新車を購入するときの支払い方法。メリット・デメリットとは?

新車を購入するとき、現金一括払いで購入する人と、ローンを組む人がいますよね。

 

そして、最近は残価設定ローンも多く利用されるようになりました。

 

現金一括払いとローンでは、どんな違いがあるのでしょうか?

 

いろいろな支払い方法があるなか、何が一番お得な支払い方法なのでしょうか?

 

そこで、『新車を購入するときの支払い方法。メリット・デメリットとは?』お話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

ローンは利子がかかるため、貯蓄に余裕があるなら現金一括払いが一番お得

新車を購入するうえで、多くの人が気になるのが「支払い方法」です。

 

基本的には、現金購入とローンでの購入に分かれますが、最近は借りて使うリースという手段もあります。

 

詳しい支払い方法と、そのメリット、デメリットについてお話ししますね。

 

現金一括で購入

現金一括払いは、車両価格やオプションの価格、税金、自賠責保険料、手数料など、すべてを現金で支払うことです。

 

購入後の税金や自賠責保険料も、その都度ユーザーが自分で納めます。

 

 

(メリット)

現金一括払いのメリットは、金利がかからないことです。

 

走行距離を心配する必要もないですし、自己責任で車両保険に加入しなくてもいいです。

 

 

(デメリット)

高額な出費が一気に集中するため、まとまったお金を用意しなくてはいけないことです。

 

貯蓄に余裕がある人は、一括支払いがおすすめですが、一括支払いをすると、すべての貯蓄がなくなってしまう人には、ローンを組んで購入する方がいい場合があります。

 

ローン

車の購入代金を、新車ディーラーや銀行に貸し付けてもらうことです。

 

頭金を充当して、残りを毎月一定金額返済していきます。

 

数年かけて返済をすることになりますが、返済が終われば、その車の所有権が得られます。

 

 

(メリット)

現金購入に比べると、一気に高額出費をすることがないので、多額の預金を降ろす必要がありません。

 

また、毎月積み立てをし、購入するとなると何年先になるかわからないですが、ローンを組むことで毎月支払いを行っていくため、貯金が苦手な人にもメリットは大きいです。

 

残価設定ローンと違って、借りている感覚はないです。

 

 

(デメリット)

お金を借りるので、当然ですが金利が発生します。

 

残価設定ローンに比べて金利が高く、標準金利は6~8%前後です。

 

また、支払い途中に病気になり収入が途絶えると、支払いが滞り車を手放さなくてはいけなくなる場合もあります。

 

 

残価設定ローン

3年後または5年後に、車を買い替えることを前提に、残価(下取り価格)を差し引き、残りの金額を返済していくというものです。

 

ローン返済期間が終了すると、その車両を返却するか、買い取るか、新車に乗り換えて新たにローンを組むかを選択することになります。

 

 

(メリット)

残価を差し引いた金額を分割して返済するため、月々の返済額を抑えることができます

 

さらに、通常のローンに比べると、2.9~3.9%と金利が低めに設定されることが多いです。

 

 

(デメリット)

常に、多額の債務を抱えていることになるので、契約の2年後くらいに全損事故を起こすと、その時点で全額返済することになってしまいます。

 

車両保険に加入していれば、下取り分は保険が降りますが、全額返済できない場合もあります。

 

 

リース

形態は、残価設定ローンに似ていますが、リースは車両を借りることですので、本質は異なっています。

 

リース料金には、税金や自賠責保険料、プランによってはメンテナンス費用も含まれています。

 

 

(メリット)

毎月のリース料金には、車両代金だけでなく、自動車税などの諸費用が含まれています

 

また、車を所有すると自分でやらなければならない面倒なこと(車検や税金の支払い、定期メンテナンスなど)は、リース会社で行ってくれます。

 

法人や自営業者は、経費の計上が容易です。

 

 

(デメリット)

大きな事故を起こした場合に、残金と残りのリース料を支払うことになります。

 

途中解約した場合には、解約金が発生します。

 

 

残価設定ローンとは?

残価設定ローンは、3~5年後の残価(車両の下取り価格)を決めて、その残価を除いた金額を分割返済する方法です。

 

 

例えば、車両価格150万円の車の場合、3年後の下取り額(残価)が60万円とすると、残りの90万円分のみを3年間かけて返済することになります。

 

3年後の返済期間が終了しても、車両は自分のものになりませんが、月々の返済額を低く抑えることができるんです。

 

 

3年後の返済満了時には、ユーザーは3つの選択肢から選ぶことができます。

 

1.車両を販売会社に返却する

2.残価を一括で支払って車両を買い取る

3.残価に改めてローンを組み直し、分割で支払いながら買い取る

 

 

車両を販売会社に返却したあとは、そのまま車を手放しても良いですし、新車に乗り替えることもできます。

 

 

メーカーや新車販売店は、返済期間の満了時に車両を返済して、改めて新車で残価設定ローンを組んでもらうことを狙っています。

 

そうすれば、新車は売れますし、素性の分かっている下取り車も手に入るからです。

 

そのため、残価設定ローンの金利は、年率1.9%や2.9%など、かなり低金利を適用することが多いです。

 

 

メリットが多いように思える残価設定ローンですが、デメリットもあります。

 

返済期間の満了を迎え、そのまま同じ車を乗り続けたいと再ローンを組むと、金利が標準金利の年率6~8%に戻るため、月々の返済額が増えてしまいます。

 

 

また、全損事故を起こすと、車両保険の全額を充当しても債務が残ることがあります。

 

走行距離の制限などの規定があり、規定の走行距離を超えると、超過清算が生じることもあるんです。

 

車両を借りている感覚で、大切に使わなければならないんです。

 

 

残価設定ローンとフルローンではどっちがお得なの?

金利が同じで、最終的に車を買い取る場合は、返済が早いフルローンのほうが得ですが、大きな違いはありません。

 

 

残価設定ローンの最大のメリットは、月々の返済額を抑えれることです。

 

たとえば、残価の高い人気車なら、車両本体価格が100万円で、3年後の残価が60万円なら、3年間に40万円分を返却すればいいんです。

 

 

残価設定ローンは、3~5年ごとに新車に乗り替えたい人や、決まった期間だけ車が必要な人には、向いているローンです。

 

 

しかし、1台の車を長く乗り続きたい人には、フルローンがおすすめです。

 

また、残価設定ローンには、走行距離などの規定もあるため、走行距離が過走行気味の人は、フルローンで購入する方がいいです。

 

 

ローンの内容は、メーカーによって違いがあるので、フルローンと残価設定ローン、両方の見積書を作成してもらい、しっかり比較するほうがいいですよ。

 

 

リースは、残価設定ローンと何が違うの?

残価設定ローンの返済期間が満了して返却する形態は、使った分だけ支払う「リース」と似ています。

 

しかし、リースの場合は、車種が自由に選べますし、税金や保険料、車検などの支払いすべてがリース料金に含まれていることが、残価設定ローンは大きく違っています。

 

 

残価設定ローンでは契約満了時に、車を買い取る、返す、次の車の下取りに出すの3つの選択肢がありますが、リースは同じ車の再リースも可能です。

 

最近では、個人リースを利用する人も増えているんです。

 

 

新車購入時の支払い方法には、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

自分にあった支払い方法を、しっかり検討してくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ