ロードスターRFの5つのポイント。トランクスペースはソフトトップと同じサイズ

運転する楽しさを味わうことができる車といえばマツダ・ロードスターです。

 

ヨーロッパでは、かなり評価が高い車です。

 

このロードスターに、電動開閉式のハードトップを備える「ロードスターRF」が加わりました。

 

2016年11月10日から先行予約が開始され、12月22日発売されます。

 

そこで、『ロードスターRFの5つのポイント』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

ロードスターRFは、ルーフを開いた時の外観がソフトトップと違う

現行型のロードスターは、幌のソフトトップタイプがありました。

 

これに加え、新たに電動で開閉するハードトップを搭載した「RF」も設定されたんです。

 

 

RFの外観は、リアウインドーを寝かせてトランクスペースを短く見せるボディ形状の「ファストバック」になっています。

 

リアウインドーは、室内の後部に直立していて、ルーフの開閉にあわせて一緒に開閉します。

 

けれど、ボディを側面から見た形状は、ファストバックになっています。

 

 

RFとソフトトップの外観で大きく違うのは、ハードトップ(幌)を開いたときです。

 

RFのハードトップを格納したときに格納されるのは、ルーフとウインドーだけです。

 

ボディ後部のピラーは残るんです。

 

運転中の解放感は、ソフトトップとそれほど変わりませんが、RFの方が風の巻き込みが少ないです。

 

 

ちなみに、RFのルーフの開閉は、インパネのスイッチを押し続けるだけでOKで、たった13秒で開閉できるんですよ。(13秒という開閉スピートは、世界最速です)

 

 

ロードスターRFは、搭載しているエンジンも違う

ロードスターRFは、搭載しているエンジンもソフトトップと違います。

 

ソフトトップは1500ccエンジンでしたが、RFは北米や欧州仕様に設定されている2000ccエンジンを積んでいます。

 

さらに、運転席後部にピラーが加わったので、ボディ剛性が向上し、走行安定性が高まっているんです。

 

 

実は、ソフトトップのロードスターは、あえてボディ剛性を下げているんです。

 

ソフトトップは故意にボディ剛性を下げて、カーブを曲がる時に後輪が緩やかに横滑りをする傾向を持たせた。これを運転の楽しさに位置付け、1500ccエンジンも性能を使い切る楽しさを演出する。走り込むと独特の味わいを感じる半面、動力性能が低く、安定性が不足しているという見方も成り立つ。

(引用元:ザ・マイカー)

 

 

その点、ロードスターRFは良くできたスポーツカーで、後輪の接地性が高く、高速道路など高速走行でのカーブも安心できます。

 

搭載している2000ccエンジンも、実用回転域で動力性能が高く、シフトアップしていくと気持ちよい加速を味わうことができます

 

このように、ロードスターRFは、いままでのソフトトップとは全く違った車に仕上がっているんです。

 

 

ちなみに、電動開閉機能のハードトップを備えていると、トランクスペースが小さくなるのでは?と心配するユーザーも多いです。

 

ロードスターRFのトランクスペースは、ソフトトップ仕様と同じサイズなので安心してくださいね。

 

最後に、RFの5つのポイントと、ソフトトップと比較した主要諸元を示しておきますね。

 

RFのポイント

 

1.スイッチ操作だけでハードトップを素早く開閉できる

2.外観は都会的な雰囲気のファストバックスタイル

3.エンジンは動力性能に余裕のある2000ccを搭載

4.ボディ剛性の向上で走行安定性や乗り心地も高まった

5.ソフトトップと同様のトランクスペースを確保する

(引用元:ザ・マイカー)

 

■ロードスターRFと、ソフトトップ仕様の主要諸元表

ロードスターRF VS

(6MT)

ロードスターS

スペシャルパッケージ

全長3915mm
全幅1735mm
全高1245mm
ホイールベース2310mm
エンジン直4DOHC
排気量1997cc1496cc
最高出力158ps/6000rpm131ps/7000rpm
最大トルク20.4kgm/4600rpm15.3kgm/4800rpm
車重1100kg1010kg
サスペンションダブルウィッシュボーン/

マルチリンク

JC08モード燃費15.6km/L17.2km/L
タイヤサイズ205/45R17195/60R15
価格357万4800円270万円

※RFには1.5Lに設定されるi-ELOOPの設定はない

(引用元:ベストカー)

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ