける前には、ボディのみを洗車するのではなく、車内の掃除機かけたり、マットを洗ったりしておくと査定士の印象が良くなります。

 

少しでも高く売りたいなら、かんたんでいいので車をきれいにしてあげてくださいね。

 

 

ちなみに、新車ディーラーでは、年度末などのセール期間に、一律数万円単位での下取りアップキャンペーンが展開されます。

 

低年式や過走行車で下取り査定がつかないような車は、キャンペーン中に売却するとお得ですよ。

 

 

 

売却された車は、中古車として売られるほかにどうなるの?

買取りされた車の多くは、中古車として再販売されます。

 

しかし、すべての車が中古車として店頭に並ぶわけではなく、様々なルートで再利用されます。

 

だからこそ、低年式車や過走行車、事故車にも価値があるので、買取りしてもらうことができるんですよ。

 

 

売却した後に、中古車として売られる以外に、あなたの車がどうなるか、かんたんに紹介しますね。

 

 

部品として利用される

最近の車は品質がいいため、車両の一部がダメになってもほかの部品はまだ使えることが多いです。

 

解体業者によってバラバラにされて、その後、専門業者が仕入れを行いリサイクルパーツとして活用されます。

 

 

また、すでに製造が終わってしまった旧車などは、部品もぎ取り用に丸々1台がそのまま販売されることもあります。

 

旧車などは、部品の在庫が少ないので、思わぬ高額で査定されることがあるんですよ。

 

 

オークションに流される

買取りした車は、オークションに流されることもあります。

 

ただし、オークションは参加免許がないと出入りできない場で、いわゆる業者間取引の場所です。

 

 

新車ディーラーの下取り車でも、オークションに流されることがあります。

 

下取り車がオークションに流されるのは、得意でないジャンルの車を引き取った場合や、長期在庫を嫌って資金繰りのために手放すときです。

 

 

海外輸出される

日本製の自動車は、信頼性が高いため、日本車ならどんなボロでも海外で中古車として販売されます。

 

 

東南アジアやアフリカ、ロシアなどに輸出されることが多いんですよ。

 

解体車からの部品も、海外に輸出されています。

 

 

評価されなかった車もスクラップでお金になる

車は鉄の塊です。

 

鉄以外にも、アルミや銅なども使われています。

 

これらをリサイクルすることで、素材としての価値を生み出しています。

 

 

素材としてならどんなにボロくても関係ないため、「廃車でも2万円で引き取ります」という車買取専門店がよくあります。

まとめ

事故車や不動車など、中古車として販売できない車でも、海外や部品には価値が残されている事があります。

 

しかし、売却先によって得手不得手があります。

 

 

愛車の本当の価値は、できるだけ多くの店を回って査定を受けなければわかりません。

 

車の乗り換えをするは、購入することにだけ力を注ぐのではなく、売却にも力を入れてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ