ホンダが狭山工場の生産を終了して寄居工場へ集約。この理由とは?

2017年10月4日、ホンダの八郷隆弘社長が記者会見を行ない、日本国内の四輪車の生産体制を集約することを発表しました。

 

埼玉県にある狭山工場を寄居工場に集約し、2021年度をめどに狭山工場の生産を終了させるものです。

 

「軽自動車販売台数NO1」などのCMをよく見るため、生産から販売まで好調に思えるホンダですが、なぜ狭山工場をなくしてしまうのでしょうか?

 

そこで、『ホンダが埼玉県狭山工場の生産を終了して、寄居工場へ集約。この理由とは?』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

狭山工場が寄居工場に集約するのは、車の生産量を減らすため

ホンダは、車やバイク、飛行機、船外機などを製造する大手メーカーです。

 

とくに、車やバイクは、世界中の多くの人に乗られていて、人々の生活を助けてくれています。

 

2015年度の世界の自動車メーカー販売台数ランキング第7位、国内の自動車メーカー販売台数ランキングは第2位を獲得するなど、世界を代表する自動車メーカーなんです。

 

 

そんなホンダが2017年10月4日、埼玉県にある狭山工場を寄居工場に集約し、2021年をめどに狭山工場の生産を終了することを発表しました。

 

 

狭山工場は、1964年にホンダで初めて、四輪輸出専用工場として発足された工場です。

 

エンジン、プレス、溶接、塗装の工程をはじめ、各種部品の取り付け、エンジン搭載や完成車の検査まで一貫して生産を行っています。

 

フリードやステップワゴン、オデッセイ、アコードなど、ホンダの主力車種を生産している工場なんです。

 

 

一方、寄居工場は、2013年に稼働をスタートしたばかりの新しい工場です。

 

ホンダの革新技術を投入して作られた工場で、車体のプレス加工から完成車検査、出荷までを行っています。

 

フィットやヴェゼル、グレイス、シャトルなどのコンパクトカーを生産しています。

 

 

狭山工場では、ホンダの主力車種を生産していますが、なぜ閉鎖されることになったんでしょうか?

 

カー雑誌「ベストカー」が、自動車評論家の渡辺陽一郎氏に聞いたところ、国内販売台数が予想以上に伸び悩んでいるからなんです。

 

ホンダは従来106万台だった国内の生産能力を81万台に減らす方針を打ち出しました。25万台の生産能力が余剰になり、古い狭山工場の生産終了に至りました。

 

生産能力を減らす理由は、国内販売と輸出の伸び悩みです。ホンダの国内生産台数は‘02年には139万台に達しましたが、‘10年は99万台、‘16年は82万台まで減りました。現在の国内生産規模は15年前の60%にとどまっています。

 

国内販売台数も‘02年は90万台、‘16年は71万台だから79%となります。輸出を増やすことも難しく、狭山工場の生産終了に踏み切りました。せっかく寄居工場の稼働を開始しながら、国内販売が伸びずホンダとしては予想外の厳しい展開となっています。

(引用元:ベストカー)

 

2016年度のホンダの国内販売台数は、約71万台で何とか前年を上回っていますが、販売台数が増加したのは3年ぶりです。

 

しかし、14年前に比べると販売台数は20%も減少しているんですね。

 

 

これは、ホンダだけでなく、日本の国内自動車市場全体が縮小していて、今後もその傾向が続く可能性が高いです。

 

車を生産しても販売できなければ意味がないため、生産能力を減らすしかないということなんですね。

 

 

狭山工場の閉鎖は2021年。従業員は寄居工場を中心に異動する

では、狭山工場で働いている従業員はどうなってしまうんでしょうか?

 

狭山工場で働く従業員約4600名に向けたホンダの対応ですが、寄居工場を中心に移動するといいます。雇用が守られたのは、幸いと考えるべきですね。

 

---中略---

 

狭山工場の終了も、ホンダでは最大で90万台の生産規模があるというから、今後も魅力的な新型車を投入して工場の稼働を守って欲しいですね。自動車は裾野の広い産業で、生産規模が減るとサプライヤー(下請メーカー)に与える影響も大きい。クルマは楽しい商品ですが、そこに込められた自動車メーカーの責任は重いのです。

(引用元:ベストカー)

 

現状のホンダは、国内の四輪車生産能力が106万台ですが、狭山工場が閉鎖されると25万台分の能力が減り、81万台の生産能力になるんですね。

 

 

今後ホンダは、国内向け70万台、輸出10万台を生産する計画なので、今回の集約により国内の稼働率は100%に近づきます。

 

国内販売や輸出が計画より伸びたとしても、最大で90万台程度まで生産できる能力があるので大丈夫だそうです。

 

 

また、2017年10月4日の記者会見のとき八郷隆弘社長は、生産再編によって「日本の四輪車生産体制を進化させる」という説明を行い、S660やアクティを製造している八千代工業・四日市製作所を完全子会社化することも発表しました。

 

 

これにより、国内生産の拠点は、埼玉製作所、鈴鹿製作所、子会社の八千代工業(四日市製作所)の3カ所になります。

 

今後、埼玉製作所寄居工場は、世界展開に向けた生産拠点に位置づけられて、電気自動車(EV)などの新技術の研究開発が進められます。

 

これからのホンダに期待したいですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ