人気車のフリード、ヴェゼル、N-BOX、インプレッサの弱点

どんな車にも弱点があり、「ここが変わると、もっと良くなるのになぁ」と思うことがありますよね。

 

売れている車も弱点はありますが、弱点をカバーするくらいの長所があるので人気となっています。

 

ただ、どうせなら弱点を知っておいたほうが、あとで後悔がありません。

 

そこでこれまで複数回にわたり、『売れている車の弱点』についてお話ししています。

 

※どんな車にも、弱点があります

売れている人気車の弱点。C-HRやプリウス、シエンタのデメリットとは?

 

※アル/ヴェルは、弱点がほとんど見当たらない

人気車の弱点。アルファード/ヴェルファイア、セレナ、ノートe-POWERのデメリット

 

今回も続きとして、『フリード、ヴェゼル、N-BOX、インプレッサの弱点』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

ホンダ・フリード&フリードプラスには、安全装備に不満がある

好調な販売を見せているコンパクトミニバンのフリード&フリードプラス。(フリードは3列シート、フリードプラスは2列シート)

 

2016年12月の販売台数は8838台で、全販売台数の約60%以上が1.5Lハイブリッドなんですよ。

 

 

そんなフリード&フリードプラスの弱点は、安全装備に不満があり、オプションで付けるにも高いところです。

 

ホンダといえばエアバックを真っ先に採用するなど安全性を重視してきた。なのにフリードどうよ!アクセルレスポンスが不満なハイブリッドじゃなく普通のエンジンを選ぶとしよう(動力性能も1.5L優勢)。安全を考えサイド&カーテンエアバック付けようとしたら、あまり魅力的だと思えないコンビシートとセットになり23万2200円も高くなってしまう。全グレード標準装備しているスバルを見習うべき。

(引用元:ベストカー)

 

このように、フリード&フリードプラスには、

 

・ハイブリッドは、アクセルに対する反応がイマイチ

・カーテンエアバックがついてないなど、安全性に不満がる

・カーテンエアバックをつけようとすると、かなり割高

 

という弱点があります。

 

それでも人気というのは、室内が広くて使い勝手が良いからなんでしょうね。

 

 

ホンダ・ヴェゼルの弱点は、SUVでも悪路走破性は低く、乗り心地も硬いところ

大人気SUVのホンダ・ヴェゼル。

 

2014年から2016年まで、SUVクラスの年間新車販売台数No.1を獲得しました。

 

2016年12月の販売台数は4883台で、約70%がハイブリッドなんですよ。

 

 

そんなヴェゼルの弱点は、乗り心地が硬いなどです。

 

4WDの最低地上高は170mmにとどまり、悪路のデコボコを超える時に不安が伴う。4WDの機能も悪路向けではない。乗り心地は発売当初の粗さを抑えたが、市街地では今でも少し硬い。HVの動力性能は高いが、4WDのJC08モードは売れ筋グレードだと23.2km/L。自然吸気エンジンと比べて燃費向上率が22%と低い。コンパクトSUVでも全幅は1770mmと広く後方視界も良くない。後席のドアノブは高い位置に装着されて使いにくい。

(引用元:CARトップ)

 

このように、ヴェゼルには、

 

・SUVなのに悪路走破性は低い

・4WDも悪路向けじゃない

・乗り心地が硬い

・ノーマルエンジン車と比べて、ハイブリッド車の燃費はそれほど良くない

・コンパクトSUVながら、全幅が広い

・後方視界が悪い

・後席のドアノブは使いにくい

 

という弱点があります。

 

それでもコンパクトSUVながら室内空間がかなり広く、使い勝手が良いところが人気の秘密なんでしょうね。

 

 

ホンダ・N-BOXの弱点は、パワー不足なところなど

大人気の軽自動車で、2016年は、軽自動車クラスで販売台数ラインキング1位となったホンダ・N-BOX。

 

パワーユニットは、

 

・自然吸気エンジン(NA)

・ターボ

 

の2種類があります。

 

 

そんなN-BOXの弱点は、NAエンジンは動力不足なところなどです。

 

車両重量が売れ筋グレードで950kgに達するので、自然吸気エンジンは幅広い回転域で力不足となる。全高は1780mmで高重心だから、安定性を確保するために操舵感が鈍く、峠道では曲がりにくい。後席のスライド機構はライバル車は標準装備だが、N-BOXは3万2400円のオプションだ。しかも装着すると荷室の床が65mm高まり、荷物の収納性が悪化する。緊急自動ブレーキは歩行者を検知せず、フタの付いた収納設備も少ない。

 

(引用元:CARトップ)

 

このようにN-BOXには、

 

・NAエンジンは動力不足

・ハンドルに対する反応が鈍いため、曲がりにくい

・後席のスライドドアはオプション。しかも、つけると荷室が狭くなる

・緊急自動ブレーキは、歩行者を検知しない

・収納設備に不満

 

というデメリットがあるんです。

 

それでも、販売台数ランキンNo.1だったというのは、すごいです。

 

N-BOXには、デメリット以上のメリットがたくさんあるということですね。

 

 

スバル・インプレッサの弱点は、エンジンのラインアップを増やしてほしいところ

フルモデルチェンジしたばかりのスバル・インプレッサ。

 

2016年の販売台数は、新型のみで3492台でした。

 

 

そんなインプレッサの弱点はほどんどないのですが、エンジンのラインアップを増やしてほしいところです。

 

スバル車なら当たり前のように存在してきた「ハイパワーエンジン搭載車」がない。こう書くと「先代インプレッサからWRXと普通のモデルに分けたからしかたない」というスバルファンも多いかもしれません。されど今や普通のインプレッサと、NAエンジンに換算すれば4L程度のトルク出すWRXの「隙間」が大きくなりすぎてしまった。3L級のスポーティモデルがひとつあれば、インプレッサも華やかになると思う。

(引用元:CARトップ)

 

このようにインプレッサは、エンジンの種類が増えればいいといわれています。

 

けれど、ほとんど弱点がないというのは、すごいですね。

 

 

このように、人気の車にも、弱点はあります。

 

それでも人気なのは、弱点を補ってあまりある長所がたくさんあるからなんですね。

 

次回も、続きとして、フォレスターやデミオなどの弱点についてお話ししますね。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ