車の自動運転が進んだとき、事故回避プログラムはどう設計される?

新型セレナに同一車線自動運転技術「プロパイロット」が搭載され、自動運転技術がますます話題になっています。

 

自動運転が進化すれば、とても便利になります。

 

けれど、自動運転がどれだけ進化しても、事故に遭遇する可能性はあります。

 

このときの事故回避の動作は、自動車メーカーのプログラミング担当が設計します。

 

では、「ドライバーが犠牲になるか、相手側の車両の乗員が犠牲になるか?」の究極の選択の場合、プログラムはどのように設計されるのでしょうか?

 

自動運転化が進んだとき、究極の選択ではどのようにプログラムされる?』について、カー雑誌「ベストカー」が調査していましたので結果を紹介しますね。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

自動運転化が進んだとき、究極の選択に正解はない

車の自動運転には、いくつかの段階があり、レベルが上がるほどセンサーの正確度が必要になってきます。

 

自動化レベル4になると、危険を予知したり、緊急回避の判断をしたりする必要があり、人間以上のセンサーや人工知能も必要なってきます。

 

そのため、完全自動化は無理という人もいるくらいなんですよ。

 

※車の完全自動運転は、夢の技術?

完全自動運転の車はいつ登場する?レベル3でもハードルが高い

 

 

車両の自動化レベル
NHTSAレベルSAEレベルSAEにおける呼称SAEにおける定義
レベル4レベル5完全自動運転ドライバーでも対応可能ないかなる道路や走行環境条件のもとでも、自動化された運転システムが、常時、車両の運転操作を行う
レベル4高度な自動化システムからの運転操作切り替え要請にドライバーが適切に応じなかった場合でも、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが車両の運転操作を行う
レベル3レベル3条件付き自動化システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じるという条件のもと、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが車両の運転操作を行う
レベル2レベル2複合機能の自動化運転支援システムが走行環境に応じたハンドル操作と加減速を行うとともに、システムが補助をしていない部分の運転操作をドライバーが行う
レベル1レベル1特定機能の自動化運転支援システムが走行環境に応じたハンドル操作、あるいは加減速のいずれかを行うとともに、システムが補助していない部分の運転操作をドライバーが行う
レベル0レベル0自動化なしドライバーが、常時、すべての運転操作を行う

(引用元:ベストカー)

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

自動運転化が進んだとき、究極の選択に正解はない

自動運転のプログラムは、自動車メーカーの設計者が設計します。

 

では、自車のドライバーを守るか、まわりを助けるかの選択の場合には、どのようにプログラムされるのでしょうか?

 

質問の趣旨は以下の通りです。

 

・今後開発されていくであろう、「レベル3以上」の本格的自動運転車が、自動運転をもってしても避けられない事故に直面した

 

・最大限の急ブレーキをかけながら直進すれば自車の運転者は助かるが、相手側の車両の幼児3人が犠牲になる

 

・転舵して衝突を避けることも可能だが、その場合自車は崖下に転落して自車の乗員が犠牲になる

 

・自動運転=人工知能は、設計者のプログラミングで動作手順が決定される

 

・設計者はどのようにプログラミングを決定するのが『最善なのか』!?

(引用元:ベストカー)

 

ちなみに、自動運転レベル3というのは、「基本制御をクルマ側が自動で行い、バックアップを運転手が行う」という概念です。

 

 

自分で運転をする現在は、このような場面に直面したら反射的に自分を守る動作をする人が多いです。

 

けれど、これに関しては、法律は倫理的な責めを問うことはできません。

 

 

ではプログラミングで動きが決まる自動運転の場合は、どうなるのでしょうか?

 

実は、現状では、具体的な考察はされていないんです。

 

中央大学総合政策学部の平野晋教授いわく、「法律論的には作為と不作為の論議となります」と説明しています。

 

この問題に正解などはない、というのが現時点での回答です。ただ、今後自動運転が進んでいけば、必ず直面する問題なのです。メーカーの設計者としてはどちらを選択するべきなのか?自車の運転者を殺してしまうプログラミングが正しいのか……、しかし全体的な利益性を追求すべきなのか……。答えなど出せるわけがないのです。だから議論が必要だということです」と平野教授は問題提起の必要性を説く。

(引用元:ベストカー)

 

つまり、なにもしなければ(不作為)、幼児3人は犠牲になりますが、自分は助かります。

 

これはやむを得ないという考えがある一方で、進む方向を変えること(作為)で、3人の命が助かりますが、運転者である自分は犠牲になります。

 

全体的な利益性を考えれば、幼児3人の命が助かった方がいいという、「究極の選択」ことなんです。

 

 

まだどうするのが一番良いのか決まっていないどころか、話しあいも行われていない状況です。

 

自動運転は少しずつ進化していっているので、社会全体で、このような倫理的な面と法律が関わる面のことも考えていきたいですね。

 

そして、いつか完全自動運転ができるようになるといいですね。

愛車を高く売りたいなら車買取一括査定がオススメ

 
車買取一括査定サイトを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取一括査定なら、愛車を高く売却できるんです。

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。

車査定比較.com

数項目の入力ですぐに買取相場を教えてくれる!

全国200社以上の質の高い車買取店と提携し、最大10社の車買取店から見積りがもらえます。しかも、数項目の入力完了後、全国75万台のデータから計算されたあなたの愛車の買取相場をすぐに教えてくれます。バランスの良い車買取査定サイトで、上場企業が運営しているので安心して利用できます。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが運営している一括査定サイトです。大手買取店はもちろん、地方の中小の買取企業とも提携しているので意外な高値が期待できます。自分で査定を申し込む業者を決めることができるのが特徴です。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

ページの先頭へ