2018~2019年に発売予定の自動車メーカーごと新型SUV

現在の自動車業界は、SUVブームです。

 

SUVは、若者から年配の方まで幅広い年齢層に人気が高く、最近ではファミリー層や女性にも選ばれるようになっています。

 

そのため、どのメーカーも開発に力を入れていて、SUVのモデルチェンジや新車の発売の話題がとても多いんです。

 

2018年から2019年にかけても、次世代SUVが続々と登場するんですよ。

 

そこで、『2018年から2019年に新発売される新型SUV』についてお話ししますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

現在のSUVは、街乗りをメインにしたものが多くなっている

まず、SUVとは、どんな車でしょうか?

 

SUVとは、「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略で、「スポーツ用多目的車」と訳すことが多いです。

 

・Sports:スポーツ

・Utility:役に立つ

・Vehicle:乗り物

 

つまり、サーフィンやスキー、アウトドアに最適な車のことです。

 

 

ひと昔前のSUVといえば、三菱・パジェロやトヨタ・ランドクルーザーなど、悪路や雪道を走るために造られた、巨大なボディのものが多かったです。

 

 

現在では、ミディアム、コンパクトクラスのSUVをメインに商品展開するメーカーが多く、日産・エクストレイルやトヨタ・C-HR、スバル・XVなどのクロスオーバーSUV(乗用車をベースとしているSUV)が人気を得ています。

 

今後、各メーカーはミディアム、コンパクトクラスに加えて、スモール、軽自動車までの商品ラインアップを拡大していく予定なんです。

 

 

そして、2018年から2019年に登場する新型SUVは、2列シート(5人乗り)に加えて、多人数乗車のニーズに対応する3列シート(6~7人乗り)で、各メーカーはミニバンに代わる新たなSUVモデルを展開しています。

 

テクノロジーでは、新開発ガソリン&クリーンディーゼル、ダウンサイジングターボなど、内燃機関の性能向上で、さらにハイブリッド、PHV、EVなど多彩なモデル展開に期待ができます。

 

ほかにも、トヨタの「アクア・クロスオーバー」や日産の「ノート・Cギア」のように、コンパクトハッチバックベースのクロスオーバー仕様もあって、商品の多様化も進む方向にあるんですよ。

 

今後、登場するSUVを各メーカー別に紹介しますね。

 

 

2018年から2019年にかけて、各メーカーからたくさんのSUVが登場する

2018年から2019年にかけて、改良または新規に登場するSUVを紹介しますね。

 

レクサス

レクサスは、2018年6月にトヨタ・C-HRのレクサスバージョンである「レクサス・UX」を発売します。

 

 

パワートレインは、C-HRと同じで、1200ccターボと1800ccハイブリッドです。

 

エクステリアのデザインは、パリモーターショー2016で発表された「UX Concept」に近いデザインが期待されていて、コンパクトながら力強く、攻撃的な印象を与えるデザインになりそうなんです。

 

 

また、レクサスは安全装備の標準化を進めていますので、車両本体価格は多少高くなり、C-HRより約100万円高く設定される見込みです。

 

 

ほかにも、従来から発売されているレクサスのSUV「NX」が2017年9月14日にマイナーチェンジを受け、「RX」は2017年12月7日にマイナーチェンジが行われました。

 

新型RXには、ロングバージョンも追加され、3列シート(7人乗り)モデルがラインナップされています。

 

 

レクサスは、SUVの商品力アップに力を入れているんですよ。

 

トヨタ

トヨタは、2019年の中頃に国内向けモデルを廃止した「RAV4」を、次世代モデルとして復活させます。

 

RAV4は、2016年に国内販売を終了していて、今は欧州を中心に発売されているSUVです。

 

 

この新型RAV4は、C-HRとハリアーの中間に位置するミディアムクラスに各付けされるようで、デザインはオーソドックスな5ドアの構造です。

 

2列シート5人乗りのほかに、3列シート6~7人乗りを設定される可能性があります。

 

 

パワートレインは、2000ccのガソリンと1800ccのハイブリッドが搭載され、どちらもFF&4WD駆動を設定しています。

 

また、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」を採用していて、トヨタセーフティセンスPも標準装備されるんですよ。

 

 

ちなみに、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」とは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとった略称で、プラットフォームの名称そのものを指す訳ではなく、プラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法のことです。

 

 

さらにトヨタは、2017年9月12日にマイナーチェンジを行ったランドクルーザープラドを、2019年に再度マイナーチェンジを行って進化させるようです。

 

新型RAV4と新型ランドクルーザープラドで勝負をかけるんですね。

 

日産

日産は、2018年7月にジュークのフルモデルチェンジを行ないます。

 

しかし、フルモデルチェンジといっても、キープコンセプトによる次世代交代です。

 

 

キープコンセプトとは、車がモデルチェンジするときに、主にエクステリアといったデザインを旧型モデルから大まかに引き継いで、ほとんどデザインを変えないことです。

 

新型ジュークは、現行モデルをよりシャープにさせたデザインになる予定なんですよ。

 

 

新型ジュークのパワートレインは、1500ccのガソリンと、1200ccのeパワーを設定していて、ワンペダル走行も導入されます。

 

自動運転アシスト方式のプロパイロットが、標準装備されるモデルも設定されるんです。

 

 

さらに日産は、2019年にエクストレイルのモデルチェンジも行ないます。

 

エクストレイルは、少しサイズアップを行ない上級グレードにシフトし、2列シートの5人乗りと3列シートの6~7人乗りが用意されます。

 

 

パワートレインは、2000ccのガソリンと2000ccのハイブリッドを搭載します。

 

三菱自動車からのユニット供給を受けて、PHEVを設定する可能性もあるんです。

 

 

このほかにも日産は、三菱自動車の次世代パジェロのOEMモデルの投入も考えているようです。

 

これは、日産にパジェロようなモデルが存在しないためで、登場時期は2020年以降になる予定です。

 

ホンダ

ホンダは、2018年秋にCR-Vの国内向けを復活させる予定です。

 

 

1995年に発売されたCR-Vの初代モデルは、前輪駆動をベースにしたSUVの先駆けで、視界がよくて運転がしやすく、割安な価格ということもあって人気でした。

 

しかし、その後は海外指向を強めてボディを拡大させたため、販売台数が下がってしまい、2016年に国内販売が終了しました。

 

ホンダは、このCR-Vを一新させて、国内で復活させるんです。

 

 

新型CR-Vは、東京モーターショー2017に出展されたモデルを、そのまま市販バージョンに展開されます。

 

パワートレインは、ガソリンの1500ccターボと2000ccハイブリッドを搭載します。

 

1500ccターボは、2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗りが設定されるんです。

 

しかし、2000ccハイブリッドは、2列シート5人乗りのみの設定で、アコードやオデッセイと同じ2モーター&リチウムイオンバッテリー方式が採用されます。

 

 

さらにホンダは、2019年にヴェゼルをフルモデルチェンジさせます。

 

現行型をさらにパワーアップさせる予定で、パワーユニットは、1500ccガソリンと1500ccハイブリッドを搭載します。

 

ハイブリッドは、現行の1モーター&2クラッチ方式から20モーターになり、低燃費で高性能に進化する可能性もあるんです。

 

 

また、ホンダは2019年に軽自動車ベースの新型SUVの投入も考えています。

 

スズキ・ハスラーやダイハツ・キャストアクティバに対抗するものなんですよ。

 

マツダ

マツダは、大きな変化はない様子で、現行ラインアップのCX-3やCX-5、CX-8を2018年から2019年にマイナーチェンジをして、内外装を変更させるくらいです。

 

だた、CX-8は現行の2200ccのディーゼルエンジンのみから、2500ccの直噴ガソリン車が設定されます。

 

三菱

三菱は、10月25日から開催された東京モーターショー2017で、「エクリプスクロス」の日本仕様車を初公開しました。

 

この、エクリプスクロスを2018年3月に新規モデルとして発売する予定です。

 

 

新型エクリプスクロスは、クーペ感覚のクロスオーバーSUVで、東京モーターショー2017に参考出品したモデルとほぼ同じ内容で市販されます。

 

搭載されるエンジンは、ガソリンの1500ccターボですが、約1年後には、2200ccのクリーンディーゼル車が追加される予定なんです。

 

 

さらに三菱は、2019年にアウトランダーのフルモデルチェンジを行ないます。

 

次期型アウトランダーは、サイズを少しアップし上級グレードにシフトされます。

 

パワートレインは、ガソリンのFFが2000ccで、ガソリンの4WDが2400ccで、どちらも3列シートの7人乗りになります。

 

PHEVは、2列シートの5人乗りで、EV走行の航続距離を100km以上に延長されるんですよ。

 

 

ほかにも、軽自動車のSUVとして、4年ぶりにパジェロミニを復活させる方向で開発が進められていますし、次期型RVRをサイズダウンさせて、コンパクトSUVにするようです。

 

次期型RVRのパワートレインは、1500ccのガソリンと1500ccPHEVを搭載します。

 

 

三菱は、2018年から2019にかけて、新型SUVの投入にかなり力をいれているんです。

 

スバル

スバルは、2018年の中頃に、フォレスターのフルモデルチェンジを行います。

 

次期フォレスターの市販モデルは、基本的にはキープコンセプトになり、クロスオーバーとオフロードの両方を兼ね備えた4WD専用モデルです。

 

パワーユニットは、水平対向直噴2000ccと水平対向直噴2000ccターボが搭載されます。

 

スバルの先進安全装備「スバル アイサイト」に「ツーリングアシスト機能」を追加した、「アイサイトツーリングアシスト」が標準装備されるんですよ。

 

 

ほかにも、2019年春にXVがマイナーチェンジをして、内外装のデザインが変更され、新グレードと新ボディカラーが設定されます。

 

さらに、レガシィアウトバックのモデルチェンジも行われる予定ですが、デザインに大きな変化はなく、水平対向2500ccの直噴エンジン&4WD専用のパワートレインが搭載されます。

 

アイサイトツーリングアシストも標準装備され、高級感のあるSUVに進化するんですよ。

 

スズキ

スズキは、東京モーターショー2017で、新型SUVの「クロスビー」を発表しました。

 

発売は2017年12月で、東京モーターショーに参考出品したモデルとほぼ同じ内容で市販化されます。

 

 

ソリオやイグニスと同じAプラットフォームですが、イグニスがワゴン感覚の5ドアハッチバックに対して、クロスビーはオフロード感覚も強いです。

 

モーターアシストによるマイルドハイブリッドと組み合わせた、1000ccダウンサイジングターボユニットを搭載していて、6ATの2WDと4DWが設定されます。

 

 

2018年中盤には、20年ぶりにジムニーがフルモデルチェンジを行ないます。

 

新型ジムニーのエクステリアデザインは、四隅を丸くしたソフトな感覚も盛り込んでいます。

 

現行ジムニーは、設計が古いということもあって、予防安全機能は何も搭載されていませんでしたが、今の時代に追いついたものになります。

 

また、ジムニーの小型車のジムニーシエラも、モデルチェンジが行われる予定なんですよ。

 

 

さらに、2019年にはハスラーのフルモデルチェンジが行われる予定です。

 

モーターアシストで低燃費、高性能のハスラーは、引き続き量販を目指す戦略モデルとなりそうです。

 

ダイハツ

今、ダイハツは、軽自動車の「キャストアクティバ」しか、SUVモデルをラインアップしていません。

 

そのため、2018年から2019年に新規モデルを展開する可能性が高いです。

 

 

2017年10月の東京モーターショーには、新型SUVを初公開し話題になりました。

 

この新型SUVは、1000cc~1300ccクラスのエンジンが搭載され、スズキのクロスビーやジムニーに対抗するコンセプトなんですよ。

 

 

このように、2018年から2019年にかけて、多くのSUVがモデルチェンジされ、新発売されます。

 

各メーカーが力を注いで開発したSUVに期待がもてますね。

タグ:  

カテゴリ:車ニュース 

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ