新車市場で有名なカーベルが開始したペット火葬の内容とは?

㈱カーベルといえば、新車市場や100円レンタカーで有名です。

 

このカーベルが、”ペット火葬”事業を開始したんです。

 

車と関係ない事業ですが、なぜ始めることにしたのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、カーベルに電話調査しましたので、その結果を紹介しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

火葬車を使うから多少、車業界と関係する

近年、犬や猫などのペットを飼う人が増え、ペットの数は”子供の数よりも多い”といわれています。

 

直近のデータでは、犬の平均寿命は14.85歳、猫の寿命は15.75歳で、今年から数年先に高齢化を迎えるピークがやってくるそうです。

 

このピークをビジネスチャンスととらえたカーベルが、全国800店舗以上の加盟店を活かした新たな事業として、ペット火葬「ペットの旅立ち」を行うことにしたんです。

 

特に最近は、ペットの家族化が進んでいて、葬儀のニーズが高まっているんです。

 

 

ペット火葬「ペットの旅立ち」の具体的な流れは、

 

1.ペットの飼い主のお客から電話かネット予約が本部に入る

2.GPSで距離計算され、至近距離店舗へその予約を配信する

3.その店舗から火葬車がお客宅へ訪問

4.自宅前でセレモニー&花葬を行う

 

となります。

 

 

では、車と全く関係のないペット火葬をカーベルが行うことにしたかというと、カーベル・広報宣伝部いわく、火葬車で車を使うからなんです。

 

あ、火葬車を使うから多少なりともクルマ業界と関連はあるんですね。すでに動き出しているとのことですけど。

 

☎はい。ペット火葬業界初のネット予約もありまして、すでに何件もとり行っています。火葬車を作るのに3ヵ月ほどかかるので、当面は直営店が対応可能な東京23区で行い、広げていく予定です。

(引用元:ベストカー)

 

火葬車で車を使うとっても、まったく新しい事業に参入するというのは凄いですね。

 

カーベルは、これまでの「新車市場」「100円レンタカー」に、「ペットの旅立ち」を加えて、3つのブランドを持つ全国チェーンとしてアピールしていくそうです。

 

 

ペット火葬の料金は、1万2000円~、1万5000円~、2万円~という3つのプランがあり、ペットの体重などで料金が変わります。

 

たとえば、5kg以下のチワワだと、総額で2万7000円(税込)になります。

 

時間はどのプランも100分前後で、最後にご返骨を行って終了となります。

 

オプションとして、粉骨サービス(3000円・税込)や、粉骨を納めるメモリアル分骨カプセル(3000円・税込)などもあります。

 

 

ペットは家族と同然と思っている飼い主さんは多いです。

 

いざというときに慌てないように、今のうちにペット火葬などをチェックしておくといいかもですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ