新車の商談は平日もおススメ。週末契約の事前準備に活用を

新車を購入するとき、土・日曜日に行われている「週末イベント」で新車販売店を訪問し、商談する人が多いですよね。

 

しかし、イベントが開催されている新車販売店は、訪問客が多くゆっくり商談できないことがあります。

 

そこでおすすめなのが、平日に新車販売店を訪れて商談をする『平日商談』です。

 

土・日曜日より平日の方が、ゆっくり落ち着いて商談できるんですよ。

 

 

これまでにない新しいタイプの車買取査定サービス
  • しつこい営業電話はこない
  • 電話は1社だけ、査定も1回だけでラクチン
  • 個人情報は、公開されいないので安心
  • サービスはすべて無料

 

ユーカーパックは、安心と安全のオークション式車買取査定サービスです

車の買い取り査定サービス UcarPac

営業マンは、点検待ちのお客に販促活動を行い、新車を買ってもらう

昔の営業マンは、得意先を訪問して営業活動を行っていたため、平日はほとんどお店にいない状態でした。

 

さらに、営業マンが朝一番でお客の家に車を引き取りに行き、点検・整備してから夕方返納するということが当たり前でしたので、平日に新車販売店を訪れるお客もあまりいませんでした。

 

 

しかし最近は、点検・整備の際はお客が販売店に車を持ち込むことが主流になっていて、平日でも店内は、メンテナンスの終了を待つお客で賑わっています。

 

営業マンも、今は外回り営業をほとんどしなくなり、店頭で待機していることが多いんです。

 

 

では、店頭で待機している営業マンは、どうやって新車を販売しているのでしょうか?

 

今どきの営業マンは、点検などで来店している担当客に、新車を販売しているんです。

 

 

営業マンは、自分が担当しているお客が店に来れば、必ず挨拶をします。

 

このとき、さりげなく今乗っている車の下取り査定額を加えた新車の見積書を見せて、代替えを促すんです。

 

 

お客も点検が終わるまでは、時間を持て余しているので、その間に魅力的な条件を提示されると、ついつい話に耳を傾けてしまいその気になって代替してしまうんです。

 

 

でも、「平日はイベントもやっていないし、値引き条件は拡大しないんじゃないの?」と思う人もいると思います。

 

しかし、平日でも活発な商談が展開されれば、それだけで好条件を引き出しやすい環境になります。

 

買い物やレジャーで忙しい週末に商談するより、平日のほうがゆっくりじっくり商談できるという点でも、メリットはかなり大きいですよ。

 

 

奥さんが平日に訪問し、週末に家族で訪れれば好条件が獲得できる

“平日商談がおすすめ”といっても、なかなか休みが取れない旦那さんが多いですよね。

 

そこで頑張ってほしいのが、平日でも時間を取ることができる「奥さん」です。

 

奥さんが、平日に新車購入のための下地作りを行えば、商談がスムーズに進むこと間違いなしです。

 

 

奥さんは平日に、購入希望車を取り扱う新車販売店を訪れて、希望車の現車チェックやカタログ収集、見積書の作成までを行ないます。(できれば軽く値引き交渉をするのもおすすめです。)

 

「子どものお迎えがある」といえば、営業マンもしつこい営業はしてこないはずなので、安心して訪問してください。

 

 

帰り際には、「週末に夫や子どもと再び検討したいです」と伝えれば、購入見込みが最も高い「Aホット」客として判断されます。

 

旦那さんを交えた週末の商談では、値引きなどの最終条件を詰めるだけなので、商談時間も短くなります。

 

営業マンも、気合を入れて対応してくるので、短時間で好条件が獲得できるはずですよ。

 

ちなみに、週末の訪問は、予約するよりも突然訪問するほうがいいです。

 

 

今は、買い物や子供の送り迎えなどで、奥さんが車に乗る機会が多くなっています。

 

販売店側も、新車購入の決定権を握るのは奥さんだと思っているので、女性が積極的なほど、営業マンも熱心に対応してくれますよ。

 

 

最近の新車販売店は、子連れの女性客でも入りやすくなっている

店頭商談が主流になるにつれて、新車販売店の店舗づくりも変化してきています。

 

 

最近は、“女性に優しい店舗づくり”をする新車販売店が多くなっていて、ほとんどの店舗にキッズスペースが設置されています。

 

大規模な店舗では、週末イベントのときにキッズスペース専属のスタッフを配置するところもあるんですよ。

 

 

また日産では、「レディー・ファースト・ショップ」を設定しています。

 

このレディー・ファースト・ショップとは、「雑貨や洋服のように車も気軽に楽しく選んでほしい」という考えから、女性目線でのお店作りをしたり、女性カーライフアドバイザーを設置したりするなど、明るくあたたかみのある店舗のことです。

 

 

女性カーライフアドバイザーは、分からないことや不安なことなど、何でも答えてくれるので納得いく車選びができます。

 

ほかにも、キッズラウンジの設定や、豊富なカラーバリエーションの展示・試乗車が取り揃えられています。

 

女性に優しい試乗コースとして、左折だけのコースなども設定されているんですよ。

 

 

ほかにも、ホンダでは、ホンダカーズ店のなかに「スモールストア」を設定して、女性ユーザーの多い、軽自動車やコンパクトカーを中心とした販売体制を行っています。

 

 

ダイハツは、2005年からカフェにくる気分で訪問してもらいたいと、カフェ風の店内にする「カフェプロジェクト」に取り組んでいます。

 

開始当初には、「ダイハツカフェ」のCMもよく流れていましたよね。

 

ダイハツに訪問すると、お茶といっしょにおいしいスイーツをだしてくれるので、本当にカフェにいるような気分になってしまうんです。

 

ちなみに、ダイハツでは、「店内に車がおいてあるのは汚い」という女性目線の意見を取り入れて、店内に展示車を置かない工夫をしているんですよ。

 

 

このように、各新車販売店では、女性客を取り込むための店舗づくりが進められています。

 

しかし、男性のユーザーからは「入りにくくなった」という意見もでています。

 

メーカーによって考え方は違っていて、取り組む姿勢にも温度差があるのが現状なんです。

 

 

アメリカの富俗層は、週末に買い物をしない

週末にイベントを開催して、お客を集めて新車を販売するのは、全世界で共通の販促活動です。

 

しかし、自動車大国のアメリカでは少し状況が違っています。

 

 

アメリカの高級車ブランドの新車販売店を週末に訪れると、営業マンはかなりリラックスしていて、店内もゆったりとした雰囲気が流れています。

 

これは、高級車に乗るような富俗層は、週末にはクルーザーで島に出かけるなど、レジャーを楽しんでいて、日用品を含めて週末に買い物をしないからです。

 

 

サラリーマン層など、週末にしか休みをとれないお客もいるため、週末も営業していますが、日本のようなイベントは行っていないんです。

 

店長など、店の責任者が日曜日に休むこともありますし、ドイツ系高級車ブランドは、日曜日が定休日なんですよ。

 

日本では、考えられないことですよね。

 

 

このように、時代とともに新車販売店も変わってきていますし、週末商談が当たり前ではありません。

 

好条件を獲得するには、平日に商談を行ない週末に決断するのがおすすめですよ。

愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

 
車買取査定サービスを利用したところ、納得の価格で買取りしてもらうことができました。

車買取査定サービスなら、愛車を高く売却できるんです。

ユーカーパック
 

一括査定のデメリットを解決した、すべて無料のオークション形式車買取サービス

電話が来るのは1社だけ」「査定を受けるのも1回だけ」「個人情報を開示するのは1社だけ」「お金のやり取りは、間にユーカーパックが入ってくれるので安心」という、一括査定の問題点を解決した車買取査定サービスです。全国2000社以上の車屋が、オークション形式で競い合うので、高額買取が期待できます。

車査定・買取の窓口
 

電話は1社からだけ。あなたの車を最も高く買取りしてくれる業者を紹介してくれます

手間なく、かんたんに良い条件で車を売ることができます。サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。あなたは、1社からの電話と、1回の査定を受けるだけでOK。車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

入力項目が少なく、たった45秒で申し込みができてとっても簡単。しかも、すぐに概算の最高額も分かるんです。提携している買取業者は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店だけなので安心して見積もり依頼ができます。大手買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社から一括査定を受けることができますよ。


サイト内検索
愛車を高く売る方法
高く売るコツ
車売却時の注意点
車の買取価格について
車買取の裏ネタ
車の売買の基本
今月の人気記事
カテゴリー

ページの先頭へ