納車での3つの注意点。受け取るだけだと後でトラブルになることも

新車購入の商談が無事に終わり、注文書にサインをすると、安心してしまう人が多いですが、新車購入で最も神経を使うのは納車なんです。

 

納車は、単に新車を受け取るだけでなく、確認することがたくさんあります。

 

そこで、『納車で気を付けたいポイント』についてお話ししますね。

 

納車が無事に終わるまでは、油断しないでくださいね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

納車とは単に車を受け取るだけではない

お店で販売している多くの商品は、店頭で現物をチェックし、納得したらその場で購入して、持ち帰ることができますよね。

 

しかし、新車は契約が成立しても、その日に車を持ち帰えることはできません。

 

 

新車は、登録や届け出など、ナンバープレートを取得するための申請や交付に時間が必要です。

 

在庫車の場合でも、ナンバープレート取得の期間は待たなくてはいけませんし、工場への受注生産車の場合はさらに時間を要します。

 

そのため、購入した新車を引き取りに行くことの「納車」は、一種の儀式のようなものになるんです。

 

 

というのも、納車は単に車を引き取りに行くだけではないんです。

 

新車は、家電製品のように、工場から箱に包まれて販売店に届くわけではないので、外装の傷や装備品など、確認項目がたくさんあります。

 

 

営業マン立ち合いの下、一つ一つ不備がないか確認してから受け取ってください。

 

面倒だからと確認を怠って、後日になって不具合を発見しても、納車後に発生した不具合の可能性もあるため、トラブルになってしまいます。

 

後で後悔しないように、しっかり確認することが大切なんです。

 

 

ナンバープレートの付け間違いもあるので、車両と書類の確認をしっかりすること|ポイント1

昔は、自宅まで来てもらって納車するのが一般的でしたが、今は販売店の店頭で納車を行うのが当たり前になっています。

 

仮に、自宅まで新車を持ってきてもらう場合でも、納車時の確認事項は同じです。

 

 

まず車両のチェックをする前に、車検証や自賠責保険証券などの書類の確認をしてください。

 

なぜなら、車両のチェックが終わるとそれで満足してしまい、書類のチェックを適当にしてしまう人が多いからです。

 

 

車検証は、所有者もしくは使用者欄の氏名、住所に記載ミスがないか確認します。

 

自賠責保険証券も同様に、氏名と住所の確認をして、自分のものであることを確認してください。

 

 

次に、エンジンルームやドア内側に打刻されている「車台番号」が車検証と同じか確認します。

 

さらに、車検証と車両登録番号(ナンバープレート)に違いがないかも確認してください。

 

 

めったにないことですが、他車のナンバープレートが付いていたり、希望ナンバーをお願いしていたのに、通常の番号のナンバープレートがついていたりするがことがあります。

 

一般的にはあまり起きないことですが、しっかり確認してくださいね。

 

 

頼んだ通りのオプション品が付いているかを確認。口約束のオーダーの場合は未着なことがある

納車では、オプション品が注文通りに装備されているか、そして確実に作動するかを確認します。

 

 

最近は、メーカーオプションもディーラーオプションもラインアップが多く、しかもセットオプション(複数のオプション品をまとめて装着すること)にする人が多いです。

 

オーダーしたオプションがしっかり装着されているか、営業マンと一緒に確認することが大切なんですよ。

 

 

ちなみに、今の受注申告は、端末入力が当たり前なので、情報はすべてオンラインでメーカーに届き情報共有も可能です。

 

注文書の入力ミスがない限りは、装着漏れや異なる物が取り付けられることはないため、契約時の内容確認はとても大切ですよ。

 

 

また、カタログの写真を見てグレードを決めたときは要注意です。

 

カタログ写真では、オプション品のカーナビが付いていることが多いです。

 

購入者側は、このグレードを頼めば、写真のカーナビが付くと思っていて、納車時にカタログ写真と違ったカーナビがついていた、というトラブルがあるんです。

 

 

ほかにも、「無料で付けます」と営業マンと口約束をしたオプションは、忘れられることがありますので注意してください。

 

 

新車だからといって、すべての機能が正常に作動するとは限りません。

 

多少、時間がかかっても、全てのオプションの作動の確認を行った方がトラブル回避につながります。

 

また、車のコンディションの確認ため、営業マン同乗で試乗を行うのもおすすめですよ。

 

 

傷を発見した場合は、車両の受け取りを拒否すること|ポイント3

納車時に、もっとも注意して確認したいのが“外装の傷”です。

 

 

新車は、箱に包まれて出荷されるわけではないので、傷がつくリスクは高いです。

 

新車販売店の教育でも、「納車予定の車には、傷があって当たり前と思いながら外装チェックすること」と教えるそうです。

 

 

傷を発見しやすくするためには、太陽が真上にくるお昼の時間帯にチェックを行うのがベストです。

 

夕方は、太陽光の当たり具合で傷が見えにくくなることがありますし、夜は蛍光灯の下で傷が隠れてしまうことがあります。

 

販売店によっては、屋内に専用スペースを設けているところもありますが、やはり自然光の下でチェックするほうがいいですよ。

 

 

万が一、納車された車に傷を発見したときは、とにかく車両の受け取りを拒否してください。

 

傷があるのに受け取ってしまうと「傷があっても納得した」と判断されてしまうので、絶対に受け取らないでくださいね。

 

 

受け取りを拒否したら、その後は販売店の対応を待ちます。

 

軽い擦り傷レベルでは、残念ながら車両の無償交換は難しいですが、販売店からディーラーオプション品の無料提供など、解決策を提案してきますよ。

 

 

ちなみに、営業マンが一定の場所からあまり動かないときは、そこに傷がある可能性が高いので注意してくださいね。

 

 

納車後に傷を発見しても、販売店では補償はしてくれません。

 

たとえ納車前から付いていた傷であっても、それが納車前についた傷や欠陥であるという証拠がないからです。

 

そのため、納車時の外装の傷確認は入念に行ってくださいね。

 

納車の極意五箇条

 

1・ナンバープレートの付け違いもある

2・はっきりした意思表示がオプション品抜けを防ぐ

3・口約束での装着品は忘れられる可能性あり

4・新車は傷があって当たり前と思おう

5・傷を発見したら受け取りを拒否すべし

(引用元:ザ・マイカー)

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ