旧車の税金が大幅値上げ。なぜ日本はクラシックカーを大事にしないの?

2015年4月から新エコカー減税制度のスタートや軽自動車税の増税が始まり、大きく注目されました。

 

そのようななか、旧車(古い車)への増税も行われていたのをご存知ですか?

 

なんと、13年を超えたガソリン車&LPG車、11年を超えたディーゼル車の自動車税が、15%の大幅アップとなったんです。さらに、13年を経過した軽自動車も、2016年度分から軽自動車税が20%の大幅アップです。

 

ですが、なぜ日本は自動車大国にもかかわらず、旧車を大切にしないのでしょうか?

 

この疑問に関して、カー雑誌『ベストカー』が調べていましたので結果を紹介しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

どうして13年超の車は環境に悪い!?

今年度から(軽自動車税は2016年度から)、古い車に対する自動車重量税と自動車税は以下のように増税されます。

 

継続検査時における13年、18年を超えたクルマの自動車重量税の税額(2年自家用)
標準税額13年経過18年経過
’16年3月31日まで’16年4月1日以降
軽自動車(2年自家用)6600円7800円8200円8800円
0.5トン以下8200円1万800円1万1400円1万2800円
~1トン以下1万6400円2万1600円2万2800円2万5200円
~1.5トン以下2万4600円3万2400円3万4200円3万7800円
~2トン以下3万2800円4万3200円4万5600円5万400円
~2.5トン以下4万1000円5万4000円5万7000円6万3000円
~3トン以下4万9200円6万4800円6万8400円7万5600円

 

13年を超えたガソリン車、LPG車で11年を超えたディーゼル車の自動車税(自家用)
総排気量年税額(標準税額)10%重課(’15年3月31日までに新規登録)15%重課(’15年4月1日以降に新規登録)
1L以下2万9500円3万2400円3万3900円
1L超~1.5L以下3万4500円3万7900円3万9600円
1.5L超~2L以下3万9500円4万3400円4万5400円
2L超~2.5L以下4万5000円4万9500円5万1700円
2.5L超~3L以下5万1000円5万6100円5万8600円
3L超~3.5L以下5万8000円6万3800円6万6700円
3.5L超~4L以下6万6500円7万3100円7万6400円
4L超~4.5L以下7万6500円8万4100円8万7900円
4.5L超~6L以下8万8000円9万6800円10万1200円
6L超11万1000円12万2100円12万7600円

 

’15年4月1日に改正された軽自動車税
対象車種’15年3月31日までに新規登録’15年4月1日以降に新車登録新規登録から13年を経過したもの(’16年度ぶんから)
軽4輪乗用(自家用)7200円1万800円1万2900円
軽4輪乗用(営業用)5500円6900円8200円
軽4輪貨物(自家用)4000円5000円6000円
軽4輪貨物(営業用)3000円3800円4500円

(引用元:ベストカー)

 

 

ですが、なぜ13年経った車は、重い税を課せられるのでしょうか?

 

その理由は…。

国交省自動車局や財務省主税局に聞いてみたが、なしのつぶて。ようやく辿り着いたのが総務省都道府県県税課の篠崎さん。

 

「平成13年度に始まったグリーン化税制は、環境配慮型税制で自動車の環境負荷に応じて自動車税の軽課または重課が始まりました。環境に優しいクルマを増やし、環境負荷が大きい車への重課が主な目的ですが、13年超となっているのは自動車の平均使用年数から決めています

(引用元:ベストカー)

 

たしかに、自動車検査登録情報協会が発表によると、新車登録後から末梢されるまでの期間は平均で12.64年で、重課させる13年に近いです。

 

また、スクラップにして新車買い替えを促進させたエコカー補助金制度でも13年超の車が対象でした。

 

ですが、13年超ですべての車に重課というは、少し横暴な気がしますね。車が新しい古いよりも、排気ガスの排出量やNOxの排出量で重課する方が、公平性があるように感じます。

 

 

ただ、総務省都道府県県税課によると、2年ごとに見直しがされていて、議論が交わされているんだとか。

 

例えば…。

13年超のクルマを所有していても走行距離が少なければCO2の排出量が少ない。日本はこれだけの自動車大国なのに、後世に日本の自動車文化を残すという観点からも反する。13年超の自動車税、自動車重量税を安くしてもお金持ちだけが得をして、あまり影響はないんじゃないか。欧州諸国のようなヒストリックカーへの優遇処置を見習うべき、などなど。

(引用元:ベストカー)

 

 

環境を守りつつ、国民に優しい税制になってくれることを願いましょう。

 

 

欧州では、旧車に対して優遇処置がある

日本では、古い車に対して重課を課しているのに対して、欧州諸国は、ヒストリックカー(旧車、クラシックカーのこと)に対して、税の優遇処置があるんです。

 

 

スイスは、コレクターズナンバーというものがあり、30年以上前のコンディションの良い車で、年間2000マイル以内、車検は6年後ごと(一般車両は2年ごと)となっています。

 

1枚のコレクターズナンバーに対して、最低3台保有しなくてはならず、最大20台の車を登録できるそうです。

 

そして、税金や保険は、排気量の一番大きな車に課せられるというから、面白い優遇処置ですね。

 

 

イギリスは、1973年以前の車は、税金が免除される優遇制度があり、車検は毎年必要ですが、乗る期間と乗らない期間を申請し、乗る期間だけ税金を払うシステムになっています。

 

 

日本と同じ自動車大国のドイツも、ヒストリックカーの優遇税制を実施しています。

 

そもそも、ドイツの自動車税は、車の古さに関係なく、エンジンの形態、ガソリンエンジンかディーゼルエンジンか、排気量、CO2放出量、どのユーロ規制をクリアしているかで決まっているんです。

 

なので、古い車でも新しい車でも、税率が同じということも多いんです。

 

そして1997年に始まったヒストリックナンバー制度により、30年以上の古い車でオリジナルの状態でレストアされている車でT:UV(技術検査協会)の認定が取れた車は、自動車税が一定額になり、自動車保険も減額されるんです。

 

 

このように、欧州諸国では、古い車に対して、税の優遇処置があるんです。

 

日本も、欧州諸国を見習って、歴史ある旧車と自動車文化を守るために税の優遇制度を行うようにして欲しいですね。

タグ:  

カテゴリ:車の基本 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ