ブラジルトヨタが発表した「フレックス燃料ハイブリッド車」とは?

環境に優しい車といえば、日本ではハイブリットカーや電気自動車があげられますが、ブラジルではバイオエタノールを燃料する車『フレックス燃料車』が主流となっています。

 

 

2018年3月20日に、ブラジルトヨタが世界初となる「フレックス燃料ハイブリッド車」の試作車を公開しました。

 

この「フレックス燃料ハイブリッド車」とは、一体どんな車なんでしょうか?

 

そこで、『世界初「フレックス燃料ハイブリッド車」ってなに?』についてお話しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

ブラジルトヨタが作成した、「フレックス燃料ハイブリッド車」ってどんな車?

ガソリンへのエタノール混合が法律によって義務づけられているブラジルでは、現在、純粋なガソリン車は販売されていません。

 

そのため、ガソリンとエタノールを混合した燃料(E25)、または100%バイオエタノール燃料(E100)を燃料として走行する“フレックス燃料車(FFV)”が、販売の基本となっています。

 

 

フレックス燃料車とは、ガソリン、エタノール、メタノールなど、1種類以上の燃料が混合して走行が出来るように設計された車両のことです。

 

ブラジルだけでなく、アメリカやカナダ、ヨーロッパでも販売されています。

 

 

そのようななか、ブラジルトヨタ(トヨタのブラジル生産、販売事業を担う「Toyota do Brasil」)は、フレックス燃料車にハイブリッドシステムを搭載した「フレックス燃料ハイブリッド車」の試作車を、2018年3月20日にブラジルのサンパウロ市でトヨタが主催したイベントで公開しました。

 

 

 

フレックス燃料車に、ハイブリッドシステムを搭載するのは世界で初めての試み。

 

イベントには、サンパウロ州政府やサトウキビ産業協会(UNICA)など、産官学の関係者が出席しました。

 

 

では、「フレックス燃料ハイブリッド車」とは、どんな車なんでしょうか?

 

カー雑誌「ベストカー」がトヨタに聞いたところ、ハイブリッドシステムを搭載することでCO²の排出量が大幅に削減できるフレックス燃料車なんです。

 

この試作車は、そのFFVのハイブリッド化を目指した車両なのですが、トヨタの調べによると植物の成長過程からクルマでエネルギーとして使われるまでのCO²総排出量で比較すると、一般的なFFVに比べて、ハイブリッドFFVはサトウキビ由来のエタノールを燃料とした場合、CO²排出量を大幅に削減できるというメリットがあるそうです。

(引用元:ベストカー)

 

フレックス燃料車がハイブリッド化されると、CO²(二酸化炭素)の排出量を大幅に削減できるんです。

 

 

フレックス燃料ハイブリッド車は、ハイブリッド車の普及やCO²排出量削減を通じた環境貢献を目指して、トヨタが日本とブラジルで開発を進める新たなパワートレーンシステムです。

 

エネルギー効率の高さや、CO²排出量が少ないハイブリッド車の性能をベースに、生長過程でCO²を吸収して実質的なCO²排出量を抑えられる植物由来の再生可能エネルギーを使うことで、総合的なCO²排出量を大きく低減させる可能性を持ちます。

 

 

 

ちなみに、フレックス燃料車に使われているエタノール燃料(バイオエタノール)は、トウモロコシやサトウキビなどから作るアルコール燃料です。

 

米国ではトウモロコシのでんぷん、ブラジルではサトウキビのショ糖と、食料として用いられている糖類を原料にするのを「第一世代バイオエタノール」といいます。

 

また、草や木材のセルロースなど、食料としない部分から生産されているのが、「第二世代バイオエタノール」と呼ばれています。

 

大気中の二酸化炭素の総量を増やさないことから、地球温暖化対策として注目されているんです。

 

ただ、ガソリンよりもNOⅹ(排気ガス中に大量に含まれる窒素酸化物)やアルデヒドの排出量が増えるため、対策が必要です。

 

 

 

試作車「フレックス燃料ハイブリッド車」にも、通常のフレックス燃料車と同じように、ブラジルの法規に則って、NOⅹやアルデヒドへの対策が行われています。

 

しかし、エタノール100%の燃料(E100)は、低温時の始動性が悪いので、燃料を温めるヒーターや、ヒーター導入に伴る電力量を最適制御するなどの変更が加えられています。

 

また、エタノールを含む燃料は、エンジンブロックに使用しているアルミを腐食させたり、ゴム製品を劣化させたりします。

 

今後、ブラジルでのテスト走行を通じてデータを収集し、市販化に向けて耐久性やパワートレインの性能などの検証を進めていく予定となっています。

 

 

 

フレックス燃料車が、日本への普及することはあるの?

フレックス燃料ハイブリッド車の開発は、2050年までにグローバル新車平均走行時CO²排出量の2010年比「90%削減」や、車両のライフサイクルでのCO²排出量ゼロを目標とする「環境チャレンジ2050」における新たな取り組みのひとつとしています。

 

また、2030年には、グローバル販売台数における電動車を「550万台以上」とする、電動車普及に向けた取り組みの一環でもあるんです。

 

 

では、フレックス燃料車は、今後、日本に導入されるのでしょうか?

 

トヨタの広報部に聞いたところ、導入は考えていないそうです。

 

現状導入は考えていないそうです。ただ、トヨタが日本で販売しているガソリン車でも、エタノール20%以下の混合燃料(E20)までなら対応しているという意外な情報がありました。

(引用元:ベストカー)

 

日本のガソリン車でも、ガソリンとエタノールの混合燃料(E20)が使えるんですね。

 

 

しかし、日本のエタノール燃料の自給率は、2015年時点で2%です。

 

残りの98%をブラジルからの輸入に頼っている状況ですので、コストや安定供給といった面からも、日本での普及にはまだ先の話といえそうです。

 

 

日本では今、国を挙げて水素ステーションの普及に力をいれています。

 

フレックス燃料車に関することは、水素ステーションの設置や運営のあとになりそうです。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ