新車購入の商談で、諸費用カットを要求するベストタイミング

新車を購入するときは、車両本体価格だけでなく、いろいろな費用がかかってきます。

 

その一つが、「諸費用」です。(諸費用とは“代行費用”のことです)

 

昔から、商談で値引きの定番として「諸費用カット」がありますが、この諸費用カットは、要求するタイミングを間違えると、値引きが悪くなってしまうことがあるんです。

 

そこで、『商談で諸費用カットを要求するベストタイミング』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

車庫証明代行費用は、カットできない場合もある

諸費用のカットに該当するのは、

 

・車庫証明取得代行費用(車庫証明費用)

・納車費用

 

の2つがあります。

 

 

このうち、車庫証明取得費用とは、自分が住んでいるところを管轄している警察署へ行き、車庫証明の申請と交付を、販売店の営業マンが代行するための費用です。

 

車庫証明の申請にかかる費用は、注文書の法定費用に入っています。

 

そのため、代行費用は、あくまでも営業マンが代行するための手数料になります。

 

 

 

これまで車庫証明代行費用のカットを交渉するときは、「自分で申請して、所得するので…」が、お決まりの言葉でした。

 

けれど、近年は、OSS(ワンストップサービス)と呼ばれる車両登録制度を採用していて、諸費用のカットができないことがあるんです。

 

 

OSSは、新車登録にかかる手続きをネットでできるようにして、登録手続きを迅速化させる目的があります。

 

OSSを採用している地域ではかかる代行費用のすべてが「OSS代行費用」で形状されてしまうので、カットすることができないんです。

 

新車を購入するときに、見積書の記載がOSS代行費用となっていたら、諸費用カットはあきらめて、別の部分で値引き条件アップを狙ってくださいね。

 

 

ただし、軽自動車は、OSSの対象外なので、車庫証明書を自分で取得すれば、車庫証明代行費用をカットすることができます。

 

軽自動車の車庫証明は、事後申請でもOKな場合も多いんですよ。

 

 

ただ、車庫証明を自分で取得するとなると、申請書類と交付された書類を受け取るために、最低2回は平日に警察署へ行く必要があります。

 

平日に2回も行くのは会社勤めしている人にとっては、大変ですよね。

 

平日に行くのが大変な人は、販売店に代行を頼むほうが合理的なことも多いです。

 

自分のライフスタイルと照らし合わせて、代行を頼むかどうか判断してくださいね。

 

 

納車費用は、印象操作に使われるケースがあるので注意

納車費用は、納車のときに新車を自宅まで届けてもらうための費用です。

 

「新車は、販売店での納車でOKです。販売店に引き取りに行きます」といえば、簡単に納車費用はカットできますよ。

 

 

ただし、近年は、販売店納車が多くなっているので、初めから納車費用を見積もりに載せてない販売店もあります。

 

また、あえて納車費用を見積もりに載せておいて、頃合いを見計らって営業マンが納車費用のカットを申し出て、値引きが拡大したように見せてくる“印象操作”をしてくることもあります。

 

納車費用をカットしたからとっても、値引き交渉の手を休めないでくださいね^^

 

 

地域特有の諸費用は、営業マンに確認を

諸費用の中には、地域特有のものも存在することがあります。

 

気になった諸費用は、営業マンになんのための費用か確認して、カットできるものならカットしてください。

 

営業マンもトラブルを避けるために、「この項目はカットできますよ。」といってくれるので、しっかり聞いてくださいね。

 

 

諸費用カットの要求は、商談の詰めのタイミングがベスト

諸費用のカットは、メインの値引きではなく、サブ的な値引きです。

 

新車の商談でメインとなる値引きは、

 

・車両本体値引き

・用品値引き

・下取り査定額の上乗せ

 

です。

 

なので、まずはメインの値引きの商談を行い、契約の少し前くらいに諸費用カットを交渉するといいですよ。

 

 

初回の商談でいきなり諸費用カットを交渉すると、営業マンに「めんどくさそうなお客さんだなぁ」と思われて、そのあとの値引き交渉で条件が伸び悩んでしまうこともあります。

 

「諸費用のカットは、値引き交渉の詰めの段階で」ということを覚えておいてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ