コペンクーペ採用の曇りにくいフロントガラス「エグゼビュー」の性能は凄い

雨の日など、湿気で車のフロントガラスが曇ってしまい、視界が悪くなることってありますよね。

 

デフロスターという機能を使えば、窓のくもりはとれますが、できればくもらないほうが嬉しいですよね。

 

 

そんな「くもりにくいフロントガラスがほしい」という人に朗報です。

 

AGC(旧・旭硝子)が、“曇りにくいフロントガラス「eXeview」”を開発して、今年200台限定で発売されたコペンクーペに採用されたんです。

 

そこで、『曇りにくいフロントガラス「eXeview」の性能は凄い!かなり便利な窓です』についてお話ししますね。

 

AGCの曇りにくいフロントガラスは、寒い日の朝などでも曇りにくいので、発進までの時間を短縮できるんですよ。

 

 

「愛車を高く売りたい」 ならこのサービスの利用がコツ
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

このサービスを使えば、数十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

eXeview(エグゼビュー)の開発は、耐久性が大変だった

今年、限定200台で販売となったダイハツ・コペンクーペ。(2019年1月11日から商談希望者の募集が開始、4月以降納車予定)

 

2016年の東京オートサロンに出展したところ大反響となり、めでたく正式に販売となりました。

 

このコペンクーペに、AGC(株)が開発した曇りにくいフロントガラス「eXeview」(エグゼビュー)が採用されているんです。

 

 

エグゼビュー(eXeview)は、AGCが独自に開発した樹脂膜コートにより窓のくもりを防ぎます。

 

樹脂膜コート材が車内の水分を吸収することで、フロントガラスのくもりを防ぐ仕組みです。

 

さらに、結露による光の乱反射を防ぐ効果もあるので、視界がよくなって安全性も向上するんです。

 

 

冬場の朝など、フロントガラスがくもっていて、なかなか出発できずにイライラすることってありますよね。

 

また、寒い日の夜や、雨の日にフロントガラスがくもってしまって、視界が悪くなることってありますよね。

 

エグゼビュー(eXeview)なら、フロントガラスがくもって視界が悪くなったり、出発できなくてイライラしたりすることが少なるなるというわけなんです。

 

 

エグゼビュー(eXeview)がどのくらい凄いかは、下の動画を見てください。

↓↓↓

 

 

こんなにもすごいエグゼビュー(eXeview)ですが、開発は大変だったようです。

 

カー雑誌『ベストカー』が、AGC広報に聞いたところ、とくに耐久性を満たすことが大変だったんです。

 

☎開発はどのへんが大変だったんですか?

 

☎樹脂膜コートが車内の水分を吸収して、曇りを防ぐものなんですが、クルマって、10年とか長期間使われるものなので、求められる耐久性がかなり高いんですね。なので、そのあたりですね。

 

☎いま聞いた話から考えるに、曇りにくい効果は10年は保つということですか?

 

☎普通に使っていただければ10年くらいは大丈夫です。

(引用元:ベストカー)

 

いまのところ、エグゼビュー(eXeview)は、後付けはできない(アフター品として販売していない)です。

 

車を買うときにしかつけることができない(というか、コペンクーペにか採用されていませんが…)ので、早々にくもるようになったら、ユーザーは、「あんまり意味ないじゃん」と残念になってしまいますよね。

 

近年は、クルマを長期で乗り続ける人が増えているので、ユーザーをがっかりさせないためにも耐久性は大切です。

 

樹脂膜コートを10年間も保たせるというのは、ほんとうに大変だったんでしょうね。

 

エグゼビュー(eXeview)で、フロントガラスの視界はすっきり

 

 

eXeview(エグゼビュー)の効果は10年以上。特別な手入れも不要

耐久性が10年あるエグゼビュー(eXeview)は、ただ、効果が続くだけじゃないんです。

 

なんと、特別な手入れは不要で、メンテナンスや手入れは、普通のフロントガラスと同じで汚れたら拭くだけでいいんです。

 

☎普段の手入れとかメンテとかは必要なんですか?

 

☎ないですね。汚れを防ぐというものではないので、汚れたら拭いてほしいですが。

(引用元:ベストカー)

 

ノーメンテで10年も効果が続くというのは、すごいですよね。

 

一般的なケミカルのフロントガラスの曇り止めは、定期的に塗りなおす必要があります。

 

エグゼビュー(eXeview)は、汚れたらふくだけで、あとは特にメンテンナンスを必要としないというは楽なので、ユーザーにとってもうれしいですよね。

 

エグゼビュー(eXeview)は、メンテナンス不要で10年耐久性がある

 

 

eXeview(エグゼビュー)は、燃費向上にも効果あり⁉

エグゼビュー(eXeview)は、視界を確保する、耐久性がある、メンテナンスの手間がないだけじゃなく、「燃費向上」にも効果があるんです。

 

☎今後も続々と純正採用されることを願ってますよー。では最後に思う存分PRを。

 

☎広報の私が言うのもなんですが、これはかなり便利な製品だと思うんですよ。デフロスターの使用頻度も減るから実燃費にも効きますし。

(引用元:ベストカー)

 

フロントガラスのくもりを取る方法といえば、「デフロスター」があります。

 

デフロスターのスイッチ

↓↓↓

デフロスターで窓のくもりはスッキリ

 

赤い枠のところが、デフロスターのスイッチです。

 

 

デフロスターのスイッチを入れると、A/CがONになって外気循環に切り替わり、フロントガラスとサイドウィンドウに風を当ててくもりをとります。

 

デフロスターを使えば、窓のくもりはかんたんに取れますが、A/Cがオンになるので燃費が悪化してしまいます。

 

A/CをONにすると、燃費への影響は、

 

  • 普通車で10~15%
  • 軽自動車で20%

 

くらい悪化するといわれています。

 

場合によっては、30%以上も悪化する車種もあります。

 

かなり燃費に影響があることがわかりますよね。

 

 

エグゼビュー(eXeview)でデフロスターの使用回数が減れば、A/Cを使う回数も減り、燃費も良くなるということなんです。

 

しかも、曇りにくくなれば、デフロスターのON/OFFなどの操作が減るので運転に集中でき、安全性も向上するんですよ。

 

 

エグゼビュー(eXeview)をもっと詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください

世界初!※1ドライバー視界部をクリアに保つ曇りにくいガラス(eXeview®)がダイハツ工業株式会社の“コペン クーペ”に採用

 

エグゼビュー(eXeview)は、燃費向上にも効果あり

 

 

まとめ

エグゼビュー(eXeview)は、ただフロントガラスをくもりにくくするだけじゃなく、ユーザーの利便性と燃費向上にも効果がある製品なんです。

 

ただ、いまのところ後付け(アフター品としての販売)や、コペンクーペ以外への採用は決まっていません。

 

とっても便利な製品なので、後付けや、他車種への導入が進むといいですね。

 

 

ちなみに、クルマのフロントガラスは、ちょっとずつ進化していっています。

 

なんと、樹脂製のフロントガラスも登場しています。

 

クルマは、本当にいろいろな部分が進化している、「工業製品の集大成」のような製品ですね。

 

※樹脂製フロントガラスについては、こちらで紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

↓↓↓

世界初、樹脂製フロントガラスの車が登場!凄さや特徴、メリットとは

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

楽天 無料愛車一括査定
 

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらえますよ。楽天が運営しているので安心です。

ユーカーパック
ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式車買取サービス

「電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。ただし、最低落札価格以上の入札があったら、絶対に売らなくてはいけないので注意


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ