EVは環境に優しいは嘘⁉ミラージュよりもテスラの方がCO2発生量が多い

現在、世界的にガソリンエンジン車から電気自動車(EV)へシフトしています。

 

イギリスやフランスは、2040年までに、ガソリン/ディーゼル車の販売を禁止にすると発表しました。

 

 

そのようななか、マサチューセッツ工科大学(MIT)は、「EVよりも三菱・ミラージュのほうがCO(二酸化炭素)の排出量が少ない」と発表したんです。

 

EVは環境にやさしいといわれていますが、なぜ、普通のガソリン車のミラージュよりもCOの排出量が多くなってしまうのでしょうか?

 

ミラージュよりもEVのほうがCOが多くなってしまう理由』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

EVがミラージュよりもCO2が多くなる理由、総排出量で考えた場合

マサチューセッツ工科大学が、COの排出量で使った車は、

 

  • ミラージュ(ガソリン車): 1.2Lエンジン搭載
  • テスラモデルS P100D(EV):0-100mで2.7秒、100kWバッテリー&2モーター搭載(611ps)のハイパフォーマンスカー

 

という、2車種です。

 

 

普通にはしっている段階では、もちろんEVのほうがCOを出さないのです。

 

けれど、『走行時+生産から廃車にするときのCOの合計』(ライフサイクル総排出量)で考えると、ミラージュよりもテスラモデルS P100DのほうがCOをたくさん排出するんです。

 

ライフサイクルにおけるCO排出量のシミュレーション

テスラモデルS

P100D

BMW750i

xDrive

ミラージュ
生産時のCO排出量1万2204kg8190kg4752kg
27万km走行時の

CO総排出量

4万8600kg9万5310kg4万6980kg
廃車時のCO排出量311kg351kg159kg
生産から27万km走って

廃車されるまでの

CO排出量

6万1115kg10万3851kg5万1899kg
全ライフサイクルでの

総排出量を1kmあたりの

CO排出量に換算

226g/km385g/km192g/km

MITトランシク・ラボの調査結果による

(引用元:ベストカー)

 

 

「テスラモデルSのほうがCOをたくさん排出するとっていも、比較する車のスペックが違いすぎる」

 

という人もいるかもしれませんが、電気自動車(EV)なら何でも環境に優しいというわけではないんです。

 

 

環境を考えれば、大きなボディのEVに乗るよりも、ガソリンエンジンのコンパクトカーに乗ったほうが良いという可能性があるんです。

 

 

 

EVは走行するためには電気を必要としますが、この電気を火力発電で作るとなると、火力発電所からCOが排出されるため、結局、COを発生していることと同じです。

 

日本で電気自動車といえば、リーフ(日産)が有名ですが、リーフクラスのEVでも

 

・石炭火力発電で139~175gのCOを発生

・石油火力発電で114~143gのCOを発生

 

すると試算されています。

 

 

 

電気を作る時に排出されるCOは、原発発の依存率が高いフランスの場合は、発電時のCOの発生量は少ないので、40g/kWhくらいです。

 

一方、石炭火力発電の依存率が高い国だと、650g/kWhとCOの発生量は圧倒的に多くなってしまうんです。

 

日本やドイツは、原発依存率が低いので、400g/kWhと多いんです。

 

 

ただ、原発は、発電時にCOを出さない代わりに、発電するたびに毒性が強い放射性廃棄物が出てきていまう問題があります。

 

※放射性廃棄物は、地中に埋めて何十年以上も監視しなくてはいけないが、埋める候補地すら決まっていません。そのため、まともに処理できず、どんどんたまっていっています。

 

 

 

このように、マサチューセッツ工科大学の調査によると、電気自動車(EV)だから環境にやさしいとは必ずしもいえないんです。

 

EVよりもガソリン車のほうが環境によい?

ドイツの自動車連盟も、EVは本当に環境に良いのか?という記事を発表

先ほど、マサチューセッツ工科大学の調査では、EV(テスラモデルS)よりもミラージュのほうがCOの発生量がすくないと紹介しました。

 

実は、マサチューセッツ工科大学だけじゃなく、ドイツ自動車連盟(ADAC)も『EV=環境にやさしい』に疑問を投げかける調査結果を発表していたんです。

 

 

ドイツ自動車連盟も、CO2の車のライフサイクル総排出量を調査したところ、

 

  • 大型車では、EVよりもディーゼル車のほうがCOの排出量が少ない(15万km走行時)
  • 小型車では、EVもディーゼル車もCOの排出量は変わらない(15万km走行時)
  • 5万km走行時の小型車だと、ガソリン車、ディーゼル車よりもEVのほうが排出量が多い

 

と発表したんです。

(詳しくは、こちらを参考にしてください。)

 

 

驚きの調査結果ですよね。

 

EVはCOの排出量が少ないといわれていますが、車のサイズや走行距離によっては、COのライフサイクル総排出量は、どの車よりも多くなってしまうんです。

 

EVよりもガソリン車のほうが環境に良い?

 

 

再生可能エネルギーを増やすことが、EVによるCO2削減のポイントに

「EVは、あまり環境にやさしくないのでは?」という調査結果を紹介してきました。

 

たしかに、カーライフ全体で見れば、EVもそれなりの量のCOを出してしまいます。

 

けれど、再生可能エネルギーで発電された電力を使えば、COの排出量は減るので、ガソリン車やディーゼル車、HV(ハイブリッドカー)などと比べて、EVは圧倒的に環境にやさしい車になります。

 

再生可能エネルギーの発電量を増やすことが、環境に優しい車を作るポイントになんです。

 

 

■再生可能エネルギーの種類

 

・水力発電

・太陽光発電
・風力発電
・バイオマス
・水力発電
・地熱発電
・太陽熱利用
・雪氷熱利用
・温度差熱利用
・地中熱利用

 

 

日本は、まだまだ再生可能エネルギーの発電比率が少なく、全電力のうち、再生可能エネルギーの発電比率は15.3%しかありません。(2016年度)

 

ちなみに、海外は、

 

  • フランス :16.3%
  • イギリス :25.9%
  • ドイツ :30.6%
  • イタリア :39.8%
  • アメリカ :13.6%
  • カナダ :63.8%

 

となっています。

(全発電量のうちの再生可能エネルギー発電比率 2015年度)

 

 

今後、EV比率が高まって、本当に環境にやさしい車となるために、再生可能エネルギーでの発電量を増やしていってほしいですね。

 

 

EVとCO2の排出量に関しては、こちらの記事も参考にしてください。

↓↓↓

車がすべてEV(電気自動車)になったら本当にCO2は減るの?

 

EVよりもガソリン車のほうが二酸化炭素を排出しない?

 

 

まとめ

EVは、再生可能エネルギーで発電された電力で走れば、とても環境にやさしい車になります。

 

環境を守るために、EV比率を高めると同時に、再生可能エネルギー比率も高めていくことが大切ですね。

 

電力会社に任せるのではなく、ひとりひとりができることから始めていきましょうね。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ