2018年~2019年3月までに登場予定の新型車(新車)情報

自動車業界では、毎年多くの新型車が登場していて、2018年度も多くの新型車の発表が期待されています。

 

2018年度は、SUVを中心に次世代ハイブリッド、プレミアムセダンなど、多彩なモデル展開が予想されています。

 

そこで、『2018年度に発売が予想されている新型車』をメーカーごとに紹介しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

2018年度は、各メーカーから多くのSUVが登場する

最近は、SUVの人気が世界的に高く、輸入車を含めて、新型車が活発に発売されています。日本でも、トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ、三菱、スバルなど、各メーカーからさまざまなサイズのSUVが登場しています。

 

2018年もSUVのニューモデル登場が、各メーカーで予定されていますので、ますますSUV競争が加熱しそうです。

 

 

2018年に登場する、各メーカーのニューモデル展開を紹介しますね。

 

 

トヨタ

トヨタが2018年度に登場させるモデルは、

 

・C-HR(新モデル追加)

・ヴィッツ(一部改良・特別車追加)

・クラウン(フルモデルチェンジ)

・カローラハッチバック(新登場)

・スープラ(日本市場へ復活)

・RAV4(日本市場へ復活)

 

の6車種です。

 

車種ごとに詳しい情報を紹介しますね。

 

 

C-HR

C-HRは、トヨタのコンパクトSUVとして人気の車種ですが、2018年5月7日にモデルの追加が発表されました。

 

これまでのC-HRは、1.2Lターボ4WDのS-Tグレードが最も安く、1.2Lターボ車に2WDは設定されていませんでした。

 

そこで、新たなエントリーモデルとして「1.2Lターボの2WDモデル」が追加されたんです。

 

1.2Lターボ2WDは、1.2Lターボ4WDより価格が15~20万円安くなっているため、お買い得な価格帯となっています。

 

最新の「トヨタセーフティセンス」が搭載されるなど、安全装備も高くなっています。

 

ますます人気の車種となりそうです。

 

 

ヴィッツ

ヴィッツは、2018年5月31日に一部改良と女性向け特別仕様車「ヴィッツ・アミー」を発売します。

 

一部改良を受けた新型ヴィッツは、「トヨタセーフティセンスC」の改良版「トヨタセーフティセンス」が搭載され、安全装備の内容が充実します。

 

歩行者対応自動ブレーキや、アクセル踏み間違い誤発進抑制機能インテリジェントソナーが装備され安全性が更に高まります。

 

 

さらに、女性向けの特別仕様車「ヴィッツ・アミー」が追加で設定されます。

 

ヴィッツ・Fグレードベースに、女性が好むデザインが採用されていて、特別なカラーやシート地、内装のカラーも女性向きになっているんです。

 

従来の特別仕様車「セーフティエディション」も1300ccエンジンを中心に装備が充実されます。

 

 

クラウン

クラウンは、2018年6月25日にフルモデルチェンジが行われます。

 

第45回東京モーターショー2017に、参考出店されたコンセプトモデルとほぼ同じエクステリアデザインが採用されています。

 

新型クラウンは、従来の「ロイヤルシリーズ」「アスリートシリーズ」のような位置づけをなくし1本化されます。

 

スポーツバージョンは「RS」、標準は「G」と、2シリーズの構成になるんです。

 

パワートレインは、

 

・2500ccハイブリッド

・3500ccハイブリッド

・2000ccターボ

 

が搭載されます。

 

クラウンの上級車種という位置の「マジェスタ」は、廃止される予定です。

 

 

スープラ

スープラが2019年春に復活します。

 

スープラは、トヨタが2002年まで販売していたスポーツカーです。

 

2002年に販売が終了されてからも、海外を中心にカスタムが楽しまれている車です。

 

日本で復活するスープラは、BMWとの共同開発でBMW社製の輸入モデルになる予定です。

 

 

パワーユニットは、2000ccターボが搭載されます。

 

歴代のスープラは、カローラ店のみで販売されていましたが、新型スープラはトヨタの全系列店から選ばれたパフォーマンス店での販売になるようで、販売台数も月間500台程度の少数に限定する見込みなんです。

 

今から発売が楽しみですね。

 

 

RAV4

RAV4は、1994年に誕生したトヨタのクロスオーバーSUVです。

 

2005年に発売された3代目RAV4を最後に、2016年に日本生産を終了していますが、欧米では今でも生産・販売されています。

 

そのような中、国内市場での販売を停止していたRAV4が、2019年春頃に日本での発売が復活します。

 

 

新型RAV4は、いかにもSUVというような、力強いエクステリアデザインとなっています。

 

全長4595×全幅1855×全高1700mmの堂々としたサイズになっていて、大きさ的にはハリアーと同じようなイメージです。

 

 

パワートレインは、

 

・2500ccガソリン

・2500ccハイブリッド

 

が用意されます。

 

 

ガソリン車には、新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が、トヨタで初めて搭載されるんです。

 

さらに、前後および後輪の左右駆動力を最適に制御する「トルクベクタリング機構」が搭載されることで高い走破性が発揮されます。

 

 

トヨタ車

レクサス

レクサスは、2018年8月末に「レクサスES」、2018年11月頃に「レクサスUX」を新発売します。

 

 

レクサスES

新型レクサスESは、2018年4月25日に中国北京で開催されてた「北京モーターショー」で世界初公開されました。

 

レクサスESは、トヨタのカムリをベースとしていますが、カムリよりもハイクオリティで、プレミアム性が盛り込まれたモデルになっています。

 

 

ボディサイズも、レクサスGS並みにサイズアップされています。

 

パワーユニットは、カムリと同じ「2500ccハイブリッド」です。

 

名称は、「ES300h」となりそうです。

 

 

レクサスUX

レクサスUXは、小型クロスオーバーSUVです。

 

トヨタのC-HRをベースに開発されていて、ボディサイズはC-HRとほとんど同じです。

 

パワーユニットは、新開発の「2000cc直噴NA」と「2000ccハイブリッド」が搭載されています。

 

C-HRのパワーユニットが、1200ccターボと1800ccハイブリッドなので、レクサスUXは、C-HRよりワンランク上の位置づけとなります。

 

 

ホンダ

ホンダが2018年度に新登場させるモデルは、

 

・ジェイド(マイナーチェンジ・新モデル追加)

・Nバン(新発売)

・ヴェゼル(マイナーチェンジ・新モデル追加)

・クラリティPHEV(新発売)

・CRーV(日本市場へ復活)

・新型ハイブリッド専用セダン(新発売)

 

の6車種です。

 

車種ごとに詳しい情報を紹介しますね。

 

 

ジェイド

2018年5月17日、ジェイドがマイナーチェンジして新発売されます。

 

 

ジェイドは、3列シート6人乗りのステーションワゴンとして、2015年にデビューしました。

 

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが変更されました。

 

さらに、2列シート5人乗り仕様「ジェイドRS」が追加されたんです。

 

 

ジェイドRSは、従来の3列シートから2列シートに変更されたことにより、広い荷室スペースを確保しました。

 

パワーユニットは、

 

・3列シート 1500ccハイブリッド

・3列シート 1500ccターボ

・2列シート 1500ccハイブリッド

・2列シート 1500ccターボ

 

が用意されています。

 

低全高でスポーティなデザインのジェイドRSは、今後、販売の主力となりそうです。

 

 

Nバン

ホンダの軽商用車といえば、バモスやバモスホビオが有名ですが、バモスの後継モデルとして「Nバン」が2018年5月に新登場します。

 

 

Nバンは、Nボックスをベースに商用車仕様に仕立てられています。

 

助手席側センターピラーレス・レイアウトが採用されていて、座席もすべてフラットに畳むことができるため、大きな物やかさばる荷物でも、積みやすくなっているのが特徴です。

 

「標準ルーフ」と「ハイルーフ」の2つの仕様があり、エンジンは、当面、ノンターボの660ccのみの設定となっています。

 

今後、助手席側センターピラーレス仕様が好評なら、軽乗用車にも採用されるかもしれません。

 

 

クラリティPHEV

クラリティPHEVは、ホンダの燃料電池車「クラリティ・フューエルセル」をベースに製作されています。

 

クラリティ・フューエルセルと同じ電動パワートレインを採用しながらも、ガソリンエンジンを搭載することで、プラグインハイブリッドに仕立てたモデルです。

 

 

パワートレインは、2000ccのエンジンに、2モーター、大型リチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを搭載しています。

 

1回の充電で、100kmのEV走行が可能となっていて、近距離の日常生活では電気自動車のみで走れるようになっています。

 

 

ヴェゼル

2018年2月にマイナーチェンジが行われたばかりのヴェゼルですが、2018年7月新たにスポーツバージョンが登場します。

 

1500ccのターボモデルです。

 

ヴェゼルは、2013年に発売されてから、2014年~2016年度の3年間連続、SUVの国内車名別新車販売台数で一位を獲得していましたが、2017年度はトヨタのC-HRにその座を奪われてしまいました。

 

ホンダとしては、ターボモデルを追加してSUVのNO.1を取り戻したいところです。

 

 

CR-V

ホンダのミッドサイズSUVのCR-Vが、2018年9月に日本市場へ復活します。

 

2016年に日本で販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気を受けて再始動します。

 

新型CR-Vは、第45回東京モーターショー2017に、参考出品したプロトタイプがそのまま市販化される予定です。

 

2列シートの5人乗り仕様と3列シートの6~7人乗り仕様が設定されます。

 

 

パワートレインは、

 

・2列シート 2000ccハイブリッド 2WD

・3列シート 1500ccターボ 2WD・4WD

 

が用意されます。

 

CR-Vは、根強いファンが多いので、発売に大きな期待が寄せられているんです。

 

 

新型ハイブリッド専用セダン

ホンダは、2018年12月、新たに開発したハイブリッド専用セダン車の発売を予定しています。

 

ファストバックの4ドアセダンが採用され、車名は「インサイト」になりそうです。

(ファストバックとは、リヤエンドに向けて一気に傾斜するルーフラインをもつスタイルの車両のこと)

 

パワートレインは、新開発の1500cc直噴エンジンに2モーター+リチウムイオンバッテリーが搭載されます。

 

ホンダは、これまで1500ccハイブリッドには、1モーター&クラッチ方式を採用していましたが、2モーターシステムを採用することによって、同クラス最高レベルの低燃費実現を目指します。

 

ホンダ車

 

 

日産

日産は、2018年9月頃に「リーフニスモ」を登場させ、2019年春頃に新型電気自動車を発売させる予定です。

 

 

リーフニスモ

リーフニスモは、日産のスポーツ部門「NISMO」が開発したEVです。

 

NISMO(ニスモ)とは、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(英語:Nissan Motorsports International CO.LTD.)の頭文字に由来している日産のスポーツ部門です。

 

 

リーフニスモは、100%電気自動車(EV)のリーフに、スポーティな走りが搭載されたモデルになっています。

 

走りのポテンシャルを高めるために、モーターの出力アップ、バッテリーの容量拡大、足回りの強化が図られています。

 

エクステリアは、ルーフ、前後バンパーなどの空力特性を向上させていて、航続距離は500kmを目標に開発が進められています。

 

 

新型電気自動車

新型電気自動車は、日産が三菱との共同開発車で、軽自動車をベースに開発されています。

 

日産、三菱の両ブレンドを設定する予定で、基本ボディは、日産・デイズ/三菱・ekワゴンとなっています。

 

新型電気自動車の開発自体は、デイズと同じように日産主導で進められ、三菱側では日産からのOEM供給という形で販売されると見られています。

日産車

マツダ

マツダは、2018年5月に「CX-3」、9月頃「アテンザ」のマイナーチェンジを行います。

 

CX-3、アテンザとも、内外装のデザイン変更やエンジン改良、安全装備の強化などが行われます。

 

アテンザには、2500ccターボ搭載車が追加されます。

 

ほかにも、デミオやアクセラの一部改良も行われる予定です。

 

 

スズキ

スズキが2018年度に新登場させるモデルは、

 

・ソリオ(マイナーチェンジ)

・ジムニーシリーズ(フルモデルチェンジ)

・イグニス(マイナーチェンジ)

 

の3車種です。

 

 

ソリオ

2018年8月、スズキが誇る人気コンパクトカー「ソリオ」のマイナーチェンジが行われます。

 

2015年8月に、フルモデルチェンジが行われてから、3年が経過することから大幅なマイナーチェンジとなりそうです。

 

内外装のデザイン変更やエンジンの改良、自動ブレーキの変更も行われ、安全装備も強化されます。

 

新型ソリオは、最新のハイテク技術がたくさん搭載され進化します。

 

 

ジムニーシリーズ

ジムニーは、1970年から発売されている軽SUVです。

 

小型ながら高いオフロード性能を有し、気軽にクロスカントリーが楽しめる車として、根強いファンを持っています。

 

ジムニーは、2018年現在までマイナーチェンジを経て、フルモデルチェンジは行われていませんでした。

 

 

そんなジムニーに、20年ぶり待望のフルモデルチェンジが実施されます。

 

というのも、現行のジムニー、ジムニーシエラは、2018年3月中に生産を終了します。

 

2018年2月以降の届け出で、装着が義務化される横滑り防止装置 (ESC) への対応が主な理由です。

 

 

新型ジムニー(軽自動車)、新型ジムニーシエラ(小型車)は、どちらもラダーフレーム(はしご状フレームに車体を載せる構造)を継続採用し、ラフロード4WDとしての走破性のよさに磨きをかけます。

 

エクステリアデザインは、現行モデルを大幅に引き継いだ、いかつい角型のジープスタイルに多少丸みをつけたスタイルです。

 

エンジンは、

 

・ジムニー 660ccマイルドハイブリッドターボ 4ATと5MT

・ジムニーシエラ 1000ccターボ 6AT

 

となります。

 

待ちに待ったジムニーのフルモデルチェンジは期待大です。

 

 

イグニス

イグニスのマイナーチェンジは、2019年の年明け頃を予定しています。

 

ソリオ同様、内外装のデザイン変更、エンジン改良、安全対策の強化が図られます。

 

スズキ車(ジムニー)

 

 

ダイハツ

ダイハツが2018年度に新登場させるモデルは、

 

・ミラココア(後続モデル発売)

・タント(フルモデルチェンジ)

・新小型SUV(新発売)

 

の3車種です。

 

ミラココア

ミラココアは、2018年3月に販売が終了しました。

 

そのミラココアの後継モデルとなる「ミラトコット」が、2018年6月に新発売されます。

 

 

ミラトコットは、ミライ―スをベースに、性能や安全性がアップした個性派モデルです。

 

背の高いキュートな丸みをもたせた外装で、5ドアハッチバックレイアウトを採用しています。

 

エンジンは、660ccのノンターボ車のみで、2WDと4WDが設定されています。

 

 

タント

広い室内空間で大人気のタントが、2018年の年末にフルモデルチェンジを行います。

 

 

新型タントは、プラットフォーム、エンジンなど性能が大幅に進化します。

 

Nボックスのようにエンジンを傾け、前方に移動させることで、広い室内空間を実現させる新レイアウトを採用し、助手席側のセンターピラーレスは継続させ、より使い勝手のいい車になります。

 

最新パワートレインの採用により、燃費性能も向上されます。

 

 

また、軽自動車で初となる、EV走行可能なフルハイブリッドが設定される可能性もあるんです。

 

安全装備は、現行「スマートアシストⅢ」をさらに進化させた新プログラムを採用する予定です。

 

自動ブレーキの停止速度を速めるほか、障害物検知機能の改善も行われますよ。

 

 

新小型SUV

東京モーターショー2017に、参考出品されたベーシックコンパクトSUVが市販化されるようです。

 

コンセプト的にはスズキのクロスビーに近く、クロスビーの対抗モデルとして発売するようです。

 

ダイハツ・トールのプラットフォームを採用し、背の高い5ドアハッチバックのSUVです。

 

最低地上高を180mm程度に引き上げ、でこぼこ道での走破性をよくしています。

 

パワートレーンは、1000ccのターボとCVTの組み合わせで、2WDと4WDが設定されます。

 

 

三菱

三菱が2018年度に新登場させるモデルは、

 

・デリカD:5(一部改良)

・アウトランダーPHEV(イヤーモデルの切り替え改良)

・エクリプスクロス(ディーゼル車の投入)

 

です。

 

 

デリカD:5

2018年4月25日、デリカD:5の一部改良が行われました。

 

デリカD:5は、SUV×ミニバン型の乗用車で、3列シートのミニバンであるにもかかわらず、悪路走破性を持ったSUVという特徴が魅力の車です。

 

今回の一部改良は、法規対応が中心で、前後バンパーの大型化やフロント部分のデザイン変更など、外観デザインを中心に改良が行われています。

 

また、現行モデルの販売比率は、80%がディーゼル車なので、今後ガソリン車を廃止して、ディーゼル車に1本化して可能性があります。

 

 

アウトランダーPHEV

2018年3月に、スイスで開催されたジュネーブモーターショーで、アウトランダーPHEVの改良モデルが発表されました。

 

この改良モデルが、8月に国内導入される予定です。

 

改良モデルでは、PHEVシステムの9割を改良し、出力や燃費性能が向上されるようです。

 

 

エクリプスクロス

2018年3月1日に、デビューしたばかりの新型コンパクトSUV「エクリプスクロス」ですが、3月の発売ではガソリン車のみの発売でした。

 

そのため、1年後の2019年3月頃に、2300ccクリーンディーゼル車が追加される予定です。

 

 

三菱は、3車種以外にも、日産との共同開発を進めている軽自動車の発売も2019年に予定しています。

 

 

スバル

スバルは、2018年6月にフォレスターのフルモデルチェンジ、2018年7月にレヴォーグのマイナーチェンジを実施します。

 

 

フォレスター

次期型のフォレスターの一番の特徴は、現行インプレッサから採用が開始された、次世代「スバルグローバルプラットフォーム」が採用されることです。

 

外観デザインは、キープコンセプトで、外観の印象をあまり変えないフルモデルチェンジです。

 

ボディサイズのみを少しサイズアップさせ、ホールベースを若干延長し、全車フルタイム4WDはそのまま継続されます。

 

パワーユニットは、水平対向直噴2500ccのみを搭載します。

 

先進安全装備の「アイサイト・ツーリングアシスト」を、全車に標準装備します。

 

 

レヴォーグ

2018年7月のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更が実施され、新グレードや新しいボディーカラーが追加設定されます。

 

また、先進安全装備「アイサイト・ツーリングアシスト」を、全車標準装備します。

 

 

まとめ

2018年度も各メーカーで、たくさんの新型車が発売されます。

 

とくに、6月7月は新型車の発表、発売が多い月で、ボーナス時期にあわせて購買意欲を刺激するメーカーの狙いからです。

 

今後が楽しみですね。

タグ: 

カテゴリ:車ニュース 

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ