N-BOX&カスタムがマイナーチェンジ。スライドシートが設定され上質な車に

ホンダの人気軽自動車のN-BOX。

 

2014年の新車販売台数ランキングでは、総合4位にランクインしました。

2014年年間販売台数ランキング。車種別&メーカーごとに比較

 

そのN-BOXが、2015年2月5日にマイナーチェンジを行いました。最初に販売されてから、3度目のマイナーチェンジですが、どのような改良が行われたのでしょうか?

 

N-BOXのマイナーチェンジ2015』についてお話ししますね。

 

今回のマイナーチェンジは、今まで以上に大きな変化があったんですよ。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPacの公式サイトを見る

外装が上質になり、カラーバリエーションも豊富に

N-BOXは、これまでに2回のマイナーチェンジが行われていますが、3回目の今回で初めて外装に変化が加わりました。

 

今までのN-BOXのフロントグリルは、メッキリムの下に同色のバーが3本並んでいましたが、マイナーチェンジにより上下が太くなり、中央は薄いメッキタイプになり、上質さがアップしました。

 

また、N-BOXカスタムは、メッキの4本バーだったのものが、3本になり、それぞれが太くなりました。また、左右が立体的に浮き上がったデザインとなり、力強さが増しました

 

さらに、カスタムのターボ車は、前席が質感の高いコンビシートになっています。

 

 

カラーバリエーションも豊富になり、

 

・N-BOXにはプレミアムピンク・パール

・N-BOXカスタムにはプレミアムベルベッドパープル・パール

 

が追加されました。

 

さらに、2トーンカラースタイルは、N-BOXが3色に、N-BOXカスタムが4色に増えたんですよ。

 

ちなみに、2トーンカラースタイル各車には、ベースボディと同じ色のスマートキーが付いてくるんですよ。

 

 

使い勝手が向上し、快適装備も充実

今回のマイナーチェンジでは、使い勝手も向上しました。

 

N-BOXは、リアシートをギリギリまで後ろにつけることで、広い車内空間をつくり出していました。一方、N-BOX+は、リアシートを前につけて広い荷室を確保し、スロープを使えば、車いすも簡単に載せれるようになっていました。

 

このように、Nボックスは乗員優先、Nボックス+は荷物優先というふうになっていました(リアシートは固定されていて、前後のスライド機能はありませんでした)。

 

※実は、Nボックス+よりもNボックスの方が、10倍売れている

N-BOXとN-BOX+は販売台数が大きく違います。その理由とは…

 

 

けれど、今回のマイナーチェンジにより、後席に前後190mmのスライドシートが、メーカーオプションで設定できるようになりました(ただし、グレードGは設定できません)。

 

しかも、このシートを設定すると、後席のリクライニング機能は2段階から4段階にアップするんですよ。

 

さらに、このスライドシートとセットで、運転席と助手席の背もたれに、シートバックテーブルも付いてくるんです。

 

 

快適装備も充実し、

 

・フロントウインドーにIRカット&UVカットガラス

・コーナーガラス、フロントサイドウインドーにIRカット&スーパーUVカットガラス

・リアサイドウィンドーにロールサンシェイド

 

が標準装備となりました(ただしGグレードは付いていません)。

 

 

このように、今回のマイナーチェンジで、使い勝手が向上し、快適装備が充実したんです。

 

 

安心パッケージがメーカーオプションに

さらに、今回のマイナーチェンジでは、N-BOXカスタムが、大きく値下げされています。

 

実は、これには理由があり、前回の一部改良で、あんしんパッケージ(自動ブレーキ+サイド&カーテンエアバックのセット)が、Gグレード以外標準装備となりました。

 

けれど、今回のマイナーチェンジで、改めてメーカーオプション設定となったんです。

 

そのため、価格が、値下げされたというわけなんです。

 

 

ちなみに、今回のマイナーチェンジでは、メカニズム面の大きな変更はありませんが、若干、燃費性能は良くなっているんですよ。

 

マイナーチェンジにより、以前にもまして魅力的な車になりましたね。

 

そんなN-BOXの新車を購入するときの限界値引き額は、こちらを参考にしてください。

N-BOXの限界値引き額はいくら?同士&ライバル車競合で激安を狙え

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国5,000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

DMM AUTO
【WEBプロモーション】DMM AUTO
 

人に会う必要なし!スマホ一つで査定ができる画期的サービス

スマートフォンで車の写真を撮り、必要事項を入力するだけで愛車の査定が完了する査定サービスです。スマホ一つで査定が完了するので、営業マンなどに会う必要もなく、電話もかかってこないのでかんたんです。愛車の買取相場を知りたい人に最適です。

 

※スマートフォン専用のサービスなので、お手数をおかけしますが、スマートフォンで当サイトにアクセスしなおしてDMM AUTOのサービスを利用してください。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


 

愛車をより高く売る裏技

ユーカーパックは、売り切り価格(最低落札価格)を自分で設定します。

以下のように、ユーカーパックとDMM AUTOの両方を利用すれば、愛車をより高く売ることができますよ。

 

1.DMM AUTO(DMMオート)で査定をする

 

2.ユーカーパックを利用しするときに、DMMオートで表示された査定額を最低売却価格(売り切り価格)に設定する

 

3.ユーカーパックで最低落札価格より高い入札があったら、売却する

サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ