新車をお得に購入可能な年度末で販促キャンペーンが強化される!?

2月も終盤になり、年度末商戦が激化してきました。

 

そのため、各自動車メーカーのディーラーも販売に力を入れてきています。

 

年度末は、1年で最も新車が売れる時期で、値引きなど好条件を引き出すには最も適したタイミングです。

 

なので、年度末商戦で好条件を引き出すポイントを、複数回に分けて紹介しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 ならこのサービスの利用がコツ
  • 大切に乗ってきた愛車だから、1円でも高く売りたい
  • 安心な車買取一括査定を使いたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

このサービスを使えば、数十万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイドの公式サイトを見る

年度末商戦に入る前の新車販売状況

まずは、年度末商戦に入る前の新車販売状況を簡単に紹介しますね。

 

 

2015年1月の新車販売台数は、

 

・自販連発表:登録乗用車の販売台数は20万7635台で前年比78.6%

・全軽自協発表:軽四輪乗用車の販売台数は13万6405台で前年比80.6%

・JAIA発表:輸入車の販売台数は1万7179台で前年比85.5%

 

苦戦している状態です。

 

※自販連は『日本自動車販売協会連合会』、全軽自協は『全国軽自動車協会連合会』、JAIAは『日本自動車輸入組合』のことです

 

2014年1月は、消費税が8%に上がる前だったので駆け込み需要が盛んになっていました。けれど、それを考慮しても2015年1月の年度末商戦の出足は決して順調とはいえない状況です。

 

 

買い控えにより、販促キャンペーンが強化される可能性あり

さらに、年度末商戦でユーザーの買い控えが起こりそうな不安要素もあるんです。

 

それはエコカー減税の事実上の継続です。

 

継続されるエコカー減税は、制度のベース部分はそのまま継続されるそうですが、どの車がどのくらい減税対象となるかは、新制度が始まらないと分かりません。

 

 

さらに、4月以降に軽自動車の新車を購入した場合、軽自動車税が増税されますが、同時に軽自動車のエコカー減税もスタートします。

 

すると、自動車税の増税分とエコカー減税分を総合して考えた場合に、現行の軽自動車税よりも税金が安くなるケースも発生しかねません。

 

その結果、新車購入の買い控えが起こる可能性があり、年度末商戦はこのまま盛り上がらずに終わる可能性があるそうです。

 

そのため、買い控え打破として、各ディーラーは、今後、販売促進のために販促キャンペーンの強化を行うかもしれないそうです。

 

 

ただし、ディーラーが年度末の成果として売上を計上できるのは、3月末までに登録した車に限ります。

 

登録が4月になると年度末の成果にならないため、値引きが渋られる可能性も。

 

となると、車の納期もあるため、3月7日/8日くらい(ギリギリで3月14日/15日)までが、3月登録可能なタイミング(=好条件が期待できる時期)となるということを覚えておいてくださいね。

 

次回は、年度末セールは短期集中が新車の値引き拡大のコツ。事前準備が重要ですについてお話しますね。

タグ:  

カテゴリ:年度末商戦 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

楽天 無料愛車一括査定
 

査定を受けれるだけでポイントゲット、売却すればさらにポイントがもらえる一括査定

ネット通販で有名な「楽天」が運営している車買取一括査定です。査定を受けるだけで楽天ポイントがもらえ、売却するとさらに楽天ポイントがもらえるのでお得です。サービス利用時に、買取相場も教えてもらえますよ。楽天が運営しているので安心です。

ユーカーパック
ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式車買取サービス

「電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。ただし、最低落札価格以上の入札があったら、絶対に売らなくてはいけないので注意


↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ