フォレスターやレガシィ、BRZなど、現行スバル車のメリット2

現在、絶好調のSUBARU(スバル)。

 

日本だけでなくアメリカなどでも大人気となっています。

 

そんなスバル車にも良いところ、悪いところが存在します。

 

そこで前回、『現行スバル車のメリット・デメリット』として、インプレッサやレヴォーグなどのメリット・デメリットについてお話ししました。

 

※インプレッサ、XV、レヴォーグ、WRXの長所と短所

インプレッサやXVなど、現行スバル車のメリット・デメリット

 

 

今回も続きとして、

 

・フォレスター

・レガシィB4/アウトバック

・エクシーガクロスオーバー7

・BRZ

 

のメリット・デメリットについてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

現行スバル車のメリット・デメリット

現行スバル車は、約11車種が存在します。(OEMを入れれば、もっとたくさんの車種があります)

 

さっそく残りの車種のメリット・デメリットを紹介しますね。

 

フォレスター

【メリット】

フォレスターの最低地上高は、220mmを確保しているので、凸凹など悪路の走破力が高いです。

 

それでいて、最低地上高が高いわりに床が低いので、乗降りがしやすいんです。

 

 

前席、後席ともにシートの座面の高さが適度で、後席は足元空間が広いので、大人4人が乗っても快適です。

 

全高は1700mmを超えますが走行安定性は高く、最小回転半径は5.3mに収まるので、小回り性もなかなか良いです。

 

 

【デメリット】

フォレスターのデメリットは、ターボ車にはアイドリングストップがつかないところです。

 

2LのNAエンジン(ノンターボエンジン)は、パワー不足を感じてしまいます。

 

 

●全長4595~4610×全幅1795×全高1715~1735mm

●ホイールベース2640mm

●エンジン:2L NA、2Lターボ

●価格:214万9200~312万8760円

 

レガシィB4/アウトバック

【メリット】

レガシィアウトバックは、国産SUVではトップクラスに快適なクルマです。

 

17インチタイヤ装着車は、乗り心地が優れていて、前席、後席ともに頭上と足元空間が広く、シートも上質です。

 

2.5Lエンジンは、実用回転域での駆動力が高くて使いやすいです。

 

最低地上高は200mmもあるので、悪路の走破性も高いです。

 

 

レガシィB4は、特徴があまりませんが、長距離移動は快適です。

 

 

【デメリット】

レガシィアウトバックの18インチタイヤ装着車は、乗り心地が硬めです。

 

レガシィアウトバックの全長は4815mmもあり、(レガシィアウトバックとB4ともに)全幅は1840mmなので、大柄で街中では少し扱いにくいです。

 

先代型のような機敏な動きは薄れてしまい、特徴が弱くなってしまいました。

 

 

●全長4795×全幅1840×全高1500mm

●ホイールベース2750mm(レガシィB4)

●エンジン:2.5L NA

●価格:293万7600~347万7600円

 

エクシーガクロスオーバー7

【メリット】

ミニバンのエクシーガをベースにSUVに進化させたので、ミニバンの実用性とSUVの楽しさをあわせ持っています

 

アイサイトも、バージョン2ながら装備しています。

 

価格は割安で、以前のエクシーガと比べて9万円ほど割安です。

 

 

【デメリット】

エクシーガが発売されてから約9年が経過しているので、設計が少し古く、操舵に対する車の反応は鈍いです。

 

後輪の接地性もイマイチです。

 

1列目、2列目シートは快適ですが、3列目シートは狭くて窮屈です。

 

 

●全長4780×全幅1800×全高1670mm

●ホイールベース2750mm

●エンジン:2.5L NA

●価格:275万4000~276万4800円

 

BRZ

【メリット】

後輪駆動のクーペなので、峠道などでの運転が楽しいです。

 

カーブなどでは車の向きが的確に変わり、危険回避のときは後輪が踏ん張ってくれるので、安心感が高いです。

 

搭載している2Lエンジンは、高回転での吹き上がりが機敏で、実用回転域での駆動力も高いです。

 

 

【デメリット】

全体的に雰囲気が暗いのがデメリットです。

 

マツダ・ロードスターのように幅広い層に人気があるというわけではなく、ストイックに峠やサーキット場を攻めるという感じなので、ユーザーの支持は一部のみとなっています。

 

アイサイトやアイドリングストップなどは、まったく装備されていないのもデメリットです。

 

 

●全長4240×全幅1775×全高1315~1320mm

●ホイールベース2570mm

●エンジン:2L NA

●価格:243万~337万5000円

 

 

現行のスバル車には、このようなメリット・デメリットがあります。

 

どんな車にも、メリット・デメリットは存在するので、車を購入するときはこの点をしっかり調べてからにしてくださいね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ