インプレッサやXVなど、現行スバル車のメリット・デメリット

現在、絶好調のSUBARU(スバル)。

 

世界中で愛され、「スバリスト」(スバル車をこよなく愛する人のこと)という言葉があるほどです。

 

一方で、どんな車にも良いところ、悪いところが存在します。

 

そこで、『現行スバル車のメリット・デメリット』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

現行スバル車のメリット・デメリット

現行スバル車は、約11車種が存在します。(OEMを入れれば、もっとたくさんの車種があります)

 

その11車種のメリット・デメリットを紹介しますね。

 

インプレッサスポーツ/G4

【メリット】

スバルの主力車種で、2016年10月にフルモデルチェンジが行われたインプレッサ。

 

フルモデルチェンジでプラットフォームが、刷新されました。

 

 

インプレッサは、走行安定性と乗り心地のバランスが優れていて、ハンドル操作に対して車が正確に向きを変えるので運転がしやすいです。

 

路面のこまかな凸凹も車がしっかり吸収してくれるので、乗り心地も快適です。

 

 

安全装備も充実していて、歩行者エアバッグも全車に装備しています。

 

内装の質感も高く、居住性も良いので後席も広々です。

 

 

【デメリット】

インプレッサのデメリットは、先代型と比べて、斜め後方の視界が悪くなったところです。

 

また、1.6L仕様のスタビライザーを省いたのはスバルらしくなく、1.6L仕様は動力性能が不足することがあります。

 

 

●全長4460×全幅1775×全高1480mm

●ホイールベース2670mm(インプレッサスポーツ)

●エンジン:1.6L NA、2L NA

●価格:192万2400~259万2000円

 

XV

【メリット】

XVは、最低地上高が200mmと高いので、悪路の凸凹を乗り越えやすいです。

 

いっぽうで、全高を1550mmに抑えてあるので、立体駐車場も使いやすいです。(1550mmを超えると、高さ制限から使えない立体駐車場がでてきます)

 

 

SUVとしては安定性が優れていて、後席を含めて居住性は快適です。

 

アイサイトバージョン3と歩行者エアバックもついているので、安全性も高いです。

 

それでいて車両本体価格は、インプレッサスポーツより約11万円高いだけなので、割安感が高いです。

 

 

【デメリット】

車両重量が1400kgを超えるので、1.6Lではパワー不足を感じます。

 

先代型と比べて、後方視界が悪いのもデメリットです。

 

 

●全長4465×全幅1800×全高1550mm

●ホイールベース2670mm

●エンジン:1.6L NA、2L NA

●価格:213万8400~267万4000円

 

 

レヴォーグ

【メリット】

レヴォーグは、日本で買えるワゴンの中で最も商品力が高いです。

 

走行安定性が優れていて、乗り心地も良いです。

 

全幅も1780mmなので取り回しがしやすく、4WDも装着していて、安全装備も充実しています。

 

1.6Lターボは割安です。

 

 

【デメリット】

レヴォーグのデメリットは、2Lターボは動力性能が高いですが、アイドリングストップ機構が付かないところです。

 

1.6Lターボと価格を比べると、装備差を補正しても約47万円高いです。

 

フォレスターのターボは、NAの16万円アップに抑えられているので、これを考えるとレヴォーグの2Lターボは割高です。

 

 

1.6Lターボは、1500回転以下で駆動力が落ち込むというデメリットがあります。

 

 

●全長4690×全幅1780×全高1485~1490mm

●ホイールベース2650mm

●エンジン:1.6Lターボ、2Lターボ

●価格:277万5600~394万2000円

 

 

WRX STI/S4

【メリット】

2Lターボは、実用回転域の動力性能が高く、それでいて高回転域の吹け上がりも良いです。

 

カーブでは、車は適度に機敏に曲がり、下りカーブでアクセルペダルを戻すような操作をしても、後輪の接地性は損なわれにくいです。

 

 

S4の2.0GTアイサイトは、乗り心地も適度に快適で、後席の居住性も充分です

 

 

【デメリット】

アイドリングストップ機構がつかないのはデメリットです。

 

また、STIは、アイサイトバージョン3がつかないのもデメリットです。

 

 

●全長4595×全幅1795×全高1475mm

●ホイールベース2650mm

●エンジン:2Lターボ

●価格:334万8000~411万4800円

 

 

現行のスバル車には、このようなメリット・デメリットがあります。

 

どんな車にも、メリット・デメリットは存在するので、車を購入するときはこの点をしっかり調べてからにしてくださいね。

 

次回も続けて、残りのスバル車のメリット・デメリットについてお話ししますね。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ