日本は車にかかる税金が高い。ドイツの約3倍、アメリカの約30倍にも

車には、買ったときや所有しているとき、走行するために必要な燃料を購入するときなどに、多くの税金がかかってきます。

 

あまりに税金が高すぎて、車の所有が負担になることもあります。

 

都市部に住む人や、若い世代の人は、維持費が高すぎて車を購入しない人も増えてきました。

 

一体、車には税金がどのくらいかかっているのでしょうか?

 

そこで、『車にかかる税金はどのくらい?』についてお話ししますね。

 

日本は、車にかかる税金が高いことが良くわかりますよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 ならこのサービスの利用がコツ
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

このサービスを使えば、数十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

車を12年間所有すると、100万円以上の税金がかかる!?

車を購入&所有すると、多くの税金がかかってきます。

 

購入したときは、

 

・自動車取得税が3%

・消費税が8%

 

がかかってきます。

 

さらに、車検のたびに

 

・自動車重量税が2500円~75,600円(0.5t刻み、車齢などによる)

 

がかかります。

 

毎年4月には、

 

・自動車税29,500円~111,000円(排気量による。軽自動車は軽自動車税10,800円)

 

がかかってきます。

 

そのうえ、走行するためには燃料(ガソリン、軽油、LPガスなど)が必要で、燃料には

 

・ガソリン税53.8円(ガソリン1Lあたり)

・軽油引取税32.1円(軽油1Lあたり)

・石油ガス税17.5円(LPガス1kgあたり)

 

がかかり、

 

・消費税(ガソリン本体価格+燃料にかかる税金にかかかる)

 

がかかってきます。

 

 

たとえば、排気量1800ccで、車両重量が1.5トン以下、車両本体価格180万円の車を購入、年間1000Lガソリンを使用し、ガソリン価格は130円、消費税8%とすると、

 

・(購入時に)自動車取得税が5.4万円

・(購入時に)消費税が14.4万円

・(毎年)自動車税が3万9500円

・(購入時と車検時に)自動車重量税1万2300円/年

・ガソリン税が5万3800円

・(ガソリンにかかる)消費税が1万400円

 

もかかってくるんです。

 

 

この車を12年所有したとすると、

 

・車体課税(自動車取得税、自動車重量税、自動車税)の合計は67.5万円

・ガソリン税の合計は64.6万円

・消費税(ガソリン)は12.5万円

 

もかかってきて、約150万円近くも税金として払うことになるんです。

 

ちなみに、海外の車体にかかる税金は、

 

一例だがイギリスでは32.2万円、ドイツでは23.5万円、フランスでは4.9万円、アメリカでは2.2万。何と日本はその約2倍~30倍だ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

と日本よりも圧倒的に安いんです。

 

このように、車の購入&所有には多くの税金がかかってくるんです。

 

 

ほぼ100%の人が、車の税金を負担と感じている

では、日本のドライバーは、これら税金をどのように感じているのでしょうか?

 

2016年にJAFが行った調査によると、ほぼ100%の人が自動車にかかる税金を負担と思っているんです。

 

JAFが昨年、ユーザーに行った調査では98%がこれら自動車関連の税金を「負担に感じる」としており、自動車重量税は「即刻廃止してほしい」が48%、「税額低減を」が49%と、97%が改善を望んでいるのだ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

そもそも1968年に自動車重量税は作られましたが、元々は国の道路整備のための税金で「道路特定財源」でした。

 

けれど、2009年に「一般財源」化されたので、“道路補修整備のため”という課税の根拠はすでにありません。

 

そのうえ車両重量税やガソリン税は、暫定税率(当分の間の措置)として税額が重くなったままになっています。

 

ガソリン税に消費税がかかっている「タックス・オン・タックス」も、違法なのではと大きな問題となっています。

 

 

日本の財源が厳しいのは分かりますが、税金をかける根拠、法に違反する可能性がある疑わしい税金のかけ方、正しい税金の使い方、諸外国と比べたときの税金の高さになどについて国が見直し、国民にしっかり説明して理解を得ることが、とても重要なことですよね。

 

近年は、若者のクルマ離れがいわれていますが、税負担を軽くしないと、ますますクルマ離れが加速することは間違いありません。

 

車は、日本の主要な産業の一つです。

 

車産業を衰退させないためにも、車にかかる税金をもう一度、見直してほしいですね。

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

楽天 無料愛車一括査定
 

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらえますよ。楽天が運営しているので安心です。

ユーカーパック
ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式車買取サービス

「電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。ただし、最低落札価格以上の入札があったら、絶対に売らなくてはいけないので注意


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ