オープンカーの言い方。なぜスパイダーやロードスターなど呼び方があるの?

近年、国産オープンカーに勢いがあります。

 

・2015年6月に発売が予定されている新型マツダ・ロードスター

・4月2日に正式発売されたホンダ・S660

・2014年11月に新型のコペンXPALY(エクスプレイ)が発売されたダイハツ・コペン

 

など、話題も豊富です。

 

※新型ロードスター情報はこちらを参考にどうぞ

新型ロードスターは歴代と比較して運転する楽しさは進化したか?

 

※また、2014年11月に発売されたコペンXPALY(エクスプレイ)に関しては、こちらのサイトを参考にどうぞ

コペンローブとXPLAYは何が違う?価格やスペックは全て同じ…

 

 

そんなオープンカーですが、実は、色々な呼び方があるのをご存知ですか?

 

どのような呼び方があるのか、紹介しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

オープンカーには色々な呼び方がある

今、日本で熱いオープンカー。

 

マツダ・ロードスターが正式に発売されれば、さらにオープンカーへの注目が集まりそうですね。

 

そんなオープンカーには、色々な呼び名があります。

 

一つずつ紹介していきますね。(ただし、昔ほど定義が厳密ではないので、その点はご了承くださいね)

 

 

≪ロードスター≫

ロードスターという名前は、基本的にスポーツタイプの2シーターオープンに使われます。

 

けれど、MINIロードスターのようにスポーツタイプではない例外もあります(2シーターは守っていますが)。

 

日本でロードスターといえば、マツダ・ロードスターが超有名ですね。

 

 

≪カブリオレ≫

カブリオレという言葉はフランス語ですが、ドイツ車が好んで使う呼び方です。

 

由来は“馬車”から来ています。

 

最近は、カブリオを使うことも多くなり、世界的にカブリオレが使われるようになりました。

 

 

≪コンバーチブル≫

コンバーチブルは、アメリカ車やイギリス車が好んで使う呼び方です。

 

2シーターでも4シーターでも、何でもありの呼び方です。

 

日本車は、アメリカ車の影響を大きく受けていたため、かつては日本でも好んで使われました。

 

ちなみに、コンバーチブルは英語です。

 

 

≪スパイダー≫

スパイダーという名前は、スポーツカータイプで使われることがほとんどで、ルーフのない低いフォルムがクモを連想させることからつけられました。

 

スパイダーという言葉は英語ですが、イタリア車が積極的に使っています。

 

 

≪フェートン≫

今ではあまり使われなくなったのが、フェートンです。

 

元々は4ドア4シーターのオープンカーに使われることがほとんどでしたが、今では色々な車に使われるようになりました。

 

 

≪ドロップヘッドクーペ≫

ドロップヘッドクーペは、イギリス流の呼び方です。

 

ロールスロイスは、今でも伝統的にドロップヘッドクーペを使用しています。

 

 

≪バルケッタ≫

バルケッタは、イタリア語で小舟という意味です。

 

そのため、オープンスポーツカーの総称として使われています。

 

イタリアは、ボディ形状やボディタイプがそのまま車名になることが多く、小さなオープンカーという意味をそのまま車名にしたのがバルケッタです。

 

 

≪ヴォランテ≫

ヴォランテは、イタリア語でステアリングという意味です。

 

けれど、アストンマーチンの場合は、オープンカーを意味しているんですよ。

 

 

オープンカーには、このように様々な呼び方あります。

 

それぞれ、ルーツや伝統があるんですね。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5,000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

DMM AUTO
【WEBプロモーション】DMM AUTO
 

人に会う必要なし!スマホ一つで査定ができる画期的サービス

スマートフォンで車の写真を撮り、必要事項を入力するだけで愛車の査定が完了する査定サービスです。スマホ一つで査定が完了するので、営業マンなどに会う必要もなく、電話もかかってこないのでかんたんです。愛車の買取相場を知りたい人に最適です。

 

※スマートフォン専用のサービスなので、お手数をおかけしますが、スマートフォンで当サイトにアクセスしなおしてDMM AUTOのサービスを利用してください。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


 

愛車をより高く売る裏技

ユーカーパックは、売り切り価格(最低落札価格)を自分で設定します。

以下のように、ユーカーパックとDMM AUTOの両方を利用すれば、愛車をより高く売ることができますよ。

 

1.DMM AUTO(DMMオート)で査定をする

 

2.ユーカーパックを利用しするときに、DMMオートで表示された査定額を最低売却価格(売り切り価格)に設定する

 

3.ユーカーパックで最低落札価格より高い入札があったら、売却する

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ