居眠り運転を予防する画期的な装置「OKITE(オキテ)」が登場

目安時間:約 4分

居眠り運転は、重大事故につながる可能性がある危険な行為で、死亡事故率も高いです。

 

そこで、カー用品やバイク用品、スポーツ用品の製造・開発をしている㈱ユピテルが、「顔の角度や視線のい位置で居眠りを検知する装置」を出したんです。

 

そのような装置なのか、詳しくお話ししますね。

 

今までの居眠り警報機と比べて、画期的な装置なんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 住んでいる地域で、車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

顔の角度や視線の位置で居眠り運転を検知する

㈱ユピテルが開発した画期的なわき見・居眠り運転警報器の名前は、「OKITE(オキテ)」です。

 

「OKITE」には、従来商品にはないポイントがあります。

 

 

本体の左側にカメラ、右側に対象物である顔の明るさを補正する赤外線LEDがある構成になっています。

 

取り付けは、ステアリングカバーの上に付属の両面テープなどで付けて、シガーソケットから電源をとるようになっています。

 

 

「OKITE(オキテ)」が、これまでの商品と比べて画期的なのは、顔の向きなど、たくさんパーツの検知しているところなんです。

 

他社の既存商品は、まぶたの開閉検知で居眠り警報を出しています。

 

けれど、OKITE(オキテ)は、「まぶたの開閉」に加え、「顔の向き」「視線の位置」「首の角度」も検知して、わき見運転や居眠り運転をチェックしているんです。

 

ここまでチェックしていたら、検知ミスなどはほとんどなさそうですね。

 

わき見警報は、ドライバーが3秒以上わき見運転すると警報音が出ます。

 

居眠り警報は、両目を約1秒以上閉じると警報音が出るようになっています。

 

 

このように、OKITE(オキテ)は、他社の居眠り警報器よりも高性能な商品なんですよ。

 

 

どんな状況下でもドライバーの居眠りの検知をすることに苦労した

さまざまな顔の情報を検知しているOKITE(オキテ)ですが、実は、商品化するまでには苦労したようなんです。

 

☎(中略)開発段階で苦労した点ですか?一番苦労したのはどんな状況(環境)下でも警報させること。例えば、昼間と夜間では車内環境が違います。さらに天気によっても状況(環境)が変わります。どんな状況下でもドライバーの視線などを検出できるようなセッティングにしないと商品になりませんから。

(引用元:ベストカー)

 

車は、速いスピードで走るので、環境はころころ変わります。

 

どんな状況下でも検知できるようにするのは、かなり大変だったでしょうね。

 

 

居眠りやわき見運転は、事故につながる危険な行為です。

 

OKITEが力を発揮して、事故削減となるといいですね。

 

OKITEの参考市場価格は2万7500円で、ユピテルダイレクト店やカー用品店で購入できます。

 

興味の人は、「ユピテル OKITE」で検索してください。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、低年式車でも納得の価格で買取りしてもらうことができました。

一括査定サイトなら、低年式車でも高く売却できるんですね。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑【無料でできます】

サイト内検索
低年式車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
古い車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今日の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ