新型プリウスPHVの公道試乗。乗り心地やEVモードの力強さは?

2017年2月15日に発売が開始された新型プリウスPHV。

 

新型プリウスと外観を変えるなどして、満を持して登場しましたが、乗り心地はどうなのでしょうか?

 

そこでカー雑誌『ザ・マイカー』が、新型プリウスPHVを公道で試乗していましたので、乗り心地などを紹介しますね。

 

新型プリウスPHVは、完成度がとてつもなく高い車なんですよ。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

新型プリウスPHVのEVモードは、ハイブリッドよりも力強い

新型プリウスPHVは、先代と比べてEVモードが大幅に強化されています。

 

EVモード、ハイブリッドモード、バッテリーチャージモードがありますが、135km/hまでEV走行が可能なので、バッテリー減少以外でEVモードが解除されることはめったにありません

 

アクセルペダルを床まで踏み込んではじめて切り替わりますが、この時点で十分に加速しているので、アクセルを緩めるとすぐにEVモードになります。

 

 

しかも、EVモードは、ハイブリッドよりも走行性能が良いんです。

 

完全なモーター走行となるEVモードはハイブリッドモードより力強く、アクセル操作に対する反応が抜群に良い。そのためアクセル開度も小さくてすむ。ドライブモードをパワーにしなくても、高速道路での追い越しで一切不満を覚えない。試しにハイブリッドモードに切り替えると、アクセルペダルを踏み込んでからエンジンの回転数が変わって加速するまで時間がかかる。発電用モーターが走行用として機能することと、ハイブリッドモードではモーターが100%の能力を発揮しないため、このような差が表れている。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、新型プリウスPHVは、EVモードが強化されているんです。

 

 

新型プリウスPHVは、プリウスより高いが優れた機能がたくさん

新型プリウスPHVの走行感覚は、プリウスに近いです。

 

けれど、車両重量が約150kgも増えていることで、走行感覚に落ち着きが出て、上質になっています

 

17インチホイール装着車は、路面の凸凹を上手にいなして快適です。

 

また、最先端のクルマに似合った、正確な動きをしてくれます。

 

 

内装は、中央の大型モニター以外は、プリウスに似ています。

 

大型モニターは、縦長のせいか、カーナビに表れる文字も縦長になっているのですが、行き先がよく分かるというメリットがあります。

 

使用頻度の多いタッチスイッチが大型モニターの横についているので、スイッチ類の使い勝手は良いですよ。

 

 

新型プリウスPHVは、プリウスより約100万円ほど高く、ガソリン代などで元を取るのはほとんど不可能です。

 

また、ソーラーパネルも約28万円も高くて、発電量は最大で6.1km/日、平均で2.9km/日ぶんなので、こちらも元を取るのはほとんど無理です。

 

けれど、プリウスPHVのEVモード走行の上質な乗り心地と力強さ、優れた機能を見れば納得の価格です。

 

購入資金に余裕のある人は、プリウスPHVを選んでみるのもいいかもですね。

 

 

最後に、新型プリウスPHVの良いところ、悪いところ、主要諸元を示しておきますね。

 

プリウスPHVの〇と×

 

〇 先代からEVモードの性能が別次元に進化し、めったにハイブリッドモードにならない。モーター走行がPHVの醍醐味だけに、先代の反省点を生かした改良がきちんとなされたのは評価できる。

 

× カラーヘッドアップディスプレイやオートワイパーなどがAプレミアムだけの装備となり、AとAレザーパッケージの装備内容がプリウスより劣る、目立つ装備はプリウスに揃えるべきではないだろうか。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

【主要諸元/Sナビパッケージ】

●全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm

●室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195mm

●ホイールベース:2700mm

●車両重量:1510kg

●最小回転半径:5.1m

●エンジン種類:直4DOHC+モーター

●総排気量:1797cc

●最高出力:98馬力/5200回転

●最大トルク:14.5kg-m/3600回転

●モーター出力:72・31

●モータートルク:16.6・4.1

●バッテリー種類:リチウムイオン

●タンク容量:43L

●JC08モード燃費:37.2km/L

●価格:3,666,600円

(引用元:ザ・マイカー)

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ