低年式車も買取してもらえるの?買取できる理由とは…

目安時間:約 4分

かつて、低年式車・多走行車は、価値がないといわれ、買い替えの時には廃車になることがほとんどでした。

 

けれど、近年は、価値が見直され、車買取店などで高額買取されるようになりました。

 

ですが、低年式車が買取されるという事実は広がらず、いまだに

「低年式車は廃車にするしかない。売れても二束三文」

という認識の人が多いです。

 

なので、『低年式車・多走行車も買取してもらえます。その理由は…』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

低年式車・過走行車には十分な価値があります

低年式車・過走行車にもさまざまなものがあり、クラシックカーなどは価値があるのは誰でも分かると思います。

 

ですが、クラシックカーではない普通の低年式車・過走行車も、十分価値があるんです。

 

 

その理由の一つが、日本車は海外で大人気という点です。

 

海外では、“車=働く乗り物”という認識が強いため、高性能で頑丈な日本車が人気なんです。また、最近は、“日本車=ブランド”という認識の国も増えているんです。

 

なので、日本では人気のない低年式車・過走行車ですが、海外では需要がたくさんあるというわけなんです。

 

 

さらに、仮に車として売ることができなくても、部品やパーツとして販売することができるんです。

 

車は、年や走行距離を重ねるといろいろな部分が劣化してきますが、意外にもあまり消耗しない部品もあるんです。なので、低年式車の中にも、使える部品はたくさんあるんです。

 

とくに、エンブレムやアルミホイール、エアロパーツ、カーナビなどは、それだけで価値がつき高く売ることができるんです。

 

また、エンジンの種類によっては、オーバーホールするだけで海外で数十倍の値段で売れる場合もあるんですよ。

 

このように、車として売ることができなくても、部品として再利用することができるんです。

 

 

低年式車は関税が安くなる!?

通常、物を輸出する場合は関税がかかります。

 

ですが、低年式車を輸出する場合、国によっては関税が安くなる所があるんです。なかには、『〇〇年以上経った低年式車は、関税がかからない』という国もあるんです。

 

なので、買取店も低年式車を買取しても、関税がかからない国に輸出すれば、十分利益をあげられるというわけなんです。

 

このように、低年式車・過走行車は、

 

・海外で人気が高い

・部品としても高く売ることができる

・関税が安く(なしで)輸出することができる⇒利益を多く出せる

 

ため、買取店は高く買取ってくれるんですよ。

タグ: 

カテゴリ:車の売買の基本 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ